見出し画像

正しい人に、優しい世界へ。

株式会社Gns

こんにちは!株式会社Gnsの飯塚です。
WebサービスやWebサイトとかを作ってる会社です。

この度、遅刻防止サービス『Maniauu(マニアウー)』を作りました。
そう、名前の由来は予定に”間に合う”です。

このnoteでは「なぜこんなサービスを作ったのか、どうして遅刻はなくならないのか、この先どんなことを目指しているのか」的なことをつらつらと書きたいと思います。


※保険を掛けます 〜始まり〜※

なんでこんな記事を書くのかというと、サービスを知ってもらいというのと、noteを書いてみたかったというのが8割です。

あとの2割は、サービスがちょっぴりムカつくコンセプトなため、少し補足だけしたいなという下心です。笑

というわけで、ポジショントークと保身満載で、思っていることを書こうと思います。
では、いきましょう!

※保険を掛けます 〜終わり〜※

1. はじめに

まずは制作したWebアプリの紹介したいと思います。

アプリ名は『Maniauu(マニアウー)』です、全国の遅刻しちゃう系の人に向けて配信中です。

※2022年7月31日をもってManiauuのサービスは終了いたしました。

画像1

どんなアプリか一言でいうと「遅刻したら課金されてしまうアプリ」です。罰金を思い浮かべますよね。

マニアウーは、「遅刻によって失ってしまうもの」をテーマに、遅刻をしてしまう人、される人の両者をターゲットにしてます。

要するに、少々強引な、邪道でニッチなサービスです。

使い方はシンプル、待ち合わせ場所、日時、遅刻したら課金される金額を設定して、予定を作成。

待ち合わせ場所に着いたら、間に合ったボタンをタップするだけです。
※万が一、遅刻した場合は設定金額が自動課金となり、弊社の収益となります。

もっと詳しく知りたい方は、ぜひ上記のリンクから使ってみてください。

2. なぜ遅刻をテーマにしたのか

皆さん、いきなりですが『遅刻』したことありますか?

わたしは数え切れないほどあります。
おそらくですが、皆さんも、何度も経験があるのではないでしょうか。

余裕をもった方が良いのに、相手を待たせるのは良くないのに、仕事でもプライベートでも気付くとなぜかギリギリになってしまいますよね。

遅刻は、した側はもちろん、された側の時間も奪ってしまいます。(テンションだって下がりますよね)

よくよく考えると遅刻って、された相手からするとかなりの理不尽です。笑
問答無用で奪われる、普通に生活していたら他に類をみないほどの理不尽。

では、様々な”不”が改善されている現代において、なぜ「遅刻」はなくならないのでしょうか。

その理由は3つあると思います。

①間に合うことを妨害する要因が多すぎる。
②遅刻が珍しいことでない。
③遅刻によって失っているものの実感が少ない。

まず、妨害要因が多すぎるって問題です。

駅前できた新しいスイーツショップは見ちゃうし、電車が遅延したりする、信号だって言うことを聞いてくれません。
迷路かのような道もあるし、雨が降っていつもより歩くスピードがゆっくりになるかもしれない。

「間に合う」ためには、これらの困難を全てくぐり抜ける必要があります。

周りの誘惑に打ち勝ち、予め行き先までのルートを調べ、いくつものパターンの移動手段を想定し、時間に余裕を持って行動する。
暑い日も寒い日も、疲れている時も、恋人と別れてしまった次の日も。

そんなスーパーしっかり者になって初めて、遅刻をしないという結果を得られるのです。

これらをやろうと思ってできる人は、これ以上読む必要はないです。ただ一言言わせてください、尊敬してます。

さて次に、遅刻って珍しくないよねって話です。

僕が友人と約束したりすると、5人中3人は遅れて来ますし、ハチ公前を通ると流行語かってくらいに「ごめーん!」が聞こえてきます。

待たされた側は文句の1つも言いたいはずですが、よくあることを指摘すると、細かい面倒くさい奴だと思われそうで、なかなか言えません。
広い心を持ってるかのように、引きつった笑顔で手を上げるのがやっとです。

あまり強く言われないもんだから、次も遅れちゃったりします。優しさが遅刻を野放しにしているんですね。

重要な商談なんかは別です。
遅刻なんてしたら、、、考えるだけで恐ろしいので、皆余裕をたっぷり持ちます。

許されない or 許される(気がする)は、自分の利害にダイレクトに響くので、いつも行動の中心にいるんですよね。

最後に、「遅刻による損失って実感があんまり湧かないよね」です。
これこそが、マニアウーが最も改善したいことです。

遅刻は、相手の時間を奪います。(繰り返しになるけどテンションだって下がります)
時間って目には見えないものだし、やっと到着したという小さな達成感がある状態では、意識し辛いのですが、確実に損失です。

