見出し画像

【2020年最新版】ポッドキャスト国内海外アカウント法人事例まとめ

アメリカでは2018年から2019年の1年間で、ポッドキャストを知ったユーザーは1700万人*を超えました。日に日に認知度が増すPodcastを活用して、アメリカではブランディングや宣伝活動、社会貢献活動、ブランドと企業でコラボ配信などが見られます。
日本でもすでに番組配信をしている企業や今年に入って番組をスタートさせた企業も。今回は海外と国内でポッドキャスト配信をしている企業事例をわかりやすく紹介します。

海外のメディアが運営するポッドキャスト事例 

ニュースメディアでは、更新頻度は多く、ニュースのテーマに分けてコンテンツを配信するメディアやトピックについてホストと記者のやりとりを通じて内容を掘り下げていくスタイルが見られます。

▼The New York Times

画像4

番組名:『The New York Times
配信期間:2016年〜現在
配信頻度:毎日
内容:ニュースコンテンツは様々で、ニュース番組、音楽への批評番組や選挙の候補者についてのみを取り上げる番組などを配信しています。

▼lifehacker

画像5

番組名:『The Upgrade
配信期間:2012年〜現在
配信頻度:週1〜
内容:生活術や仕事術などのお役立ち情報を主に紹介するウェブメディア「ライフハッカー」が配信する番組。ゲストを招き仕事術や生活に役立つHow toを紹介しています。

▼The New Yorker
番組名:『The New Yorker
配信期間:2019年〜現在
配信頻度:月2〜5
内容:POLITICS、POETRY、THEWRITERS VOICE、FICTIONと4つのジャンルで分けていて、ゲストを招いたりしてトピックについて議論しています。

▼ABC・BBC・NBC
海外の大手公共放送では、ABCBBCNBCそれぞれのwebサイトで数多くのエピソードが公開されています。最新ニュースもポッドキャストで聞くことができます。

海外の企業が展開するポッドキャスト事例

配信スタイルは、読み上げる形式からゲストを呼んでインタビュー形式のスタイル。企業同士でコラボしてオリジナルコンテンツを配信したり、シーズンごとで配信するなどの工夫が見られます。

▼COACH

画像6

番組名:『Dream It Real
配信期間:2019年4月22日〜2019年5月29日
配信頻度:月1〜5回
内容:ファッションブランドCOACHが、社会貢献活動の一貫として始めた番組。シーズン1では6つのエピソードが公開されています。セレーナ・ゴメスやマイケル・ジョーダンなど豪華なゲストを迎えて、若者世代に向けて自身のことや未来について語っています。

▼Johnson & Johnson

画像7

番組名:『J&J Innovation Podcast
配信期間:2017年〜現在
配信頻度:不定期
内容:主にヘルスケア製品を扱う会社ジョンソン・エンド・ジョンソンはヘルスケアの最新情報とその背景にある組織やアイデアなどを紹介しつつ、新しいヘルスケアソリューションの推進に取り組んでいるようです。不定期な更新ですが、現在も配信しています。

▼LUSH

画像8

番組名:『The Lush Podcast
配信期間:2019年5月〜8月
配信頻度:月1〜3
内容:バスアイテムやヘルスケア・スキンケア用品を扱うLUSHでは、番組が全8エピソードで構成されていて、キャンペーンや倫理、行動主義について話されています。最終回「The Lush Podcast | Wildlife」の冒頭部分で’’dont worry coming in the sec.”と話しているので、セカンドシーズンがあるのかもしれません。

▼SephoraとGirlboss

画像9

番組名:『#LIPSTORIES
配信期間:2018年〜2019年
配信頻度:月1〜4
内容:コスメブランドSephoraと女性の起業を応援するファンドGirlbossのコラボ番組。ゲストを招いて、子供時代から現在までの記憶や思い出を語っています。現在はシーズン2まで配信中。

▼eBay

画像10

番組名:『Open For Business
配信期間:週1
配信頻度:2016年~2017年
内容:世界最大級のグローバルEC企業のeBayが配信している番組。社長をゲストにビジネスの構築について話しています。

▼Slack

画像11

番組名:『Work in Progress
配信期間:2015年~2016年
配信頻度:月2〜4
内容:チームコミュニケーションツールを開発するSlack社が配信する番組では、各回で文化やチームワーク、仕事場で起こるイノベーションなどについての話を聞くことができます。

▼Tinder

画像12

番組名:『DTR - The Official Tinder Podcast
配信期間:2016年〜2017年
配信頻度:シーズン中は週1程
内容:マッチングアプリを運営するTinderが配信していた番組。シーズン2まで配信されていて、相手になんて声をかけたらいいのか、プロフィール写真、高嶺の花とデートするには、など恋愛やTinderに関する話を聞くことができます。

▼Microsoft

画像13

番組名:『.future
配信期間:週1
配信頻度:2017年6月〜8月
内容:IT企業のマイクロソフトが配信する「.future」では、ゲストと一緒に次の時代、未来を定義するテクノロジーや産業について語っています。

