新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ゲストハウス蔵 引き続き求人募集中!

ゲストハウス蔵

【切実なお願い】

現在、ゲストハウス蔵及び白藤にて、一緒に働いてくれるスタッフを募集しております。

ようやく長い長いコロナ期間を経て、繁忙期を迎えた8月。まだまだコロナは決して収まったわけでもなく、外国人観光客は先月ようやく!3年ぶりに!!家族ビザで来日したという外国人ゲストを1名お迎えしたのみで、既に外国人が毎日ラウンジにいた日々は、なんだか夢を見ていたかのような、そんな気分で、1日も早く世界各国からの旅人に「こんにちは~」と声をかけたいもんです。

いつの日かの楽しかった日のラウンジ

それでも、このコロナ禍でも蔵を支えてくださった日本の旅人の皆さまには感謝しかありません。そして、少なからず蔵で働こうと思ったスタッフは、国際交流もモチベーションの一つにあったに違いないと思うのだけれど、結局一度も外国人観光客のチェックイン対応をしないまま、任務を終えるというスタッフも初めてでした。毎日、お経のようにスラスラと案内していたSnow Monkeyまでの案内も、もうすっかり忘れてしまいました苦笑

今回、スタッフを募集していて、今までで一番反応がありません。
他の宿仲間に聞いても、応募自体が少ないと聞きます。
観光業が動き始めて、一斉に募集を始めているのでしょうか。そして、もう既に海外へと旅立っている人材も少なくないのでしょう。

2012年10月6日 ゲストハウス蔵 OPEN

観光業で人材の取り合い合戦になっているのであれば、ここは、ちゃんと「蔵で働きたい!」という人に来てもらうより仕方ありません。
今やもうゲストハウスは全国各地、至る所にあります。
それでも、他のゲストハウスではなく、蔵で働きたいと思ってもらえるポイントは何なのか。
オーナー目線ではありますが、改めて考えてみました。

◇ 接客業が好き、人が好き、だと思う人には、
  非常に適した環境


ゲストハウス蔵のラウンジは、とにかく交流型のラウンジだとよく言われますし、本当にそう思います。今では「ゲストハウス」と一口に言っても、宿の雰囲気や交流度合なんかは千差万別。蔵のラウンジは、基本的にスタッフが一人常にいますので、スタッフと、そしてその日の宿泊ゲストと基本的にはよくおしゃべりしています。
マンツーで初めて出会ったゲストと深~い話になるときもあれば、その日のゲストさんたちみんなで盛り上がる日もあれば、わりとしっぽりしているときもあります。
でも、いつでもラウンジでおしゃべりはWelcomeなスタイルなので、スタッフとしては、お話し好きだったり、聞き上手だったりすると適役かと。自分自身が人見知りかどうかはあまり関係ないような気がしていて、シフト中とプライベートでON・OFFを切り替えて、仕事に臨んでもらえたらいいのかなと思っています。
やはり、このラウンジでの時間や、ここでの出会い、これがゲストハウス蔵で働く一番の「ハイライト」の部分になるんじゃないかと思います。
日々、いろんなゲストに出会い、いろんな人が出入りするラウンジ。様々な生き方や考え方に出会える場です。

◇ 自分の得意分野を存分に生かせる土壌は整っている


蔵でのシフトは基本的にはワンオペになります。その日一日一人で宿を回すので、割といろんな能力を求められがちですが、一方で、自分の得意分野も思う存分発揮しようと思えば、いくらでも挑戦できると思います。コロナ禍でスタッフが初めて5人もいたときに、強く感じました。それぞれ個性があって、それぞれに得意分野があるもんだなと。企画力がある人、とりあえず小さなことでもやってみようとする人、後方支援が得意な人、周りの応援を力に変えどんどん成長する人、様々でした。共通していたのは、みんななんだか楽しそうだったこと笑 よくスタッフにも話してきたことですが、10年ここ須坂で宿を営んでいると、「地元枠」というか、なにかやりたい!と投げかけたときに、喜んで参加してくれるジモティー(地元民)たちが固定数います。なので、初めて何か企画してやってみたい!と思った時、人が集まらなくて・・・という心配はとりあえずせずに、やってみることができる、そんな環境です。

