R|ggplot2で箱ひげ図を描く
見出し画像

R|ggplot2で箱ひげ図を描く

* Rのggplot力をあげたいシリーズ第3弾 *
(ggplot2の基本についてはこちらを見てね)

この記事でわかること

1.  基本の箱ひげ図の描画
2.  省略記法

1. 基本の箱ひげ図の描画

画像1

箱ひげ図を描くにはグラフの種類の部分に geom_boxplot を指定します。
今回は『あやめ』のデータを使っていきます。

aes のx軸にグルーピングしたい変数を、y軸にばらつきを確かめたい変数を指定します。
今回は、以下を指定します。
x:三種類のあやめの品種を表す Species
y:蕚(がく)片の長さ Sepal.Length

ggplot(iris, aes(x = Species, y = Sepal.Length)) + geom_boxplot()

画像2

2. 省略記法

複雑な図でなければ、qplot() を使うことで同様の図をはやく描くことができます。

qplot(Species, Sepal.Length, data = iris, geom = "boxplot")

画像3


ちょっと最近体調を崩しがちだったんですが、結構つらかったのでみんなは健康に気をつけてね。
次は散布図を見ていきたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
hanaori

統計の本、もしくはわんこにおいしいお菓子を買うのに使わせていただきます( *ˆoˆ* )

歯磨き前のすべてを諦めた様(さま)
noteでエンジニアをしています。 絶賛統計学を勉強中です。今統計学を勉強中の方やそんなに詳しくないよ、という方でも楽しんでもらえたり分かりやすいと思ってもらえるようなノートを書いていきたいなと思っています。ときどき山や日常の出来ごとも書きます。