見出し画像

【24年05月版/242問収録】Google広告認定資格(ディスプレイ)理解度テスト問題と解答

※ 23年7月2日 7問追加しました
※ 23年8月8日 3問追加しました
※ 23年9月9日 新しい問題の追加はありませんでした。
※ 24年2月22日 6問追加しました
※ 24年5月11日 問題の追加はありません

Google広告認定資格測定の試験を受け、以下の点数で合格しました。

この記事は、Google広告認定資格(ディスプレイ広告)理解度テストの合格を目指す方に向けた問題と回答のテキスト集です。
実際に90%以上で合格している筆者が実際に解いた問題から、傾向と対策を分析し作成した問題集となっています。

どのような問題がでても対応できることを目指し、多くの問題パターンを作成しております。実際の問題は毎月解いており、常に最新情報にアップデートされるように心がけています。

最初の5問は無料で提供させていただき、それ以外は購入いただいたら見れるようになっています。

購入前に下記の注意点をご確認下さい。

※確実な正答を補償するものでない点はご了承ください。
※広告スキルアップの勉強やテスト等でご活用ください。
※探す際は、Ctrl+Fで探すと時短になります!
 探すときは部分的にコピーしてお探しするのをおすすめします。
※回答は“太字”で表示しております。
※解説は一部のみです。今後全て解説を準備する予定です。ご了承ください。


Google広告認定資格(ディスプレイ広告)問題と解答


1.りんさんは自身のオンライン雑貨ショップの収入を増やしたいと思っています。彼女はGoogle広告のディスプレイキャンペーンを用いて、以前に彼女のサイトを訪問したけれども何も買わなかった人たちに再度アプローチする計画を立てています。

りんさんが設定した目標に合致する最適な方法を選んでください。

・購買意向の強いオーディエンス
・アフィニティカテゴリ
・リマーケティング
・類似ユーザー

■解説
まず、それぞれのオプションが何を意味するかを理解しましょう!

購買意向の強いオーディエンス:特定の商品やサービスに興味を示していると考えられるユーザー群。
アフィニティカテゴリ:特定の趣味や興味を共有するユーザー群。
リマーケティング:ウェブサイトを訪れたが商品を購入しなかったユーザーに再度広告を表示する戦略。
類似ユーザー:既存の顧客群と類似の特性や興味を持つ新しいユーザー群。

りんさんがオンラインで雑貨を売りたいと考えているので、既に彼女のサイトを訪れたけれども購入しなかった人たちをターゲットにする「リマーケティング」戦略が最適です。この方法は、過去に関心を示したが購入には至らなかった顧客に対して、再び広告を表示することで、彼らを購買に導くためのものです。Google広告でのリマーケティングは、ターゲットを絞った広告を用いて効果的に収益を上げる方法の一つです。

2.マリーさんはファッションアイテムを製造する小さな企業の経営者ですが、ビジネスの成長を望んでいます。彼女はブランド認知度を高め、ファッションに興味を持つ人々にオンラインでアプローチしたいと考えています。この目標を達成するために、Google広告のどのキャンペーンを利用すべきでしょうか。

・検索
・ディスプレイ
・動画
・ショッピング

■解説
それぞれのキャンペーンタイプの特性を理解すると、なぜ「ディスプレイ」キャンペーンがマリーさんに適しているかがわかります。以下、各キャンペーンタイプの簡単な説明です。
検索キャンペーン:ユーザーがGoogleで特定のキーワードを検索した際に広告を表示します。主に購買意向が高いユーザーにリーチすることが目的です。
ディスプレイキャンペーン:多くのウェブサイトやアプリでビジュアルやテキストベースの広告を表示します。これはブランドの認知度を高めるのに効果的であり、特定の興味や行動を持つオーディエンスにリーチできます。
動画キャンペーン:YouTubeや他の動画プラットフォームで動画広告を表示します。これもブランド認知度を高めるのに効果的ですが、主に視覚的なストーリーテリングに焦点を当てたキャンペーン向けです。
ショッピングキャンペーン:主にオンラインストアや小売業者向けのキャンペーンで、商品の画像、価格、説明等を表示します。

