見出し画像

【荒野の死霊使い】

 大きな灰色の腕が、スキンヘッドの頭を握り潰した。

「聞きてェ事があるんだよ」

 町外れ、夕日を背にした長躯。傍らに少年。
 数秒前と同じ質問を、残った男たちに繰り返す。

 黒コート黒帽子、覗く肌は透き通る白。
 右手に鎖、左手にスキットル。
 スキットルからは灰色の塵が噴き出し、まとまり、屈強な大男を成していた。

 瞳なき眼窩。ひび割れた肌。

 死霊。

 スキンヘッドを投げ捨て、咆哮を、上げる!

「ゴアオオオ!!!」

 男たちは同時に動く。一人が刀を構え、もう一人が援護射撃。残る一人は銃を抜き駆け出す。

 ダンダンダン! 弾丸を物ともせず、死霊は歩み寄る。袈裟懸けの一太刀を払いのけると、折れた刃が宙を舞った。
 腰のナイフを抜くより先に、刀男は死んだ。拳に胸を貫かれ。

 ダンダンダン! 決死の銃撃を続ける男に向き直り、蹴り飛ばす。遠くでバウンドし、動かなくなった。

「くそがっ!」

 最後の一人。銃口の先に黒コート。外しはしない。
 瞬間、飛来した鎖が絡みつき、リボルバーを奪い取った。黒コートの右手へと。
 愕然とする男の首を死霊が掴み、吊り上げる。

 町を容易く制圧した荒くれたちが、抵抗すらできない。

 だがこの黒コートは、荒野から、それも夕暮れにやって来た。
 尋常であるはずがなかった。

 帽子の陰で口が裂ける。笑っているのだ。

「なァ、町長の家って、どう行くんだ?」

「僕が裏道を知ってます」

 答えたのは少年だ。

「聞く事なくなっちまったナ!」

 見開かれる目。命乞いより早く、

「オオオオオ!」

 引き絞った右腕が繰り出され、男の頭を木っ端微塵に吹き飛ばした。

 いよいよ傾いた太陽が、二人の影を長く作る。
 見張りは片付いたが、乾いた空に銃声はよく響いた。

「急ぎましょう。父が心配です」

 青ざめているものの、少年に迷いはない。
 黒コートが顔を寄せる。息がかかる。その口が再び裂ける。

「自分の心配しろよなァ。“食べごろ”までの命なんだからよ!」


【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!