最速で上達する為の説明書
見出し画像

最速で上達する為の説明書

皆さんどうも、ゆとです

ぼくはXP2600↑、フェス24傑
大規模大会ベスト8くらいの実績を持っていたプレイヤーです
今では現役を辞めて、指導活動に専念しています
昔からスプラ指導をしていて、200人以上の生徒を教えてきました
教えてきた生徒でXP2700を越えた人もいます

本記事はPDCAサイクルについて
ある程度理解していることが前提になります
そもそもPDCAってなんぞや?って人はこの記事を読んでください
こちらの記事は無料なので是非参考までに

この記事は読み放題にも掲載されていますので
そちらも合わせてご検討頂けると幸いです

この記事はこんな方にオススメです

・なかなか上達を感じれない方
・忙しくて練習時間が短くなってしまう方
・上手くなりたい方
・PDCAサイクルに慣れたい方

この記事を読むとどうなる?

・少しずつですが上達を実感できるようになります
・練習効率がよくなります
・上手くなります
・PDCAサイクルの実際を理解し、実践力を養えます

この記事の信憑性

ぼくは元々看護師でした
看護師は「看護過程」という論理展開をしており
患者さんの生活背景、家庭環境、性格、疾病などの
全ての情報を統合して「看護問題」を抽出し
それに向けて改善する関わりというのをしています。

その「看護過程」がまさにPDCAサイクルそのものを転用した考え方です
その為一般の方よりも
”「問題解決能力の思考プロセス」になれてる人種”
と言えるでしょう
そんなぼくが、スプラの「問題解決」を目標に項目整理
論理展開をしてこの記事を作成しています

それでは、実際にPDCAをやっていきましょう

①評価項目の決定

まず大事なのは「評価項目の作成」です
普通なら最初に目標を立てるんですが
目標というのは「評価できる」ということが前提になります

実は、PDCA初心者が「評価が適正にできる目標」を初回から立てるのは
非常に難しいんです。その為、先に評価項目を決定してしまいましょう

1.AIM力
2.対面力(キル力)
3.打開成功率
4.キルレート
5.無駄デス数

の5つで評価していきます。評価基準なども具体的に挙げていきましょう

1.AIM力

これを想定した評価方法を紹介します
まずは成功率。自分の成功率がどれくらいかを
できるだけ数値化しておきます

この続きをみるには

この続き: 2,453文字

最速で上達する為の説明書

誰でも上達スプラ塾

1,500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
誰でも上達スプラ塾

支援頂いたお金は活動の資金とさせていただきます。これからもよろしくお願いいたします

応援ありがとうございます!
初心者教育の体系化、基礎知識の流布、スポーツ等のように「教わる」環境の整備を目指します。考え方の軸や自分で上手くなる基礎を作ってもらう事を大切に指導教育活動中。ここでは主に、より専門的な有料記事の掲載をしていきます