PowerAutomateで承認フローを作ってみた話
見出し画像

PowerAutomateで承認フローを作ってみた話

勇者ねずみ

まえがき


私の会社ではSharePointのカスタムリストを使ってます。

これまでExcelを使っていたのですがクラウドサービスの方が情報共有が速やかで便利ですね。

SharePointはワークフロー機能(PowerAutomate)も付いており便利だったのですが、先日「いつ承認されたのか通知できないの?」との声が上がりました。

ワークフローを作ってみた

言われてみればたしかにカスタムリスト中にはステータスの表示ができますが、いちいちリストを見に行かない人もいるようで、意外と気付けないんですね。

そこで今回はネットでSharePointとTeamsを連携させてワークフローを作っている方がおられたので、それに倣ってワークフローを刷新してみました!

参考にした記事

Logicalrat.online(https://www.logicalrat.online/)さんに掲載されていた記事を参考にしました。
PowerAutomateを取り扱った記事は少ないので重宝しますね。結構詳しく書いてあったのでとても参考になりました。

Teamsと連携させてくれていて承認されるとチーム内に自動で投稿される仕組みになっています。

PlannerおよびTo Doというリマインダー機能が使える点も初めて知りました。

これで少しは気付きやすくなったかな?

愚痴や指摘は改善のチャンスだと思い色々取り入れています。

少しイラっときますがね…w

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
勇者ねずみ
オンラインツールの使ってみた系記事書いてみます。