COVID-19
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

COVID-19

宇禰 日和


 
 
 適切な距離を保つ
 物理的な距離の分だけ連絡が途絶えた

 あの夜
 首元にハサミを突きつけられて
「きみならいいよ」といった唇
 責め立てる文章でしか話せないわたしの
 唯一の受容する愛だった
 のに
 きみの見えない日々にやり切れなくて
 別の人と口づけで交わる

 髪を撫でてくれた夜の分だけ
 何だって頑張れる気がしていた
 少しずつきみを蓄えて
 神様にだってなれる気がした

 きみと同じ病で
 数日違いの同じタイミングで
 死ねるなら
 それはとても希望だなって
 わたしはひとりきりの部屋の中で
 ずっとずっと思っていたんです。
 会わないことよりも
 きみが無い生活よりも
 生きていようが死んでいようが
 きみが側にいてくれるほうが
 わたしはとびきりしあわせだったんです。
 そんなこと頭が狂ってるって
 嫌われるのがこわくて
 言えなかったんです。
 きみが死んだらわたしも死ぬよ
 それがきみへの愛でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
宇禰 日和
詩を書きます。