見出し画像

【24年05月版/179問収録】Google広告認定資格(動画広告)解度テスト問題と解答

※23年08月11日 4問追加しました。
※23年9月9日 1問追加しました。
※24年2月25日 2問追加しました。

先日Google広告認定資格測定の試験を受け、以下の点数で合格しました。

この記事は、Google広告認定資格(動画広告)理解度テストの合格を目指す方に向けた問題と回答のテキスト集です。
実際に90%以上で合格している筆者が実際に解いた問題から、傾向と対策を分析し作成した問題集となっています。

どのような問題がでても対応できることを目指し、多くの問題パターンを作成しております。実際の問題は毎月解いており、常に最新情報にアップデートされるように心がけています。

最初の3問は無料で提供させていただき、それ以外は購入いただいたら見れるようになっています。

購入前に下記の注意点をご確認下さい。

※確実な正答を補償するものでない点はご了承ください。
※広告スキルアップの勉強やテスト等でご活用ください。
※探す際は、Ctrl+Fで探すと時短になります!
 探すときは部分的にコピーしてお探しするのをおすすめします
※回答は“太字”で表示しております。
※解説は一部のみです。今後全て解説を準備する予定です。

ではさっそく行きましょう!


1.淳さんは、比較検討を促進するために動画キャンペーンを実施しており、 動画の視聴者数を測定したいと考えています。どの測定ソリューションを使用すべきですか。

・YouTube キャンペーンと印刷広告のリーチの予測
・主要なパフォーマンス指標
・ブランド効果測定
・アクティブ ビューによる視認性

■解説
Google広告やYouTubeキャンペーンを運用する際には、以下のような測定ソリューションを利用することがあります。
YouTube キャンペーンと印刷広告のリーチの予測: これは、YouTubeキャンペーンと印刷広告の双方のリーチを予測するためのツールです。これは一般的にキャンペーンの計画段階で使用されます。
主要なパフォーマンス指標 (KPIs): これは、キャンペーンのパフォーマンスを測定するための重要な指標を提供します。視聴者数、クリック数、コンバージョン数など、キャンペーンの効果を把握するための基本的な指標が含まれます。
ブランド効果測定: これは、キャンペーンがブランド認識や意図にどのような影響を与えたかを測定するためのツールです。
アクティブ ビューによる視認性: これは、広告が視認可能な形で表示された回数を測定するツールです。

淳さんは動画キャンペーンの視聴者数を測定したいと考えているので、キャンペーンの視聴者数やクリック数などの基本的なパフォーマンス指標を提供する「主要なパフォーマンス指標」を使用することが最適です。

2.リナさんのクライアントは、リビングルームでの存在感が薄くなってきていることに懸念を抱いています。リナさんは、この問題に対する効果的なソリューションが YouTubeであると考えています。

このクライアントの懸念に対して YouTube が優れたソリューションになる有力な理由は何でしょうか。

・かつてはテレビ放送と物理的なメディアに支配されていたリビングルームが、現在では YouTube のプラットフォームとして急成長しているから。
・テレビは YouTube へのアクセスに使用される主なデバイスであり、一般的にリビングルームに置かれているから。
・テレビでコマーシャルを見たユーザーの 75% は、リビングルームで YouTube の同じ広告を検索しているから。
・95% ものユーザーが、なんらかのインターネット対応デバイスをリビングルームで使用して YouTube の動画にアクセスしているから。

■解説
近年、テレビ放送や物理的なメディアの利用が減少し、インターネットベースのプラットフォームへの移行が進んでいます。特にYouTubeは、多くの人々が利用する主要な動画視聴プラットフォームとなっています

ここで挙げた各選択肢の詳細な説明は以下の通りです。

かつてはテレビ放送と物理的なメディアに支配されていたリビングルームが、現在では YouTube のプラットフォームとして急成長しているから。
これは事実であり、多くの家庭がYouTubeや他のオンラインストリーミングサービスを利用してエンターテイメントを楽しんでいます。
テレビは YouTube へのアクセスに使用される主なデバイスであり、一般的にリビングルームに置かれているから。
これは部分的に真実ですが、YouTubeへのアクセスはテレビだけでなく、スマートフォンやタブレット、コンピュータでも可能です。
テレビでコマーシャルを見たユーザーの 75% は、リビングルームで YouTube の同じ広告を検索しているから。
この統計データの正確性は不明です。
95% ものユーザーが、なんらかのインターネット対応デバイスをリビングルームで使用して YouTube の動画にアクセスしているから。
この統計データの正確性も不明です。

このため、YouTubeが急成長しているプラットフォームとして、リビングルームでの存在感を増す効果的な方法であると言えます。

3.見込み顧客が意思決定を行うタイミングにある場合に、測定可能な価値のある行動を取ってもらいやすくするように最適化された動画広告フォーマットはどれですか。

・スキップ可能なインストリーム広告とインフィード動画広告
・スキップ可能なインストリーム広告とバンパー広告
スキップ不可のインストリーム広告とスキップ可能なインストリーム広告
・スキップ不可のインストリーム広告とインフィード動画広告

■解説
ここで挙げられた各広告フォーマットの特徴を簡単に説明します:
スキップ可能なインストリーム広告:視聴者が広告をスキップできる形式の広告です。広告主は視聴者が広告を完全に視聴するか、特定のアクション(例:クリック)を行った場合にのみ料金を支払います。
スキップ不可のインストリーム広告:視聴者が広告をスキップできない形式の広告です。これにより、メッセージが視聴者に完全に伝えられ、視聴者が広告のコンテンツを完全に消費する可能性があります。
バンパー広告:短い(通常6秒以下)のスキップ不可の広告で、ブランドの認知度を向上させるのに適していますが、直接的なコンバージョンを奨励するのには最適ではありません。
インフィード動画広告:これらはソーシャルメディアフィードやウェブサイトのコンテンツフィードに表示される広告です。視聴者は自然にこれらの広告をスクロールしながら見ることができます。

視込み顧客が意思決定を行うタイミングにある場合、スキップ不可のインストリーム広告を使用することで、視聴者に広告のメッセージを完全に伝えることができます。同時に、スキップ可能なインストリーム広告も利用することで、視聴者が興味を持っている場合にのみ広告を完全に視聴するよう奨励できます。この組み合わせは、視聴者が意思決定の段階にあるときに有価値な行動を行いやすくします。

ここから先は

36,470字
この記事のみ ¥ 650

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?