ヨシカワ

「Bookstore ナルダ」 https://narda.thebase.in/

ヨシカワ

「Bookstore ナルダ」 https://narda.thebase.in/ を運営しています。noteには小説、俳句、写真などを投稿。

マガジン

  • 俳句 note

    新聞・雑誌などへの投稿掲載句

  • Bookstore ナルダ

    古本と、古い雑貨と、そして時々新しい本。いろいろ並べて売ってるお店。

  • 写真俳句 ― photo x haiku

ストア

  • 商品の画像

    kotoba No. 47「特集:ゴッドファーザー 」- 2022年春号

    マフィアという犯罪組織を描いた映画であることを超えて、アメリカ人の精神構造に影響を与える「古典」となったともいわれる『ゴッドファーザー』。 第一作の公開50周年を機に、 その魅力を多角的に掘り下げ、言葉を尽くして論じたムック本。 フランシス・フォード・コッポラ監督、アル・パチーノへのインタビューが巻頭に掲載され、自らの運命を大きく変えることになった作品への想いを語っている。 ------------------------------ そうしたことが重なって、『ゴッドファーザーPART3』と呼ばれるたびに腹が立っていたよ。どうして(当初案の)『マイケル・コルレオーネの最期』じゃダメなのかとね。まさにそういう映画なのに。それはマイケルの真の意味での死についての映画だった。(略) 死とは無だ。苦しいのは愛する人が死んだときだ。マイケルには苦しんでほしかった。多くの人命を奪う仕事なんて、それ以上に最低のものはない。 (「インタビュー:フランシス・フォード・コッポラ」より) ------------------------------ ◎Contents ■特集:ゴッドファーザー  インタビュー:フランシス・フォード・コッポラ  インタビュー:アル・パチーノ 『ゴッドファーザー』と世界の出来事(濱口英樹) ▶︎PART1 ゴッドファーザーを読み解く  ゴッドファーザーとシチリア(大岡玲) 『ゴッドファーザー』と『北の国』から(内田樹)  汲めども尽きない旧世界の井戸(芝山幹雄)  マフィア帝国の興亡(町山智浩)  名セリフから観るゴッドファーザー(マーク・ピーターセン)  アメリカの物語としてのゴッドファーザー(藤原帰一)  娯楽か芸術か(津上英輔) ▶︎PART2 ゴッドファーザーを愉しむ  ゴッドファーザーを愛する理由(ロバート・ハリス、ピーター・バラカン)  監督目線で見た「二人のドン」の物語(渡辺信一郎)  マフィアとスーツ(中野香織)  ゴッドファーザーの食卓(後藤晴彦)  三部作に張りめぐらされた音楽の連接(長谷川町蔵)  移民としてのゴッドファーザー(新元良一)  犯罪組織を描いた映画(馬飼野元宏) :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ▶︎kotobaの人  音楽家として目指す先(反田恭平) ▶︎連載  写真を読む(大岡玲)  美を凝視する(山下裕二)  日本はどこで道を誤ったか(山口二郎)  デジタル時代の恐竜学(河部壮一郎)  ことばで寄り添う(永田和宏、垣添忠生)  資本主義の超克(水野和夫)  物理学者のすごい日常(橋本幸士)  我々の死者(を超えて)(大澤真幸)  ことばの番人(高橋秀実)  日本語「深読み」のススメ(阿部公彦)  吾も老の花(阿川佐和子)  未来を語る人(大野和基)  時代うた―詞人のことば(葉月けめこ)  おほことば(おほしんたろう) ▶︎kotobaの森  著者インタビュー『いつもの言葉を哲学する』(古田徹也)  悠久のコトバ(大村次郷)  人は何を食べてきたか(山口進)  映画の台詞(町山智浩) 絶版または版元品切れ ソフトカバー  □publisher:集英社 □date of issue:2022年 □size:25.8x18.2cm □page:225 ◎経年なり・良好 » 写真・映像・その他 https://narda.thebase.in/categories/1326661
    2,200円
    bookstore ナルダ
  • 商品の画像

