見出し画像

【チェルノブイリ訪問記②】 22歳の青年が示した、静かな怒り。

チェルノブイリを訪問した。前回記事は、こちら。

第2チェックポイントへ向かう途中で、車が止まった。幼稚園があった場所だという。もちろん、33年前の原発事故を機に、その機能を失ってしまった場所だ。

ここに関しては言葉が不要に感じられるので、ただ何枚かの写真を載せておくことにしようと思う。

画像1

画像2

画像3

画像4


そういえば、ツアー参加時にガイガーカウンター(放射線量計測器)を渡されていたことを思い出し、取り出してみる。

画像5

0.21μSv/h(毎時0.21マイクロシーベルト)。

ガイドのアレックスからは、「一応、0.3以下ならば日常的に生活しても問題ないレベルだと言われてるんです」と説明があった。ちなみに日本では、0.23μSv/hを目安としており、各自治体は線量がこの値を超えることのないよう配慮している。

第2チェックポイントを通過してしばらくすると、33年前に爆発事故を起こし、甚大な被害をもたらした「4号炉」が見えてきた。原発を覆う“石棺”も老朽化が進んでいると聞いていたが、その後どうなったのだろうか。

ここで、再びガイガーカウンターを取り出してみる。

               ------✂------

ここから先は有料公開となります。

個別の記事を数百円ずつご購入いただくよりも、月に20本近い記事が配信される定期購読マガジン(月額1,000円)をご購読いただくほうが圧倒的にお得です。

記事の更新はみなさんからのサポートに支えられています。ぜひ、この機にご登録をお願いします!

「乙武洋匡の七転び八起き」
https://note.mu/h_ototake/m/m9d2115c70116

この続きをみるには

この続き: 2,249文字 / 画像5枚
記事を購入する

【チェルノブイリ訪問記②】 22歳の青年が示した、静かな怒り。

乙武 洋匡

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

みなさんからサポートをいただけると、「ああ、伝わったんだな」「書いてよかったな」と、しみじみ感じます。いつも本当にありがとうございます。

ありがとうございます。よろしければシェアもお願いできれば幸いです!
36
「自由に生きたい」と願う人は多くいます。でも、自由に生きるには、多くの選択肢が必要です。日本に、もっと選択肢を。 #選択肢を増やそう

こちらでもピックアップされています

乙武洋匡の七転び八起き
乙武洋匡の七転び八起き
  • ¥1,000 / 月

乙武洋匡のコラムやQ&Aコーナー、マネージャー日記や趣味(映画・ワイン・旅行etc.)の記録などを公開していきます。 「すべての人に平等なチャンスと選択肢が与えられる社会」を目指す仲間を大募集中です!