徳永直考(グルーバーレザーの革職人)

2017年にアメカジブランドを辞め、長野市に革工房グルーバーレザーを立ち上げました(現在は千曲市に移転)。クラフトフェアや百貨店出店OEMなどで活動しております。noteでは成長過程や、商品の魅力、エッセイなどを投稿します。元家具職人/元ベーシスト/元スケーター/バイク好き
  • 商品の画像

    2way巾着バッグ 底丸タイプ GDK-300

    《仕様》 レザー:ディアスキン、牛革 サイズ:H210×W170×D160 カラー(ディア): ブラック 底、持ち手: ネイビー ナチュラル オークベージュ ダークブラウン ピーナツブラウン レッド オリーブ 《詳細》 2wayディア巾着 GDK-300同様の独特なフォルムの丸型の底マチを採用。 携帯やミディアム財布、ポーチなどが入ります。 2wayで紐の使い分けにより、持ち手、またはショルダーバッグに変わります。 内装はナイロン素材で汚れにくく丈夫なので、長い使用に耐えられる作りです。 鹿革は「革のカシミア」と言う別名があるだけにしなやかで軽く丈夫です。その為巾着の絞れる部位に使う事で、革で有りながらとてもカジュアルに持てるバッグです。 下の牛革は、姫路レザー。 使い込む程にツヤが増し、独特の表情が楽しめる革です。 ※カスタムはメールにて直接対応させていただきます。 在庫が切れている商品は、製作まで2週間ほど時間が掛かりますので、 在庫数が無い物はメールにて問い合わせください。 HP http://grooverleather.wixsite.com/groover Mail grooverleather@gmail.com
    20,900円
    Groover Line
  • 商品の画像

    2way巾着バッグ 底丸型 GDK-310

    《仕様》 レザー:ディアスキン、牛革 サイズ:H250×W190×D180 カラー(ディア): ブラック 底、持ち手: ネイビー ナチュラル オークベージュ ダークブラウン ピーナツブラウン レッド オリーブ 《詳細》 2wayディア巾着 GDK-200と違い長財布が縦に入るサイズ感の巾着です。丸型の特徴ある底マチを採用する事で、独特な雰囲気を出しています。 2wayで紐の使い分けにより、持ち手、またはショルダーバッグに変わります。 内装はナイロン素材で汚れにくく丈夫なので、長い使用に耐えられる作りです。 鹿革は「革のカシミア」と言う別名があるだけにしなやかで軽く丈夫です。その為巾着の絞れる部位に使う事で、革で有りながらとてもカジュアルに持てるバッグです。 下の牛革は、姫路レザー。 使い込む程にツヤが増し、独特の表情が楽しめる革です。 ※カスタムはメールにて直接対応させていただきます。 在庫が切れている商品は、製作まで2週間ほど時間が掛かりますので、 在庫数が無い物はメールにて問い合わせください。 HP http://grooverleather.wixsite.com/groover Mail grooverleather@gmail.com
    23,100円
    Groover Line
  • 商品の画像

    ショルダーバッグ 加工有 フラップ付 GFB-100W

    《仕様》 レザー:牛シュリンクWax熱処理加工 サイズ:H190×W320×D60-90 カラー:ブラック ネイビー ブルー オークベージュ ダークブラウン ピーナツブラウン レッド オフホワイト チェリーブラウン オリーブ 附属:30ミリ幅ショルダー 《詳細》 マチの形が特徴的なショルダーバッグ 外に膨らんだマチは物を入れるとしっかり広がり、物があまり入ってなければ薄くなる為、しっかりとホールド感のあるショルダーバッグです。 フラップを留める革と、ナスカンを掛ける革にはベルトの革を使用してますので、耐久性にも安心構造。 柔らかいシボのある革なので体にフィットして重みを感じさせません。 ショルダーは30ミリのナイロンテープと革を合わせている為、高級感があり肩を痛めません。 内装生地はポリエステル素材なので強度があり汚れにくいです。 仕切りは内装に2箇所、外の体に当たる部分に携帯が入る様に1箇所用意されてますので、サイズ感共に非常に使いやすく考えられております。 革は、姫路のシュリンクレザー。 半日以上かけて丹念にシボを出したとても上品な表情が特徴。 染色段階で、ワックスを入れることにより、使い込む程にツヤが増し、独特の表情が楽しめる革です。 また、2次加工としてWaxを手塗りし、万遍なく行き届く様した後、熱処理加工により艶とWaxとの濃淡を出して行きます。加工工程は職人の感覚によら物で、仕上がりは様々です。 ※革は一つ一つ表情が違う為、写真とは違う風合いに仕上がっている場合が御座いますのでご了承下さい。 また、同じ形でWax熱処理加工を施していないタイプ(GFB-100)もございます。 ※カスタムはメールにて直接対応させていただきます。 在庫が切れている商品は、製作まで1週間ほど時間が掛かりますので、在庫数が無い物はメールにて問い合わせください。 HP http://grooverleather.wixsite.com/groover Mail grooverleather@gmail.com
    36,300円
    Groover Line
  • 商品の画像