    映畫読本〈清水宏〉- 即興するポエジー 蘇る超映画伝説

    1920年代に松竹に入社して映画監督となり、『有がたうさん』『風の中の子供』『みかへりの塔』など、稀有なエスプリをまとった名作の数々を30年以上にわたって創造し続けた、清水宏。ほぼ同時期に入社した小津安二郎は、清水宏を「天才」と呼び、終生の親友となった。 作為的な物語、セリフ、演技、演出をできるだけ排除し、「早すぎたヌーヴェルバーグ」とも称されるその作品世界の実像に、自身が書き残したテキスト、関係者へのインタビュー、全作品のレビュー、コラムなどを通じて肉薄する。 図版多数収録。伝説の映画作家「清水宏」を知るための決定版。 ------------------------------ 彼は人為を嫌った。スタジオを、セットを離れて旅に出た。ロケーションを好んだ。彼は俳優に演技をさせなかった。新人や素人を風景の中に置いた。あるがままの存在に、彼は映画の自由を見出した。自然の即興に映画を委ねた。 (「蘇る映画作家・清水宏」より) ------------------------------ ◎Contents 蘇る映画作家・清水宏(田中眞澄)  写真構成:旅/流転/学生/傘の女/子供/モダニズム ▶︎[仕事]- 清水宏を読む 1  編集は大切だ(清水宏)  清水宏の演出手法について(岸松雄)  インタビュー:斎藤良輔   「シナリオは、キャメラで書けと言うんだよ」 ▶︎[旅]- 清水宏を読む 2  伊豆拾遺(清水宏)  裸身の乙女(清水宏)  シナリオ「桑の実は紅い」(清水宏)  忘れずば思い出さず候(清水宏)  談:堀池清   「私の映画人生に影響を与えた清水オヤジ」  シナリオ「ともだち」(清水宏) ▶︎[子供]- 清水宏を読む 3  大船の子供達のこと(清水宏)  インタビュー:青木富夫(突貫小僧)   「パンツ盗もうとしたら、デカいんだ」  インタビュー:古山三郎   「〈蜂の巣〉のキャメラは、ぼく一人で回した」  蜂の巣の子供たち - 私と放浪児(清水宏) ▶︎[交遊]- 清水宏を読む 4  写真構成:最尖端の映画感性の出会い(田中眞澄)  小津安二郎兄(清水宏)  内田吐夢・清水宏の映画放談  麦と兵隊を訪ねて(清水宏) ▶︎[素顔]- 清水宏を読む 5  写真構成:天衣無縫の自然児(田中眞澄)  インタビュー:石井輝男・大貫雅吉志   「殴られたけど、親父みたいな感じでしたね」  象の足あと - 巨匠清水宏の〝童心〟を思う(小堀南嶺) ▶︎[全作品]- 清水宏を読む 6  1924年〜1959年の間に作られた全163作品を解読 ▶︎コラム  交遊明暗  幻に終わった「麦と兵隊」  清水宏はロリコンだった?  清水宏のペンネーム  松竹蒲田映画のモダニズム  清水宏が育てた新人たち  清水作品の技法・構図の特徴  清水宏の海外での評価  中国、朝鮮に向けられたまなざし  知られざる短篇映画およびテレビ作品 ▶︎クロニクル[清水宏 1903〜1966](佐藤千広) [清水宏]クロニクル 絶版または版元品切れ ソフトカバー  □publisher:フィルムアート社 □date of issue:2000年 □size:25.8x18.2cm □page:175 ◎経年なり・普通 表紙スレ 少当たり » 写真・映像・その他 https://narda.thebase.in/categories/1326661
    3,600円
    bookstore ナルダ
  • 商品の画像

