ガッツソウルカンパニー

テレワーク歴18年目のガッツソウルカンパニーです。これまでの経験を活かし、2021年にテレワークツールを開発しました。それをきっかけとし、noteもはじめました。これからテレワークにまつわる「よもやまばなし」ができれば、と思います。https://teleoneplus.com/

ガッツソウルカンパニー

テレワーク歴18年目のガッツソウルカンパニーです。これまでの経験を活かし、2021年にテレワークツールを開発しました。それをきっかけとし、noteもはじめました。これからテレワークにまつわる「よもやまばなし」ができれば、と思います。https://teleoneplus.com/

    最近の記事

    固定された記事

    Note始めます!

    ガッツソウルカンパニーです! 今日からテレワークにスポットをあてたnoteを始めます! ガッツ?!ソウル?! もう頭いっぱいにあの歌が流れて仕方がないですね。 一応代表もスタッフも、ウルフルズを聞いていた世代です。 社名の由来って、やっぱり「ガッツだぜ!」なんでしょうか!? その辺のことは後々、代表に書いていただきたいですね。 ガッツソウルカンパニー(GSC)は、元々家庭教師だった代表が、どんな子どもにも学ぶ喜びを!ということで、障害児童教育を専門に取り組んだところか

    スキ
    97
      • 【連載:テレワンプラスの開発話】

        お会いになられたことのある方は、なんとなくわかっていただけると思いますが、GSC代表ってなんか目立つんです。 それが吉と出ることもあれば、凶と出ることも…(笑) 目立つからと言って、実を言うと、代表自身は別段目立ちたいわけではないんです。 が、自分の感性に“超”が何個か付くほど素直な結果、目立っちゃうのかも知れません。 そんな代表が、自分の感性に素直に作ったシステムがテレワンプラス。 えー!? なんか個性強そうなシステムやな… 使いにくそう… と、思った方には特にぜひ

        スキ
        2
        • 【“スッキリ1本化”にこだわる理由】

          2020年2月を機に、大きく様変わりした会社は多いですね。 GSCも3本柱中、2本が大打撃を受け…ヨガ出張サービスなんて、東京ビックサイトを始め、いくつか予定されていた大きなイベントが全滅!潰れたも同然。 で、借金をして、起死回生を狙うのに、勝負に出したコマが、テレワークツールの開発で…そんな中で生まれたツールに、なんで65機能も詰め込んだの? というのが、前回までのお話しでした。 今回は、似たり寄ったりの、なんでそんなに“スッキリ一本化”にこだわるの?の背景に迫りま

          スキ
          2
          • きっかけは緊急事態宣言…テレワークツールで、65機能も!?謎

            人生初「緊急事態宣言」という言葉を聞くようになったのは、2020年2月のこと。 それからちょっとして、安倍さんが本当に「宣言」なさって… まるで、本当に映画の世界! 街は一夜にしてゴーストタウン化。 窓の外はウイルスが充満していて… 家から一歩外に出るだけで、全身ウイルスに汚染されてしまうー! 買い物や、公共の乗り物に乗るのも命懸けッ! というぐらいの緊張感が漂う生活を2ヶ月ほど過ごし(私は拠点が大阪なので)徐々に、というより、恐る恐る元の生活に戻って行きましたが。

            スキ
            4

            【告知】毎週金曜日 17:00  投稿シリーズ:GSC テレワンプラス開発の裏側

            いつもGSCのnoteを楽しみにしてくださっている読者の皆様! また、初めましての皆様にも、より一層”これ1本でテレワークができちゃう!”ツール「テレワンプラス」の魅力をお伝えしていこう!と言うことで、今後シリーズでテレワンプラス開発にまつわるエピソードを、綴って(つづって)いきたいと思います。 テレワークツール誕生秘話や、GSC代表のシステム開発にかける思い、スタッフの仕事ぶりや苦労話を、実際の活用例も交えながらテレワンプラス開発の裏側を発信します! テレワーカーの方、

            スキ
            2

            【仕事✖️英語】英語翻訳のあるある

            ウチの代表は英語が好きです。 新しい風に当たりたい時には、アメリカへ行って、ジョン・レノンみたいなIT青年と交流したり、日本では会えなかったであろう日本人と出会ったり、Skypeやzoomのない時代には、海外の専門家と国際電話で教育について話したりしてきた代表です。 まだ英語をお喋りになってらっしゃるところを、一度も拝聴したことはありませんが、喋れるのは間違いないです。 テレワンプラスを日本語から英語への翻訳作業真っ最中ということもあり、今回はちょこっと英語翻訳のあるあ

            スキ
            1

            【仕事×ヒント】メモを書く:分類&活用法

            第一弾ではメモを“どのように書いているのか”に注目してご紹介しましたが、第二弾の今回は、“書いたものをどのように使っているか”に 的を絞っていきたいと思います! 「後輩がメモをめちゃくちゃとるけれど、覚えが悪くて困っている」という質問を、ある投稿サイトで見かけました。 メモは取るのが目的ではないですね、 メモは生かさなきゃ、意味がない!! そんな事を言いつつ、自分で書いたメモを見て、「この暗号は、何かしら?」と謎解きに励むのが、日常茶飯事のわたしです。 テレワークとい

            スキ
            4

            【仕事×プロジェクト】 WEBライターのプロジェクト管理

            プロジェクトと聞くと、頭に流れてきませんか? 中島みゆき「地上の星」 ささやかれます「プロ〇⚪︎○トX〜」 皆さんも一度は見たことがあるのではないでしょうか? 自分の知らない仕事の世界の凄みに魅せられて、ハラハラドキドキします! 「プロ〇⚪︎○トX〜」の様なドラマチックな展開はなくとも、仕事では日々大小様々なプロジェクトに追われますね。そこで大事になるのがプロジェクト管理!!もうテレワンプラスのプロジェクト機能は、チラッと覗いていただけたでしょうか?! あ!営業だな!と