マリーさんがファッション用品に特化したビジネスを拡大し、興味あるオーディエンスにリーチするためには、「ディスプレイ」キャンペーンが最適です。ディスプレイ広告は、Googleの広告ネットワーク上の関連性の高いウェブサイトやアプリにビジュアル広告を表示します。これにより、ブランドの露出が増え、ファッションに興味のある広範なオーディエンスに効果的にアプローチできます。

3.自動入札戦略のうち、拡張クリック単価に当てはまるものをおえらびください。

・比較検討重視の入札
・認知度ベースの入札
・コンバージョン重視の入札
・収益重視の入札

■解説
Google広告における「自動入札戦略」は広告の運用を効率化し、特定の広告目標(例:クリック数の増加、コンバージョンの増加など)を達成するための方法です。以下のオプションはそれぞれ異なる目的に焦点を当てた入札戦略です。
比較検討重視の入札:ユーザーがあなたの広告を見た後に他の関連広告を検討・比較することを目指す戦略。
認知度ベースの入札:広告の認知度や露出を高めることに焦点を当てた戦略。
コンバージョン重視の入札:コンバージョン(例:商品の購入、サイトへの訪問など)の最適化を目指す戦略。これは拡張クリック単価(ECPC)に関連し、システムが自動的に最適なクリック単価を設定してコンバージョンを増加させることを目指します。
収益重視の入札:広告のROI(投資対効果)を最大化することを目指す戦略。

したがって、「コンバージョン重視の入札」は拡張クリック単価(ECPC)に適した戦略であり、広告主がコンバージョンを増加させることを目指す場合に利用されます。

4.スマートディスプレイキャンペーンのメリットを以下の中からお選びください。

・スマートディスプレイ キャンペーンのパフォーマンスでディスプレイ ネットワークの最適化案が生成。
・高度なセグメント化の分析情報を使用して、キャンペーンの詳細を常に確認できる。
・動画コンテンツをスマートディスプレイキャンペーンでは自動作成できる。
・広告主が最小限の情報を入力するだけでスマートディスプレイキャンペーンは作成。

■解説
スマートディスプレイキャンペーンはGoogle広告の一形式で、広告のターゲティング、入札、広告の作成を自動化することを目的としています。以下の点でメリットがあります。
簡易化されたキャンペーン作成:広告主は基本的な情報(如く、ウェブサイトのURLや広告の目標など)を提供するだけで、Googleが残りの部分(ターゲティング、入札等)を自動で処理します。これにより、広告主はキャンペーンを簡単かつ迅速に立ち上げることができます。

5.マーケティング担当者がレスポンシブ ディスプレイ広告を使う理由を2 つ選択してください。

・分析情報: 他の広告フォーマットより信頼性の高い業界データを提供できる。
・充実した顧客対応: ウェブサイト訪問者から寄せられるあらゆる問い合わせに対して、音声やテキストによる自動回答で迅速に対応できる。
・ガイダンス: 特定の広告スロット向けに、広告のサイズ、表示形式、フォーマットを調整する手順をユーザーに提示できる。
・費用対効果が高い: 現在と同程度のコンバージョン単価で、より多くのコンバージョンを獲得できる。
・広範なリーチが可能: ネイティブ、ノンネイティブの両広告枠のほとんどの広告スロットサイズに対応する広告を作成できる。

■解説
レスポンシブディスプレイ広告は、一連の広告素材(画像、テキスト、ロゴなど)を提供することで、Google広告が自動的に異なるサイズとフォーマットの広告を生成できる広告形式です。これにはいくつかの利点があります。

費用対効果が高い:この広告形式は、異なるデバイスや広告スロットに適した広告を自動的に作成・最適化するため、広告主はより多くのコンバージョンを同じ予算で達成できる可能性があります。
広範なリーチが可能:レスポンシブディスプレイ広告は、ネイティブ広告枠(広告がウェブサイトのコンテンツと調和する)とノンネイティブ広告枠(標準的なバナー広告など)の両方で広範囲にリーチできる広告を作成する能力があります。これにより、広告主は広範なオーディエンスにアピールできます。

ここから先は

57,274字
この記事のみ ¥ 650

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?