見出し画像

ガールズバーのイベントでコスパの良いシャンパンの入れ方

シャンパン入れたのに全然女の子に好かれない!とか、シャンパン入れるならちゃんと払ったお金分の恩恵がほしい!とお悩みの方向け。

これを読むと無駄金を使わなくて済むようになります。

大部分は無料で読めますが、確信部分だけ有料としています。興味ある方だけ見てください。


さて、ガールズバーやキャバクラなど女の子がいるお店で飲んでいると、イベント事に呼ばれます。

・バースデー
・ラスト
・周年 など

イベント時はお店も女の子も気合を入れて意気込んでおり、店内は普段より盛り上がった雰囲気になります。

これをお客さんとして普通に楽しめている方はそのままで問題ないのでここを読む必要はないでしょう。

実は、僕はこのイベント事があまり好きではありません。

何故なら、受けられるサービスと支払う料金が適正では無くなるから

具体的には、イベントなので基本シャンパン代が加算されて、支払う料金は普段の2倍〜3倍になります。

それに対して、イベントの混雑により女の子はつかない、丁寧な接客は受けられない、うるさい、狭い、アフター出来ないと、受けられるサービスレベルは低下します。

イベントはあくまでもお店や女の子が得をするイベントなので、その分お客さん側は損をします。

お気に入りの女の子がいる人にとっては、2万も3万も払ったのにその女の子と10分しか話せないみたいな感じですね。

もちろんお祝いごとなので、そういうものだと割り切って飲める方は大丈夫です。

ただ僕のように「イベントごとは微妙だな」と感じている人もいると思います。

あんまりイベントには行きたくないけど、出来れば顔を出して祝ってあげたいという人。

どういう飲み方をするのが一番効率がいいかの提案です。

参考にどうぞ。

イベントはコスパが悪い

先に、僕がイベントを苦手としている理由を詳しく説明します。

これに共感する人は、読み進めて頂ければと思います。

逆に「そんなの全然気にしないよー」という紳士はこの記事は読まなくて大丈夫。

さて、僕がガールズバーのイベントがあまり得意ではない理由は「コスパが悪い」からです。

支払う対価(お金)に対して得られる恩恵が割に合わないということですね。

ガールズバーのコストとパフォーマンス

ガールズバーにおけるコストはお金です。わかりやすいですね。

割合は少ないですが、ガールズバーに使う時間や店に出向く労力もコストに含めてもいいです。

パフォーマンス(恩恵)は基本的にはお店で受けられるサービスのこと。

最低限としては、座って女性バーテンダーさんにお酒を作ってもらって楽しく飲めること。

これ以外のパフォーマンスについてはそれぞれのお店のコンセプトによって異なりますし、お客さんとしても求めるものが変わります。

ガールズバーのパフォーマンス=ガールズバーとしての最低限のサービスブラスα(あなたが求めるもの)。

ですので、コスパが良いか悪いかは人それぞれ感じ方が違います。

例えばガールズバー2セット滞在して適当に女の子にも飲ませて、会計が1万円としましょう。

お気に入りの女の子がいる人が飲みに行って、実際に推しの子とコミュニケーションをとって楽しめたとして、これが1万円分の恩恵として満足できたのでしたらコスパは十分。

たまたま推しの子が出勤してなかったり、出勤していても話せない状況だったりすると同じ1万円でも満足度が下がる。

コスパとはこういうことです。

何に価値を感じて満足するかは人によって違います。

賑やかにワイワイ飲むのが好きな人は、盛り上がって飲めたら満足ですし、もしイマイチ盛り上がりにかけたら不完全燃焼となり満足度低めになる。

要は内容は何でも良いです。

あなた自身が、イベントではない通常時のガールズバーにおいて「このくらいのコスト(料金)で、このくらいのパフォーマンス(サービス内容)なら満足できるな」という状況をイメージして下さい。