▼The McKinsey

画像14

番組名:『The McKinsey Podcast
配信期間:2015年〜現在
配信頻度:不定期
内容:グローバルコンサルティング企業マッキンゼー・アンド・カンパニーが配信する番組。ビジネスや経営のエキスパート達が戦略、テクノロジー、リーダーシップ、マーケティング、運用、組織、社会におけるビジネスの役割などビジネスのあらゆる要素を包括的に触れています。マッキンゼーの編集部の人が分野の精通した人をゲストに招き対談する形式で、世界の様々な市場について知ることができます。

▼GE(ゼネラル・エレクトリック)とPanoply

画像15

番組名:『LifeAfter/The Message
配信期間:2015年〜2017年
配信頻度:シーズン中は週1程
内容:ラジオドラマを2シーズンに渡って配信した番組。The Messageは2016年にカンヌライオンズを受賞し、LifeAfterはその続編となっています。エイリアンや亡くなった人との電話など未来的でSFな内容になっています。

国内の企業が展開するポッドキャスト事例

直近だとリクルートやPeatixがポッドキャスト に参入し、分野に精通している社員やゲストを呼んだ対談形式で展開しています。英語学習用のポッドキャストは定期的に更新していて、初心者でもわかりやすく内容となっています。

▼RECRUIT

画像17

番組名:『トレンドランナー
配信期間:2020年〜
配信頻度:週3
内容:
今年に入ってから始まったリクルートのポッドキャスト番組。リクルートで働くその道のプロが「仕事探し」や「学び方」「美容」や「食」といった様々なテーマの最新トレンドについて語られています。

▼Peatix

画像18

番組名:『Peapod
配信期間:2019年〜2020年
配信頻度:週1
内容:Peatixが配信する番組。幅広いフィールドで活動されるゲストに、ご自身の思いや、今まで語られなかったエピソードなどを交えながら、これまでの活動やチャレンジについてお話していくそうです。

▼サイボウズ

サイボウズ

番組名:『サイボウズ式第2編集部ラジオ』
配信期間:2018年〜現在
配信頻度:月1〜4回
内容:サイボウズ式第2編集部メンバーが隔週木曜日にお届けする「サイボウズ式第2編集部ラジオ」。「チームワーク」や「これからの働き方」をテーマサイボウズ式第2編集部のメンバーを中心に配信しています。

▼北欧、暮らしの道具店
番組名:『日曜ラジオ「チャポンと行こう!」北欧


配信期間:2018年〜現在
配信頻度:週1
内容:日用雑貨、インテリア雑貨を扱う北欧、暮らしの道具店が配信する『日曜ラジオ「チャポンと行こう!」』では、暮らしや日々の生活に関わるテーマについてお話している様子が配信されています。

▼ECC

画像20

番組名:『ECC 英会話 Podcasting
配信期間:2019年〜現在
配信頻度:週1
内容:英会話スクールECCの番組は「知っている単語でこんなに話せる!」がコンセプト。日常会話に使われる表現をネイティブ講師を招いて日本語解説をつけて教えてくれます。

▼広島大学外国語教育研究センター

広島

番組名:『Hiroshima University’s English Podcast
配信期間:2008年〜現在
配信頻度:週1
内容:これまでに600を超えるエピソードを配信し、やさしい英会話やドラマから英語を学んだり、多方面から英語学習ができる番組になっています。


▼株式会社エスプリライン

スピードラーニング

番組名:『スピードラーニング ポッドキャスト[Speak UP Radio]
配信期間:2013年〜2019年
配信頻度:週1
内容:英会話教材スピードラーニングの制作・販売を行っているエスプリラインでは、エスプリラインスタッフのMJとアダムの2人が日々の生活の中で気づいた様々なトピックを題材にフリートークを繰り広げます。


※わかりやすく紹介するために各ポッドキャストのアイコン画像をお借りしています。(2020年2月5日時点調べ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は企業が運用するポッドキャスト を全て紹介できていませんが、国内メディアではラジオ局はすでにポッドキャスト 配信している番組も増えてきています。興味ある内容があれば、移動時間や空き時間にApple podcastやGoogle podcast 、Spotifyで聴いてみてはいかがでしょうか。日本でもポッドキャスト に参入し始めた企業も増えてきていて、ニッポン放送主催で”素晴らしいポッドキャストを発掘する”日本初のアワード「ポッドキャストアワード」が開催するなど音声界隈でも注目が高まってきているので、今後どのようなコンテンツが配信されていくのか注目していきたいところです。今回は企業のポッドキャスト を紹介しましたが、個人で配信されている番組もユニークな内容になっています。

私が所属している株式会社オトナルでは、日本でも注目されるデジタル音声広告の市場について、『音声マーケティング最前線2019(成長する音声コンテンツとデジタル音声広告市場)』というレポートで市場とその動向についてまとめています。また、ポッドキャストのコンテンツ支援も行っています。

ポッドキャストの国内外の企業事例は、随時アップデートをかけていくので、始まった企業や面白いコンテンツなどを見かけたら、教えてください!

9
福井県出身の1992年。音声×アドテクのベンチャー企業(株)オトナル でセールス・プランナー・広報してます。2019年映画アカデミー賞会員。映画は年100本くらい。 2019年まで→http://chihalun-lun.hatenablog.com/