    kotoba No. 47「特集:ゴッドファーザー 」- 2022年春号

    マフィアという犯罪組織を描いた映画であることを超えて、アメリカ人の精神構造に影響を与える「古典」となったともいわれる『ゴッドファーザー』。 第一作の公開50周年を機に、 その魅力を多角的に掘り下げ、言葉を尽くして論じたムック本。 フランシス・フォード・コッポラ監督、アル・パチーノへのインタビューが巻頭に掲載され、自らの運命を大きく変えることになった作品への想いを語っている。 ------------------------------ そうしたことが重なって、『ゴッドファーザーPART3』と呼ばれるたびに腹が立っていたよ。どうして(当初案の)『マイケル・コルレオーネの最期』じゃダメなのかとね。まさにそういう映画なのに。それはマイケルの真の意味での死についての映画だった。(略) 死とは無だ。苦しいのは愛する人が死んだときだ。マイケルには苦しんでほしかった。多くの人命を奪う仕事なんて、それ以上に最低のものはない。 (「インタビュー:フランシス・フォード・コッポラ」より) ------------------------------ ◎Contents ■特集:ゴッドファーザー  インタビュー:フランシス・フォード・コッポラ  インタビュー:アル・パチーノ 『ゴッドファーザー』と世界の出来事(濱口英樹) ▶︎PART1 ゴッドファーザーを読み解く  ゴッドファーザーとシチリア(大岡玲) 『ゴッドファーザー』と『北の国』から(内田樹)  汲めども尽きない旧世界の井戸(芝山幹雄)  マフィア帝国の興亡(町山智浩)  名セリフから観るゴッドファーザー(マーク・ピーターセン)  アメリカの物語としてのゴッドファーザー(藤原帰一)  娯楽か芸術か(津上英輔) ▶︎PART2 ゴッドファーザーを愉しむ  ゴッドファーザーを愛する理由(ロバート・ハリス、ピーター・バラカン)  監督目線で見た「二人のドン」の物語(渡辺信一郎)  マフィアとスーツ(中野香織)  ゴッドファーザーの食卓(後藤晴彦)  三部作に張りめぐらされた音楽の連接(長谷川町蔵)  移民としてのゴッドファーザー(新元良一)  犯罪組織を描いた映画(馬飼野元宏) :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ▶︎kotobaの人  音楽家として目指す先(反田恭平) ▶︎連載  写真を読む(大岡玲)  美を凝視する(山下裕二)  日本はどこで道を誤ったか(山口二郎)  デジタル時代の恐竜学(河部壮一郎)  ことばで寄り添う(永田和宏、垣添忠生)  資本主義の超克(水野和夫)  物理学者のすごい日常(橋本幸士)  我々の死者(を超えて)(大澤真幸)  ことばの番人(高橋秀実)  日本語「深読み」のススメ(阿部公彦)  吾も老の花(阿川佐和子)  未来を語る人(大野和基)  時代うた―詞人のことば(葉月けめこ)  おほことば(おほしんたろう) ▶︎kotobaの森  著者インタビュー『いつもの言葉を哲学する』(古田徹也)  悠久のコトバ(大村次郷)  人は何を食べてきたか(山口進)  映画の台詞(町山智浩) 絶版または版元品切れ ソフトカバー  □publisher:集英社 □date of issue:2022年 □size:25.8x18.2cm □page:225 ◎経年なり・良好 » 写真・映像・その他 https://narda.thebase.in/categories/1326661
    2,200円
    bookstore ナルダ
  • 商品の画像