その上で、通常時とイベント時とを比較すると、イベント中はコスパが悪くなりますよという説明に進みます。

イベントでは無条件にコストが増える

バースデーでも店の周年でもなんでもそうですが、イベント中は基本的に支払う料金が高くなります。お店からすると「客単価が高くなる」ですね。

何故かと言うと店全体で「シャンパンうぇーい、テキーラうぇーい」ってやるからですね。

「いやいや、店がそう言う雰囲気でも煽られてシャンパン抜いたりしないよ」という意見は除外します。

そういう人は当記事の想定読者ではありません。

イベント中はかなりの割合のお客さんがシャンパンを入れて客単価があがってまして、そこに普通に安く飲むお客さんがいたらその人に対してはサービスを注力しづらいです。

もし女の子が足りなかったら、「シャンパンを入れない客よりも、シャンパンんを入れてお金を使ってくれるお客さんにつけるしかなくなる」のは理解できますよね。

「まぁ、普通に飲みに来てくれるのもありがたいけど、シャンパン入れずに普通に飲むなら出来ればイベントじゃない日に来てくれ」って店側は思います。

シャンパンを入れるお客さんだけで店内を埋めた方がいいに決まってますから。

つまり、イベント中に来客して普通に安く飲んじゃう人は、言い方悪いですが「ノリ悪い」「そんな金無いの?」と思われる可能性もあります

ガールズバーでブイブイ言わせたいのであればそういう立ち回りは許されません。

お気に入りの女の子のバースデーなら当然ですが、特にお気に入りでもないキャストのバースデーでも「まぁ仕方ねぇな。シャンパン1本(追加1万円)ぐらいいいよ。」ってノリ方が出来るくらい余裕がある人をこの記事の想定読者としてます。

そういう粋な飲み方が出来る人の方が店も良くしてくれるし、女の子に好かれるのも当然ですよね。

ということで「イベント中に行く=100%シャンパン入れされされる=無条件にコストが増える」です。

ちなみにイベント中の営業LINEで「シャンパン入れなくていいから!」「一瞬、顔出してくれるだけでいいから!」はウソですからね。

男性が言う「絶対なにもしないから!」「おねがい先っぽだけ!」と一緒です。

「イベント中に入店してしまう=100%シャンパン入れさせられる」です。

ということで、通常2セット1万円くらいだとしたら、イベント時に飲みに行くと2セットで2~3万円くらいにコストが増えます。半強制的に。

では、「ほぼ無理矢理シャンパン分の追加コストを払わされて、その分何かいいことあるの?」という話に続きます。

イベントでは追加コストに対するリターンが薄い

通常時には1万円程度で飲めたのが、イベントではシャンパンを入れさせられて2万円になります。この差額の1万円が追加コストです

つまり、追加で料金が上乗せになった分、それに見合ったリターンがあるかどうかです。

シャンパンが好きで自主的に飲みたくて入れる人は問題ありません。1万円払ってでも飲みたいお酒を飲むのであれば、そのお酒自体に払う価値があります。

ただ、イベントにおいては基本的にシャンパンが飲みたくて入れるわけではなく、イベントだからという理由でシャンパンを入れます(追加コストを支払います)。

基本的にわざわざ1万円を払ってまでシャンパンが飲みたい人なんていません。酒屋で買ったら2000円とかの酒ですし。

このシャンパンという追加コストを支払う価値があるのかどうか?

まず、通常運営にてシャンパンを入れる場合に、追加コストに対しての恩恵は以下のようになります。

・店から優良顧客として評価アップ
・女の子から「シャンパンありがとう♡」となる
・人に喜んでもらえるのは嬉しい

というふうに、周りの基準が1万円の時にシャンパンという追加コスト(プラス1万)を払うと、「シャンパンを入れた人として何かしらの評価を得られる」という追加コスト分の恩恵があるんですね。

場合によってはお気に入りの子を口説く武器にもなるでしょう。

これがイベントになると、シャンパンを入れる行為が普通になってしまうわけです。シャンパンを入れても皆が入れてるから評価は横並び。

逆に、シャンパンを入れないで普通に飲む(追加コストを払わない)とマイナス評価になりえる

これが飲み屋のイベントです。

イベント期間中は、普通に飲む金額に追加でシャンパン代を払ったとしても特に何も見返りありません

更にイベントは基本的なサービスの質も下がる

追加コスト分のリターンが薄いという話に加えて、通常コスト(2セット1万円)に対する最低限のサービスの質も悪くなるのが僕がイベントを苦手とするところです。

・混んでいて店内が狭い
・うるさい
・手が回らずドリンクの提供など遅れる
・忙しくて女の子と話せない
・なのにシャンパンは入れされられる
・シャンパンをいれたのに女の子が酔い潰れて消える

と、デメリットはたくさんありますね。

まぁイベントはそんなもんなので、「こういうものだよね」とそれを楽しめる人はOK。

僕は「半強制的にシャンパンを入れさせて高い金を取っているにも関わらず、普段よりサービスレベル下げるとかどういう了見ですか?」と思ってしまうのでイベントは苦手なのです。

