見出し画像

三輪書店「地域リハビリテーション」に寄稿しました

これは残しておかなくちゃと、
遅ればせながら、、ですが、

三輪書店さんが発行している
「地域リハビリテーション」という
専門誌から依頼をいただき、

僕たちが取り組んでいる
企業の障がい者雇用と福祉施設を
繋げる新しい働き方
「ユニリク(ユニバーサル・リクルーティング)」について、

4000字ほどの原稿を
寄稿させていただく機会を
頂戴しました。

ーーーーーーーーーー

【『地域リハビリテーション』とは?】

編集担当さんのメールにあった紹介では、

小誌「地域リハ」誌は
地域リハに関わる職種の方々に
実践的なノウハウ,知識,
情報を提供し,

救命救急から在宅まで,
機能回復、訓練という
理解にとどまらない
全人間的復権を目指した 地域リハビリの啓発雑誌として,
2006年4月に創刊された雑誌です。

ーーーーーーーーーー

4000字が、
もっとさらりと書けるようになれば、
もう少し厚みも出るかしら。。。

それでも、僕たちが、
福祉の現場や企業雇用の現場の
ネガティブをポジティブに変えるため、

そして、何よりも
働く障がいのある人たちの
働き方や収入、職場環境、人生を

もっと未来を見通せるものに
チェンジしていくために
必死に考え出した「ユニリク」モデルを

専門分野の皆さまに、
広く伝えることができる機会は
とても、ありがたいこと。

コロナ自粛期間に書いたものだから、
図書館レストランも寿司店も
登場してしまうけど、、、

それもまた、一つの発信です(笑)

三輪書店さん。
遅ればせながらですが、
ありがとうございました。

#三輪書店
#地域リハビリテーション
#専門誌
#業界誌
#ユニリク
#ユニバーサルリクルーティング
#障がい者雇用
#障がい者就労
#就労支援
#望まない離職を防ぐ
#障がい者が地域のヒーローに

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、【障がい者福祉】では【伝統工芸、都市農業、空き家問題など】の新しい協働を。まちづくり、教育など、人口減少時代の課題解決に取り組んでいる。

1
NPO法人チュラキューブ/株式会社GIVE&GIFT。「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、縮小社会を生き残るため、さまざまな産業の小さな経済づくりを仕掛けている。 http://chura-cube.com http://give-and-gift.jp

こちらでもピックアップされています

障がい者福祉施設「GIVE&GIFT」の挑戦
障がい者福祉施設「GIVE&GIFT」の挑戦
  • 120本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。