待たされる側にとっては、はっきりと大きなダメージです。雨の中待たされたりなんてしたらさらに。嬉しい人はいないでしょう。

また、当然、自分の時間も信用も失います。

「お前にとって俺は大した客じゃないんだろ、もういいさ。」
「有村架純との待ち合わせなら、絶対に遅れないのに。私との待ち合わせでは遅れるのね。もういいわ。」
と思われるでしょう。

悲しいですよね。

では、どうしたら遅刻による損失を減らすことができるでしょうか。

まずは、遅刻=損失であると本人が認識することです。
ふとすると忘れてしますので、見える損失だったらいいですね。

3. なぜマニアウーを作ったのか

はい、というわけで、遅刻による損失を1番分かりやすく、はっきりと見える、嫌なものに置き換えてみました。

「お金」です。

「遅刻した奴、全員にラーメン奢りな!」的なノリです。

やったことある方も多いかと思いますが、こういった軽いノリでも遅刻はかなり減ります。
普段絶対遅刻する人も、涼しい顔で現れたりします笑

非常にシンプルな理由ですが、目に見える損失は自然と回避するのが、人間です。

誰でも、ギャグのような軽いノリで、サクッと使えて、遅刻を回避できる。
遅刻防止アプリ『マニアウー』を作りました。

また実は、、、影響を受けたサービスがあります。
株式会社Mezameeさんの寝坊防止サービス『メザミー』です。

CEOの岡崎さん(@okazakithe)の発信がめちゃ面白いです。
また、サービスのコンセプトも非常に面白く、プレスリリースを見た際に、
「これ、遅刻防止にも使える」とマニアウーの構想に至りました。

遅刻も、寝坊も、昔からある不変な問題であり、大きな損失です。
にも関わらず、本人のメンタルや習慣に大きく依存する問題であること、前述したように珍しくないということから、解決法は自己啓発的な側面が強くなりがちです。

自己責任で終わりがちな問題に対し、できるだけカジュアルな方法で世に問いかけるサービスとして、共に盛り上げることができたら嬉しいです。

話が脱線しました。

ということで、
遅刻をしてしまう方は、遅刻による損失を見えるようにしてみませんか。
また、よく待たされる方は、対面で言い辛ければ、ノリで『マニアウー』を提案してみませんか。

結果のご報告を楽しみにしております。

(ご利用はこちらから→ https://app.maniauu.com/)

4. マニアウーのこれから

よくご意見をいただくことがあります。

「サービスについては分かったけど、課金された後のお金の流れが分からない」というご意見です。

前述したように、現在は課金されたお金は、マニアウーの運営費を含む、弊社の利益となります。

しかし、今後はお金の流れを変えようと思っています。

テーマは「間に合うだけで得をするサービス」です。

具体的には、遅刻したユーザーからの課金を、弊社が受け取るのではなく、間に合っているユーザーへお配りしたいと思っています。(プレゼント企画など、検討中です!)

マニアウーが目指すのは、『正しい人に優しい世界』です。

最小機能でリリースしたマニアウーですが、細かな改善も多数予定しています。
より使いやすいサービスになるよう、日々改善していきます。

ぜひ、楽しんで使っていただけると嬉しいです。

5. さいごに(#あの日の遅刻

『間に合う』には、「遅れずに到着する」というだけでなく、「役に立つ」「十分である」という意味もあります。

皆さまの充実した日々を過ごしてもらいたい、という気持ちが込められています。

弊社の発信を通して、遅刻について、さらには『相手への想いやり』について、改めて考えてくれる方が増えたら、とても嬉しいです。

そしてもし、マニアウーを使っていただいた際には、忖度のなきご意見をいただけると嬉しいです。爆速で改善します。

さいごに、皆さんの遅刻エピソードがありましたら、 #あの日の遅刻 で教えていただきたいです。

ハッピーな思い出でも、アンハッピーな思い出でも、過去は笑い話で終わらせて、ハッピーな日々を過ごしましょう。

では!


------------------ 法人の方へ ------------------

弊社では、HPやLPはもちろん、Web開発などの受託案件も承っております。
(マニアウーに関するご連絡も絶賛募集中です!)

お困りのことがありましたら、ご相談からで構いません。
お気軽にご連絡いただけますと幸いです。

↓↓↓

【お問い合わせ先】
株式会社Gns
代表者:渡邊 高行
URL:https://gns-japan.com/
事業内容:Web制作、ITコンサル、遅刻防止サービスの提供
電話:03-6822-3327(受付時間:平日9:00〜18:00)
メール:info@gns-japan.com
LINE:https://lin.ee/9Vuc0Xd

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!