見出し画像

イラレしか知らないおっさんが動画編集アプリ Adobe #PremierePro を秒で習得して今すぐ達人になる方法

※ この記事は、全文を公開している「投げ銭」スタイルです。

■ 必ず増える動画編集の需要

 こんにちは!@gorolib です。私は、Illustrator しか知らない、紙媒体中心のデザイナーです。Web制作もかじりましたが、IT系出身なのでコーディングはもうやりたくないぜ!とサジを投げました(笑)

 しかし、このように偏った仕事では、頭打ちは目に見えています。死活問題ということです。

 今後、必ず増えるのは、動画編集の仕事です。テレビの仕事が減り、芸能界の方はYouTube に押し寄せるでしょう。そこで、Adobe の動画編集アプリである、Premiere Pro に手を出してみました。

 Apple 社の Final Cut Pro のほうが使いやすいようですが、専門学校時代の先生に相談したところ「どちらでも大丈夫!」とのこと。

 せっかくの Creative Cloud ですから、使わなければ損というものです。

■ どこに何があるのかさっぱりわからん!

 早速、Creative Cloud 経由でインストールしてみました。初めて触った印象は、どこに何があるのかさっぱりわからんっ!(笑)パネルが多すぎるのです。

 Adobe 公式の紹介動画を見始めたのですが、ああ、こりゃ(私が)使い物になるまで何年かかるだろう…という印象でした。

 Premiere Pro を起動するとチュートリアルが始まりますが、これも道のりは長いです。「うるせえ!うるせえ!」と言いながら、スキップしてください。制作者の方、ごめんなさい m(_ _)m

 何事もパッとできないとイヤな性格なのです。今すぐに達人になりたいのです(笑)

■ やりたいことを最小限で考える

 そこで、まったくアプローチを変えました。やりたいことを最小限で考えることにしたのです。

・シンプルな画面にする
・いらない部分をカットする
・字幕を入れる
・書き出す

 動画編集の需要なんて、最初はこれくらいでしょう。バラエティ番組のように、賑やかな字幕や効果音を入れるわけではないのです。

 「そういえばこういうのできないの?」というのは、次の段階でいいのです。

 なお、Premiere Pro の情報については、TERU FILM さんの動画が大変わかりやすかったです。この場を借りて、お礼申し上げます。

■ 続きは動画でどうぞ

 今すぐ達人になる方法について、続きは動画をご覧ください。お役に立てれば幸いです!

 ※ 以降に文章はありません。もし、この記事がお役に立ちましたら「投げ銭」にてご支援いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き: 0文字

イラレしか知らないおっさんが動画編集アプリ Adobe #PremierePro を秒で習得して今すぐ達人になる方法

gorolib

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もし、この情報がお役に立ちましたら、サポートをお願いします。いただいたお金は大切に使います!

5
グラフィックデザイナー。Illustratorを中心に徹底的に生産性を追求するブログを運営。プログラムと組み合わせた圧倒的スピードのデザインワークを提案しています。また仕事や生き方の本質にも言及します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。