            スキ
            5

            【仕事✖️習慣】振り返り方法

            「壺から出なさい」と言われたことはありませんか? …私はあります(笑) 壺?!とはですね、自分の殻と言うか… 自分にとって安心、安全なやり方で収まっているということだと思います。 安心、安全は魅力的ではありますが、あまりにそこで落ち着いてしまうと、井の中のカワズ(蛙)状態。気がついたら周りは灰色の壁だらけ。外にはもっと面白いことがたくさんあるかもしれないのに。残念です。 それは嫌だ! とは思いつつ、仕事になると、ついつい壺の中でクルッと居心地よく丸まっている私ですが…

            スキ
            8

            【仕事×ヒント】アイデアを生み出す人は、考える道具を持っている!?

            今日は何を食べようか。次の休みはあそこに遊びに行こうかな。この服、パツパツになってきたな…などなど、頭はいつも考え事でいっぱいです。 仕事も、効率よくするために、どうしたらいいかな?と考えますよね。 「丸腰で、仕事はできない」 とあるビジネス書の著者の言葉です。 アイデアや企画を出すために、考える時のノウハウや方法を持っていないとなると、それは丸腰だよね~ということです。 GSC代表は「ボーと作業だけするなよ。作業しながら、何か使えそうなことはないか考えなあかん」。と

            スキ
            5

            【仕事×思い込み】チームより一人がいい…!?

            ”思い込み”の類義語の一つは、先入観! なので、自分では気づいてないことが多いです。 それに気づくには、やはり別の観点から見ている人に気づかせてもらうのが手っ取り早いです! 思い込みが変わった時の爽快感や、解放感は誰もが一度は味わったことがあるはず!!! 今日は、GSCのnoteでも度々登場しているヨノさんから、仕事での思い込みが変わった経験を語ってもらいました。思い込みを払拭するヒントになれば嬉しいです。 1、チームは苦手ー以前仕事で、どんな思い込みがありましたか

            スキ
            6

            【仕事✖️ヒント】プレゼン100点満点!のタミさんの成長の軌跡から解くプレゼン上手のコツ2

            プレゼン力(りょく)とは「蓄積力だ!」 ということで、前回は“蓄積”にスポットを当てて、プレゼン力(りょく)をUPさせたタミさんを分析してみました。 今回は、実際に“話す”ということにフォーカスしてみたいと思います。 “蓄積”がプレゼン力(りょく)の基礎編だとすると、“話す”は実践編でしょうかね。 聞く人の興味を引きつけて、話の内容がちゃんと相手に届くためには、当然ですが話し方は大事です。 タミさんの話し方は、“ちょうどイイ”と評判です。 さて、どうしたらそんな“ちょ

            スキ
            5

            【仕事✖️ヒント】プレゼン100点満点!のタミさんの成長の軌跡から解くプレゼン上手のコツ

            しつこくなく、聴く側が心地よい配分で、スッと入ってくる説明ができる、説明が適材適所、言葉のセレクトが上手い、話の区切りが絶妙、安定感がある、 楽しい雰囲気作りが上手、相手との息の合わせ方が上手い、笑顔がいい… これは、GSCタミさんのプレゼンの評判です。すごいでしょ?! “…大事なことだけシンプルに伝える…” 「1分で話せ」の副題で有名な一言ですが、評判からすると、プレゼン力(りょく)満点のタミさんは、これを達成しているわけです! タミさんが、これまでの成長を「超一言で

            スキ
            5

            【仕事✖️ヒント】メモを書く:紙派?デジタル派?

            人のメモに、興味があります。時々、くれ🤲と思ってしまいます。 特に先輩のメモ。どんなんだろう?と、見てみたいけれど、なかなか見る機会がないものだな、と思います。 もちろん、効果が実証されたメモ法が「メモ活」や「神メモ」や「すごいメモ」「メモの基本」などなど、書籍やネットで紹介され十分学べます。 が、活字化されたものよりも、実際に自分のそばで働いている人の、生きたメモを見る方がなんだか説得力を感じます。 どのようにメモを書くか?と同時に、何に書くか?も、性格が垣間見えて、

            スキ
            6

            【仕事✖️笑い】テレワークあるある-川柳

            「笑え笑え!」とGSC代表はよく言います。 笑えなくなったら干からびてしまうのは関西だけではないはずです。 “笑いは百薬の長” イギリスの某有名大学の研究でも、体に良いことが実証されてますから、笑いに敏感でありたい、笑うチャンスは逃さないでいたいものだと思います。 ということで、今年のサラリーマン川柳は見られましたか? コロナ禍あるある!が面白可笑しく詠まれていました。 共感だらけでしたが、私が共感したものから2つだけご紹介〜 「あっ、マスク! 降りた階段 また登り」

            スキ
            8

            【仕事✖️ヒント】ガッツ式オンライン研修体験者の声

            「オンライン研修って、どんな感じか予想がつかないので、不安で、始まる前は独特の緊張感がありました。」 と言うのは、GSCで最近メンバーに加わったKiaさんです。 わかるような気がします… …とは言っても、何かと緊張しぃの私にとって、まさに言葉通り“HOME”で受けられる研修は、どちらかと言うと気が楽だったのですが…(笑) オンライン研修の記憶が新しいImeさんとKiaさんに、見えない苦労や、努力を聞いてみました。あるある!そうそう!と共感だけじゃなく、クスッ…としてもらえ

            スキ
            7