    映畫読本〈清水宏〉- 即興するポエジー 蘇る超映画伝説

    1920年代に松竹に入社して映画監督となり、『有がたうさん』『風の中の子供』『みかへりの塔』など、稀有なエスプリをまとった名作の数々を30年以上にわたって創造し続けた、清水宏。ほぼ同時期に入社した小津安二郎は、清水宏を「天才」と呼び、終生の親友となった。 作為的な物語、セリフ、演技、演出をできるだけ排除し、「早すぎたヌーヴェルバーグ」とも称されるその作品世界の実像に、自身が書き残したテキスト、関係者へのインタビュー、全作品のレビュー、コラムなどを通じて肉薄する。 図版多数収録。伝説の映画作家「清水宏」を知るための決定版。 ------------------------------ 彼は人為を嫌った。スタジオを、セットを離れて旅に出た。ロケーションを好んだ。彼は俳優に演技をさせなかった。新人や素人を風景の中に置いた。あるがままの存在に、彼は映画の自由を見出した。自然の即興に映画を委ねた。 (「蘇る映画作家・清水宏」より) ------------------------------ ◎Contents 蘇る映画作家・清水宏(田中眞澄)  写真構成:旅/流転/学生/傘の女/子供/モダニズム ▶︎[仕事]- 清水宏を読む 1  編集は大切だ(清水宏)  清水宏の演出手法について(岸松雄)  インタビュー:斎藤良輔   「シナリオは、キャメラで書けと言うんだよ」 ▶︎[旅]- 清水宏を読む 2  伊豆拾遺(清水宏)  裸身の乙女(清水宏)  シナリオ「桑の実は紅い」(清水宏)  忘れずば思い出さず候(清水宏)  談:堀池清   「私の映画人生に影響を与えた清水オヤジ」  シナリオ「ともだち」(清水宏) ▶︎[子供]- 清水宏を読む 3  大船の子供達のこと(清水宏)  インタビュー:青木富夫(突貫小僧)   「パンツ盗もうとしたら、デカいんだ」  インタビュー:古山三郎   「〈蜂の巣〉のキャメラは、ぼく一人で回した」  蜂の巣の子供たち - 私と放浪児(清水宏) ▶︎[交遊]- 清水宏を読む 4  写真構成:最尖端の映画感性の出会い(田中眞澄)  小津安二郎兄(清水宏)  内田吐夢・清水宏の映画放談  麦と兵隊を訪ねて(清水宏) ▶︎[素顔]- 清水宏を読む 5  写真構成:天衣無縫の自然児(田中眞澄)  インタビュー:石井輝男・大貫雅吉志   「殴られたけど、親父みたいな感じでしたね」  象の足あと - 巨匠清水宏の〝童心〟を思う(小堀南嶺) ▶︎[全作品]- 清水宏を読む 6  1924年〜1959年の間に作られた全163作品を解読 ▶︎コラム  交遊明暗  幻に終わった「麦と兵隊」  清水宏はロリコンだった?  清水宏のペンネーム  松竹蒲田映画のモダニズム  清水宏が育てた新人たち  清水作品の技法・構図の特徴  清水宏の海外での評価  中国、朝鮮に向けられたまなざし  知られざる短篇映画およびテレビ作品 ▶︎クロニクル[清水宏 1903〜1966](佐藤千広) [清水宏]クロニクル 絶版または版元品切れ ソフトカバー  □publisher:フィルムアート社 □date of issue:2000年 □size:25.8x18.2cm □page:175 ◎経年なり・普通 表紙スレ 少当たり » 写真・映像・その他 https://narda.thebase.in/categories/1326661
    3,600円
    bookstore ナルダ
  • 商品の画像

    悪いやつほどよく走る(川崎ゆきお 著、湯村輝彦 装幀、蛭子能収 解説)

    1972年〜82年に『ガロ』に掲載された漫画7編を1冊にまとめ、1982年に青林堂から刊行された、川崎ゆきお第4作品集。 「走るんや/走るしかない/猟奇に走るしか他はあらへん」ヒマにあかした悪戯心から、作者自身が「猟奇王」に扮して町内に騒動を巻き起こす表題作ほか。 ロマンを追い求めつつ、「貧すれば鈍する」しかない日常を送る人々の姿を描き出す。 同時代に『ガロ』で活躍していた蛭子能収が解説を寄せているが、川崎ゆきおから「解説が書きやすいように」と実家住まいの日常をこまごまと書き記した手紙が送られてきたという、律儀な人柄がしのばれるエピソードが面白い。 装幀、湯村輝彦。 ------------------------------ 『自分の部屋がなくて、もちろんアトリエもないし、机さえない所で漫画を描いているのでアパートを借りたい。では、どうやって描いているのかと云うと、ひざの上にイラストボードや製図板をのせて、そり身になりながらバランスをとって描いている』 ガーン、どおりで絵がヨレヨレしている筈だ。あれは金持ちには描けない線だったんだ。すごい貧乏だ!! (「川崎さんの日常生活」解説・蛭子能収 より) ------------------------------ ◎Contents 貧環蝕 猟奇の果 猟奇王月夜の暴走 大阪猟奇戦争ロマンの日は遠く 猟奇ケ原 二廃人 悪いやつほどよく走る 解説:川崎さんの日常生活(蛭子能収) ソフトカバー ダストカバー □publisher:青林堂 □date of issue:1982年 初版 □size:20x15cm □page:172 □condition:経年なり・普通 カバースレ汚れ  小口点茶シミ 三方薄ヤケ » 絵本・ピクチャーブック https://narda.thebase.in/categories/1326659
    2,000円
    bookstore ナルダ
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

「bookstore ナルダ」について

bookstore [ narda ](ナルダ)は、古本と、古い雑貨、そして時々新しい本を扱うオンラインストアです。少しずつ商品を増やして、皆様のお越しをお待ちしています。 https://narda.thebase.in/