◇ 白藤での仕事

2021年4月23日 白藤OPEN


現在、ゲストハウス蔵の他に、すぐ目の前の物件、国の有形文化財を活用した「白藤」という宿を新たにスタートしました。ゲストハウスとはターゲット層も違えば、須坂という町に対してそれぞれの宿がもたらす意義も全く違うと思っています。ゲストハウス蔵では、世界中からのバックパッカーや旅人たちをお迎えして、ゲストはどんどん町に出かけていってもらい、自分の足で、須坂という町に出会い、須坂を楽しんでもらえるよう我々スタッフは働きかけてきました。一方、白藤のコンセプトは「百年後の須坂に伝え継ぐ」。白藤で過ごしてもらう時間の中で、須坂が繋いできた文化や伝統をどう感じてもらえるか、これまで10年須坂で培ってきた人脈やつながりを最大限に活かし、お客様をお迎えする準備をしていきます。でも、結局はどちらもやっていることは同じで、須坂に足を運んでくれたゲストに、良い時間を過ごしてもらうこと。ゲストが満足して喜んでくれたら、それが我々スタッフの力になって帰ってくる。白藤を始めてから特に感じることですが、私は「ゲストハウス」が好き、というのとは少し違っていて、「宿屋」の仕事が好きです。ゲストハウスという枠に囚われず、宿の仕事が好き!という方には、とても良い環境だと思います。
いろいろ書いてみましたが、蔵で働くとここがいい!というのを言語化するのはとても難しいですね。その日のゲストによって、ラウンジの雰囲気が毎日変わるように、働くスタッフによっても、蔵で働くことのメリットはそれぞれに違うのかもしれません。

◇ 応募方法

「実際、働いてみなければわからない!」ということで、ゲストハウス蔵では採用に当たり、以下の通りお試し期間を設けることにしています。

下記必要事項を記し、メールにてご連絡ください。

メール(山上宛):info@ghkura.com

(1)お名前(ふりがな) 
(2)ご住所
(3)ご年齢
(4)連絡先電話番号
(5)希望勤務期間(最低1年)
(6)簡単な自己紹介
(7)興味を持った点

◆◆◆ 採用の流れ ◆◆◆

1.メールにて応募受付
上記(1)~(7)を記入し、メールをお送りください

2. オンライン面談
Zoom等で一度オンラインでお話できればと思います

3. 一週間の職場体験
住込みで一週間一緒に働いてみましょう。
この一週間で、宿屋の一日の流れをつかんでもらったり、
実際に蔵で働くスタッフとも話して聞きたいこと、知りたいことを
事前にしっかり知ってもらえたらと思います。

4.採否のご連絡


Guest House KURA

◇ 雇用形態


 アルバイト

◇ 時給


 880円~(試用期間含む)

◇ 勤務時間


 朝シフト8時~13時
 夜シフト15時~22時
 ※シフト制で週3、4日~
 ※曜日、時間帯など、ご都合を考慮いたします

◇ 業務内容


・ゲストコミュニケーション業務
フレンドリーで、ゲストにとってその土地の友人であるようなスタッフであり、その土地でつ
またカジュアルだけど最高な気遣いができ、一人ひとりがトラベルエージェントのような提案をゲストにすることが求められます。

・予約、在庫管理、その他オペレーション業務

・クリンネス業務(館内、客室清掃)

・マーケティング業務
 主に白藤での業務です。
 オープンして間もない宿なので、興味のある方であれば
 積極的にお手伝い頂きたい分野です。

・地域との関係構築、価値創造
 須坂の町や須坂に住む人たちと連携し、時にはイベントとして、
 時にはツアーとして宿泊体験の創出をお願いします。
 そのために地域との信頼関係の構築や企画力が重要となります。

おもてなしに、正解や答えなんてありません。
10年続けてきても、日々勉強。
我々スタッフの日々の努力の積み重ねで、ゲストの心からの笑顔だったり、安らぎだったり、心に残る滞在となる確率を上げていくことができると強く思うと共に、そのゲストの満足する姿を見て、それを日々のモチベーションに変えられる、そんなスタッフと一緒に働いていけたらと思っています。

白藤


◇ 問い合わせ先


 ゲストハウス蔵
 026-214-7945
 info@ghkura.com

ご応募、お待ちしております!
良い出会いがありますように。

ゲストハウス蔵
山上


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ゲストハウス蔵
長野県須坂市にあるゲストハウス蔵。 国内外からの旅人たちが集う宿。初めての一人旅や、ゲストハウス宿泊が初めてっていう方にもオススメです! 個室・男性相部屋・女性相部屋・離れのまゆ蔵の全部で4部屋。 須坂周辺の魅力をスタッフがご案内いたします!