人生では出会う力と恥をかく力が大切だと思う。
見出し画像

人生では出会う力と恥をかく力が大切だと思う。

僕の飲食人生においてターニングポイントとなった出来事です。
(写真は天神店オープン当時のものです。大阪「えんや」の曽我健二くんもいるよ。)

六覺燈物語(ろっかくてい)

ワインと串揚げのお店「六覺燈」様との出会い

その一「出会い


2000年の4月頃の事です。
まだ、前原店だけでした。

二号店を天神に出すことが決定して、どうしても確かめたいことがありました。

「果たして八兵衛の焼とりって全国ではどんくらいのレベルかいな?」
「自分では美味しいと思うとるばってんが他の焼とりはどけんかいな?」
ちょっとイキってた頃です。
内心、八兵衛の俺の焼とりが一番美味しいくさ!と。
すでに40歳近くにもなってたにもかかわらずです。

当時、そう思い全国の焼き鳥屋を2か月かけて食べ歩きした時のお話です。

東京40軒
大阪30軒の行脚でした。

そして、何故かその行脚の最後のお店に私は六覚燈さんを選んでいたのです。
ワインと串揚げのお店です。
以前から雑誌などの掲載で気になるお店だったのです。
高級店ですが行列が出来るお店として。

初めてお店に行った時のことは今でも鮮明に覚えています。

その時の出会いと出来事が私の人生を大きく変える事になったのです。

一本食べ
二本食べ
三本食べ…
おおおおおーー!
「こげな旨かもんは食べたことないばい!」

ほぼ生まれて初めて食べる串揚げでした。
しかし、その時思ったのは
「ああ、、、もう、、、この世にこれ以上の串揚げはなかばい…」
と。

寿司を食べたり
焼き肉食べたり
チャンポン食べたり
色んな美味しいものを食べるたびに
もっと美味しいお店あるはずとか
よそのお店のはどげな味かいな?
とか思うものですが、六覚燈さんの串揚げを食べた時にはそんなことは一切思いませんでした。
このお店以上はないだろうと思ったのです。
不思議と言えば不思議ですが、そう思ったのです。

あまりにも美味しい美味しいと言って食べてたら
親父さんが出てこられて
「いらっしゃいませ、お気に召されましたか?」と。
「はい!めちゃくちゃ美味しいです!
僕は福岡の焼き鳥屋ですが全国を食べ歩いてきて最後のお店にここを選んだとです!
僕の焼とりは全国でもトップクラスだと思いました!
負けてないです!
ただ、田舎町でやってるので苦労してますが、天神にお店を出したらきっと!
絶対美味しかとです!
炭にも塩にも空調にもこだわってて!…」
機関銃のように喋くりまくりました。
感動のあまり。。。
何故か自分の話。。。
こんな僕をアピールしたかっのか。。。
イキっとりました。。。

「あらあら、お兄ちゃん…
そんな気張らんでもよろし…」
そりゃあビックリされたでしょうね。。。
初めて来た何者かわからん男が一方的に突然身の上話を始めたわけですからね。
しかも何の脈略もない話を。。。

必死でなだめてくれました。
はたから見ると単なる酔っ払いですよね。
後から思うと、よく追い出されなかったなと思います。

それでも私のイキりは止まりませんでした。

もっととんでもない発言をしてしまうのです。

つづく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
実家は祖父の時代から続く精肉店。18歳で親戚が営む豆腐店に丁稚奉公に行き、商売のイロハを学ぶ。1年後福岡に戻り大学に進むが、中退し家業を手伝うことに。それが現在の「焼とりの八兵衛」に発展する。1983に前原本店を開店し、福岡、東京、ハワイ、ベトナム、マニラなどに店舗を展開。