    • 獣臭をまとい立夏の檻洗う 岩波俳句 佳作(池田澄子選)『世界』8月号掲載

      • 花板の広島なまり穴子鮨 NHK俳句 佳作(兼題:穴子・木暮陶句郎選)7月号掲載

        • 五月闇ひそと仕掛ける殺鼠剤 令和俳壇 推薦(五十嵐秀彦選)角川俳句6月号掲載

        • 固定された記事

        「bookstore ナルダ」について

        • 獣臭をまとい立夏の檻洗う 岩波俳句 佳作(池田澄子選)『世界』8月号掲載

        • 花板の広島なまり穴子鮨 NHK俳句 佳作(兼題:穴子・木暮陶句郎選)7月号掲載

        • 五月闇ひそと仕掛ける殺鼠剤 令和俳壇 推薦(五十嵐秀彦選)角川俳句6月号掲載

        マガジン

        • 俳句 note
          185本
        • Bookstore ナルダ
          2本
        • 写真俳句 ― photo x haiku
          19本
        • ご近所の日々 – Photowalking ほか
          128本
        • 懐中小話 – 140文字の幻想奇譚 Kaichushowa
          12本
        • アリと、私と、鈴子さん – 小説
          1本

        記事

          プシュケーのはじけて消ゆる石鹸玉 巫女ひそと囁きかわす幣辛夷 NHK俳句 佳作(兼題:石鹸玉・堀田季何選、兼題:辛夷・高野ムツオ選)6月号掲載

          プシュケーのはじけて消ゆる石鹸玉 巫女ひそと囁きかわす幣辛夷 NHK俳句 佳作(兼題:石鹸玉・堀田季何選、兼題:辛夷・高野ムツオ選)6月号掲載

          春愁のひとを演じる猿の芸 岩波俳句 佳作(池田澄子選)『世界』6月号掲載

          春愁のひとを演じる猿の芸 岩波俳句 佳作(池田澄子選)『世界』6月号掲載

          もてなしの鶏を絞めたり薬喰 令和俳壇 佳作(櫂未知子/五十嵐秀彦選)角川俳句5月号掲載

          もてなしの鶏を絞めたり薬喰 令和俳壇 佳作(櫂未知子/五十嵐秀彦選)角川俳句5月号掲載

          蛙の夜ねむりぐすりの白さかな 蓬摘む産土神にひざまづき NHK俳句 佳作(兼題:蛙・夏井いつき選、兼題:蓬・山田佳乃選)5月号掲載

          蛙の夜ねむりぐすりの白さかな 蓬摘む産土神にひざまづき NHK俳句 佳作(兼題:蛙・夏井いつき選、兼題:蓬・山田佳乃選)5月号掲載

          甘噛みに上手下手ある仔猫かな 令和俳壇 推薦(櫂未知子選)角川俳句4月号掲載

          甘噛みに上手下手ある仔猫かな 令和俳壇 推薦(櫂未知子選)角川俳句4月号掲載

          百畳の凧百人の力瘤 令和俳壇 秀逸(成田一子選)角川俳句4月号掲載

          百畳の凧百人の力瘤 令和俳壇 秀逸(成田一子選)角川俳句4月号掲載

          本心の黒々とある椿の実 令和俳壇 推薦(成田一子選)角川俳句3月号掲載

          本心の黒々とある椿の実 令和俳壇 推薦(成田一子選)角川俳句3月号掲載

          少年老いぬ流星群を待ちわびて 令和俳壇 佳作(五十嵐秀彦選)角川俳句3月号掲載

          少年老いぬ流星群を待ちわびて 令和俳壇 佳作(五十嵐秀彦選)角川俳句3月号掲載

          管球の秋意灯せるジャズ喫茶 令和俳壇 推薦(五十嵐秀彦選)角川俳句2月号掲載

          管球の秋意灯せるジャズ喫茶 令和俳壇 推薦(五十嵐秀彦選)角川俳句2月号掲載

          おでん酒さびしき尻の並びおり NHK俳句 佳作(兼題:おでん・夏井いつき選)2月号掲載

          おでん酒さびしき尻の並びおり NHK俳句 佳作(兼題:おでん・夏井いつき選)2月号掲載

          あけましておめでとうございます。

          2024年も、よろしくお願いいたします。 発送に少し遅れが生じるかもしれませんが、 お正月中もご注文を承っております。 皆さまにとって、よい一年でありますように。 bookstore ナルダ https://narda.thebase.in/

          あけましておめでとうございます。

          今年も、のこりわずかとなりましたね。 2024年が、よい年でありますように。

          今年も、のこりわずかとなりましたね。 2024年が、よい年でありますように。