ヨシカワ

Online Bookstore [narda] を運営しています https://narda.thebase.in/ noteには俳句などを投稿。
固定された記事

Online Bookstore [narda] について

Online Bookstore [ narda ](ナルダ)は、古本と、古い雑貨、そして時々新しい本を扱うオンラインストアです。少しずつ商品を増やして、皆様のお越しをお待ちしています。…

  • 「アンネの日記」展 図録(朝日新聞社 編)

    「アンネの日記」展 図録(朝日新聞社 編)

    アンネの父オットー・フランク氏、アンネ・フランク財団の全面的な協力を得て、オランダ国外で初めて開催された展覧会の図録。赤と黒のチェック柄の表紙は、父から贈られた最初の日記帳の表紙をもとにデザインされています。 身を潜めながら書き綴った「日記」のオリジナル原稿、8歳の時に書いた詩、自作の童話原稿、学校生活や隠れ家の写真、愛用品など、「アンネ・フランク」というひとりの少女の生きた証しを伝える一次史料を集成。 隠れ家の平面図と立体模型、ドイツ軍のオランダ占領の歴史、強制収容所関連物品なども掲載され、「迫害の時代」の記憶を多面的に示す構成となっています。 -------------------------------- ◎Contents ・出品展示物 日記オリジナル(金銭出納簿に書かれた日記) 日記メモ(紙片に書かれた日記など) 日記(父オットー作成の複製本) アンネの学用品 / ユダヤ人表示のパスポート / 隠れ家関係物品 アンネの身の回り品 / 強制収容所関連物品 ほか ・解説 アンネの生い立ち・年表 / 学校生活 / 1941年7月のある日… 隠れ家へ / オランダのレジスタンス / 隠れ家・ついに発見される 強制収容所へ / 大戦終結と日記の発刊 ほか アンネの人生(田中澄江) 「アンネの日記」を紹介して(皆藤幸蔵) アンネ ー その舞台(三井美奈) 絶版または版元品切れ ソフトカバー □publisher:朝日新聞社 □date of issue:1978年 □size:24x22cm □page:98 □condition:経年なり・普通 カバーヤケスレ汚れ傷み 背角傷み 裏表紙見返しラベル剥がし跡 » 評伝・ノンフィクション https://narda.thebase.in/categories/1326666
    1,600円
    Bookstore ナルダ
  • きもの 和のデザインと心(長崎巌 監修)

    きもの 和のデザインと心(長崎巌 監修)

    平安時代に登場した衣服形態「小袖」は、江戸時代に広く普及、明治以降は「きもの」という名が一般化し今に至っている。その変遷を、歴史的名品の数々と美人画などの資料を通じて通観する。 きもの研究の第一人者・長崎巌による解説は、綿密かつ、きもの文化に対する深い洞察と敬意が感じられ、細かいキャプションひとつまで読み応えがあります。 時代ごとの女性たちの美意識と心意気を映す、「きもの」の世界の奥深さに興味のある方におすすめの一冊。 ------------------------------ ◎Contents 粋の時代 ー 江戸時代後期の小袖 曙の時代 ー 明治時代のきもの ロマンの時代 ー 大正時代のきもの モダンの時代 ー 昭和前期のきもの シックを楽しむ ー 銘仙の魅力 田中本家の婚礼衣装 小袖からきものへ 意匠の変遷 絶版または版元品切れ ソフトカバー ダストカバー 帯あり □publisher:東京美術 □date of issue:2008年 □size:24x18.3cm □page:198 □condition:経年なり・普通 カバースレ汚れ傷み 背破れ(写真10枚目) » 装い・ライフスタイル https://narda.thebase.in/categories/1326672
    1,600円
    Bookstore ナルダ
  • 昭和モダンキモノ - 抒情画に学ぶ着こなし術(弥生美術館 編)- らんぷの本

    昭和モダンキモノ - 抒情画に学ぶ着こなし術(弥生美術館 編)- らんぷの本

    「弥生美術館」が所蔵する、大正・昭和期の雑誌に描かれた竹久夢二・高畠華宵・加藤まさを・蕗谷紅児らの抒情画・記事・コラムなどを通じて、アンティーク着物の魅力を探るムック本。 浮世絵や琳派の伝統柄と、アール・ヌーヴォー、アール・デコの潮流が溶けあって生まれたキモノを颯爽と着こなす、モダン・ガールたちの美しさ、妖しさ!唯一無二のそのファッション感覚は、知れば知るほど新鮮な輝きに満ちています。 ------------------------------ 大正浪漫・昭和モダンの着物の資料として重要なのが、少女雑誌や婦人雑誌の表紙や口絵に挿絵画家が描いた美人画、つまり抒情画です。なぜなら、写真技術が未発達だったため、着物文様を色美しく表現するためには、絵が最適だったのです。当時は着物に限らず、抒情画がファッションの情報源でもありました。(はじめに より) ------------------------------ ◎Contents ・モダン文様コレクション  孔雀 / 薔薇 / トランプ / 十字絣 / ダリア / 蜘蛛の巣 … ・抒情画家と着物  竹久夢二 / 高畠華宵 / 加藤まさを / 蕗谷紅児 ・抒情画に学ぶアンティーク着物の着こなし  着物と帯のコーディネート / 半襟 / 布地を見る … ・着物をいっそうおしゃれに装うためのグッズ  バッグ / 扇 / 帯留め / 髪型 / 洋髪用簪 … コラム: 着物のまつわる遠い日の記憶(弥生美術館館長 古賀三枝子) 美しいしぐさ 昭和五年の雑誌より 昔の雑誌に掲載された着物美人たち 高畠華宵・竹久夢二が雑誌に寄せたコメント 絶版または版元品切れ(2011年に新装版刊行) ソフトカバー ダストカバー 帯あり □publisher:河出書房新社 □date of issue:2005年 □size:21x14.9cm □page:127 □condition:経年なり・良好 カバー汚れ 背上端ヨレ » 装い・ライフスタイル https://narda.thebase.in/categories/1326672
    900円
    Bookstore ナルダ
  • もっとみる

マーガレット白票投じ帰りけり

令和俳壇 佳作(対馬康子選)角川俳句9月号

もう会えぬ人の名をふと月見草

NHK俳句 佳作(兼題:月見草・西村和子選)9月号

白シャツの少年高き声失くす

岩波俳句 佳作(池田澄子選)『世界』9月号

菓子箱に化石のかけら夏休み

春眠をまとう薄桃色の耳朶

令和俳壇(上:秀逸・夏井いつき選、下:佳作・山田佳乃選)角川俳句8月号