普段の2倍の額を売りあげたかったら、2倍の価値を提供するのが本来でしょうと。

サービスはいつも通りだけど、ただシャンパンを入れて2~3倍の料金支払ってくださいはビジネスでなく乞食行為です。

という、僕みたいなひねくれ者は最後に書くベストプラクティスがおすすめ。

シャンパンの本数や金額を競うは悪手

僕なりのベストプラクティスを紹介する前に、よくありがちな悪手を解説。

よりたくさんシャンパンを入れて、よりたくさんお金を使うことで目立とうとすることです。

皆がシャンパンを入れるなら、自分は2本3本と入れると周りと比べて「シャンパンをたくさん入れた人」として評価される。

こう思って、どんどんお金を使ってしまう人は多いですが、これはあまりおすすめできません。

「シャンパンを入れるのが普通なので、シャンパンを1本入れたとしても評価されない」と説明しました。

これの対策として、周りの人よりもたくさんシャンパンをいれるのであれば、その分評価されて恩恵(女の子からの好意など)が得られるというのは一理あります。

たしかにその通りではあるのですが、コスパが悪すぎます。

この作戦で勝てるのはかなりお金に余裕がある人です。具体的にはイベント期間中に店に来店したお客さんの中で一番お金を使えるような人だけ。

一日の売上が100万円であれば、そのうちあなたが50万円使っているみたいな状況を作れる場合だけです。圧倒的にNo1になれる人ということですね。

周りが2〜3万円使っている中で、5万〜10万円程度使ったところで対して印象に残りません。まぁ、全く意味がないことはありませんが、ガールズバーで1人で〜10万円くらい使う人は何人もいますので。

特に女の子は酔いで記憶も薄れてますので、「なんかいっぱいシャンパン入れてくれたよねー」くらいの感想です。

これがお客さんの中で圧倒的にナンバーワンのポジションをとれるのであれば、印象に残りやすいですし、後々も周りから「あの人がめっちゃシャンパン入れてた」と語り継がれます。そうなって初めてシャンパンを入れる意味があると言えます。

昔どっかのおばさんが発言した「2位じゃダメなんですか!」というやつです。ダメです。1位と2位以下は印象が全く違います。

有名な話ですが、日本で一番高い山は「富士山」と誰でも答えられますが、日本で二番目に高い山はほとんどの人が知らないよねということ。

つまり、シャンパンの金額や本数で自分をアピールしたいのであればそれなりに突き抜けたお金の使い方をしなければいけません。

で、そのくらいの金額を使えば確かに周りから飛び出して印象に残せますが、金額が釣り上がり過ぎてコスパが良くないよねということです。

それだったら、変に目立つのをやめてシャンパン1本だけ入れて普通にその他大勢として飲んだ方がマシな気がします。

イベントでコスパ良く飲む方法

では、僕なりにイベント期間中にどういう飲み方をするのが一番コスパがいいのかという話をします。

・シャンパンを1〜2本あける→印象に残らず無駄金
・シャンパンを大量にあける→印象に残せるが金かかりすぎ

この2つを解決する飲み方です。

やり方は2種類あるので、その都度自分に都合が良い方を使っていただけるといいかと思います。

とは言っても、これは周りの印象に残らないまま数万円〜10万円くらい支払って頑張っている人たちがいるなかで、自分だけこういう飲み方をするから通用する作戦です。

なので、プライベートでは仲が良い飲み友達などにもこのやり方は教えていません。自分だけしれっと周りと違う飲み方をして、結果的に「なるべくお金を使わずに、でも店や女の子からの好印象は残せる」という飲み方。

だから、基本的には誰にも言いたくないのが本音。他のお客さん・店・女の子にもバレたくないので。

しかしながら僕は酔っ払うと結構ベラベラと話してしまいますので、お酒一杯ごちそうしてくれたら話しちゃいますね。

今のところドリンク一杯分800円としますが、あまりたくさん飲むと酔いつぶれるのでたくさん奢ってくれる人がいたら、少しづつ値上げして飲みすぎないようにする予定です。あまり沢山の人に見られても困りますし。

では興味ある方は是非僕に一杯ごちそうしてください。

特に女の子の印象にも残らないシャンパン(数万円)を払う無駄がなくなりますよ。

コスパ良く飲む方法①

この続きをみるには

この続き: 2,700文字

ガールズバーのイベントでコスパの良いシャンパンの入れ方

クローラ@ガールズバー

800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ブログとnoteで記事を分けています。 ・blog:きっちりした説明や解説 こちら→http://bit.ly/31HDsJk ・note:思ったこと考えたことなどふんわりしたやつ 今後もどうぞご贔屓に。

3
ガールズバーが好きな人。 ブログでは言えない話をnoteでつづります。 主にガールズバーを楽しむ男性(同胞)に向けて書いています。 ガールズバーを100倍楽しみたい人はフォローしてくれると嬉しいです。 【blogはこちらをタップ→http://bit.ly/31HDsJk
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。