    小銭入れ GDB-100

    ≪使用≫  レザー: シュリンクレザー(BLK、NBRN、MGRN、BRD)        豚革(BLK)  サイズ: H85×W85  カラー: ブラック(BLK)       ナチュラルブラウン(NBRN)       モスグリーン(MGRN)       ボルドー(BRD)  装飾: 真鍮製スタッズ(ヴィンテージ加工)  縫製: ミシン   ≪詳細≫ スタッズをアイコンとしてコンパクトなサイズで使える小銭入れ。 丸型で、どこでも持ち歩ける形ですので場所を選びません。 内装には豚革をしっかり張り合わせることにより、通常ではない耐久性が得られています。 ジッパーの余分な部分をしっかりと豚革の中に収めているので小銭の取り出しがスムーズ。ちょっとした手間を加えることにより、使いやすさが増すので、グルーバーレザーらしいこだわりが感じられる逸品。 使い込む程味わいが増し、イタリアンレザーの高級感を楽しむことが出来ます。 シュリンクレザー(VINTAGE)は、イタリアのトスカーノの革で、少人数のタンナーで作られています。少人数の強みとして、よりこだわった革を丁寧に手作業で作り込んでいるので、そのシボはキメが細かくしっとりとした革です。 商品は受注生産です。 発送まで2週間前後のお時間を頂くことがございます。 HP http://grooverleather.wixsite.com/groover Mail grooverleather@gmail.com
    6,050円
    Groover Line
  • 商品の画像

    GVB-110 ショルダーバッグ

    ≪仕様≫  レザー: 牛シュリンクレザー  サイズ: H215×W290×105(伸ばした状態)  カラー: ブラック        ダークブラウン        チェリーブラウン        ネイビー        オークベージュ        レッド  金具: ハサミナス  縫製: ミシン        ≪詳細≫ ハサミナスがポイントとなるショルダーバッグ 閉める際にはジャンパーホックで閉めてからのハサミナスで丸めるので、中身も落ちにくく安心です。 ショルダー部分はギボシにより調整可能で、裏はナイロンテープを使用している為、色落ちに配慮した構造です。(革の部分は濡れたまま使用すると色移りの恐れがあるので、気になる場合は防水スプレーなどで軽減する工夫が必要です) 内装はジッパーポケットと仕切りが付いているので、中の整理もしやすい構造です。 日用使いのバッグとして使い勝手の良いサイズ感で、ユニセックスなデザインですので、幅広い方に向けて製作致しました。  革は、姫路のシュリンクレザー。 半日以上かけて丹念にシボを出したとても上品な表情が特徴。 染色段階で、ワックスを入れることにより、使い込む程にツヤが増し、独特の表情が楽しめる革です。   ※カスタムはメールにて直接対応させていただきます。 在庫が切れている商品は、製作まで1週間ほど時間が掛かりますので、在庫数が無い物はメールにて問い合わせください。 HP http://grooverleather.wixsite.com/groover Mail grooverleather@gmail.co
    34,100円
    Groover Line

最近結局小さいお財布が使いにくくて長財布に戻る人いますね

ミニマルライフスタイルを始めたのが2年前とかそんな感じの人 都内や若者はどうかわかりませんが、普段の生活を変えてみたところ、結局それがストレスになってはいませんか…

お客様の要望で早速仕入れたAir Tag
どんなカバーにしようかなー #Airtag

cafeでのワークショップ

定期的に行われているグルーバーレザーのワークショップ^ ^ 長野市のカフェヴァルールにて月1ペースぐらいで、キーケース、小銭入れなど 今回は第5回目となり カフェヴァ…

またバイクを乗りたくなった^ ^

とりあえず実家にあるカブでも出すかな

そんな季節でもあり、このゴールデンウィークはこんな人増えそうですね^ ^

楽しいのがいちばん!

一文無しで飛び出して起業、グルーバーレザーを立ち上げました。

はじめまして、グルーバーレザーの徳永直孝と申します。 2017年4月に相棒の原山純一を連れて革職人として独立。 現在は ・商品製作の職人 ・新商品の構造、デザインを手…

千曲市に移転して慌ただしく時間が過ぎていく中で、仕上がったペイント

自己紹介文を書かなきゃとは思いつつひとまずこの写真をアップ!

看板も1つの投資として、未来に向けて気合を入れられる!
「負けねーぞ!」