「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

損を排除して利益だけ追求出来るスキーム知りたい?

海外投資のGIA

みなさま、こんにちは!
Global Investment Academyの両角です。

先週のGIA通信にて告知した
【タイ不動産徹底攻略セミナー】

早速皆様から
大きな反響をいただき
すでに140名以上の方々から
お申し込みを頂戴しております!

現在セミナー当日に向けて
完成度の高い資料作りに加えて

当日参加者限定にて紹介する
特別な不動産投資物件の
アップデートに勤しんでいます^^

この暑い2022年の夏を締め括る
満足度の高いセミナーになるはずですので

是非ともご参加いただければ嬉しいです!
(あ、、自分でハードルをあげちゃった・・・汗)

えっ!実は微笑みの国じゃない!?
これまでのイメージが覆る調査結果

先週お伝えしたGGM通信の中で、
もしかすると間違った情報を
流してしまったかもしれません・・・汗

訂正する箇所は・・・

> 微笑みの国【タイ (Thailand) 】ですw

実は、先日SNSを通して
こんな記事を目にしました。

それがこちらです ↓

シンガポールのメディアである
Southeast Asia Stats は

『Gallup Global Emotions 2022』が実施した

「笑顔で人々を扱う東南アジアの国ランキング」

の結果を掲載。

なんと、Thailand (タイ) が
最下位になっているではあーりませんか!!!

しかも、
1位はインドネシアで
2位はカンボジアですって!?

この驚くべき調査結果に
『微笑みの国=タイ』について
それまで何の疑いも持たなかった私は・・・・

いかん!

自分の情報リテラシーが
いかに低いのかがバレてしまったではないか!汗

ただ、ですね・・・。

東南アジアのどの国も
渡航経験がある私の肌感覚として

この結果には
どうも違和感があるので

「????」

となりましたが、
少し調べてみると
意外なことがわかりました。

データ元である
『Gallup Global Emotions 2022』
の資料を直接覗きに行ったのですが、

そんなランキングなど
どこにも存在していません(苦笑

これがそのレポートです!

Gallup Global Emotions 2022 >

また、
ある海外のブログでも

当該レポートには
そうしたランキングの記載はなく
「偽物 (FAKE) 」という指摘がされてました。

真相のほどはわかりませんが・・・汗

こうした調査結果なりランキングは
作者の意図が多分に含まれている
いわゆる「プロパガンダ」的なものも多いので

見る場合には
そういう視点を忘れないことも
大切ですので覚えておきましょう!w

2大お得意様がいない今だからこそ
安値で仕入れられるチャンス!

さて、タイにおける
最新の不動産市況について
先に簡単に触れておきます。

首都・バンコクにおける
コンドミニアムのマーケットは

コロナ禍で大きく落ち込んだ状態から
今年に入って徐々に回復してきている段階にあります。

いくつかの
不動産大手デベロッパーは

2022年第一四半期において
新しいプロジェクトの建設を
首都近郊/郊外でスタートさせ、

パンデミックが発生する前の
レベルにまでは達していないものの

回復傾向を強めていることが
下のグラフからも見て取れます。

一方で、
CBD (Central Business District)、

いわゆるダウンタウン (中心部) では
まだ静かな動きが続いています。

というものの、
中心部のコンドミニアムは
否が応でも価格が高くなりがちで

自ずと購入者の多くが
タイ人富裕層や外国人投資家が中心です。

政府は第2四半期から
『Test & Go』という
観光客の受け入れを喚起する
試みをスタートさせましたが、

まだ彼らの戻りが
まだ本格的ではないため
価格帯の高い中心部での
新規開発を抑えつつ、

少し郊外のまだ安価で
タイ人でも購入出来るようなエリアで
プロジェクトを再開している傾向があります。

タイは観光立国としての有名で
パンデミックが発生する前の2019年には
外国人旅行客は4000万人に達していました。

特に中国とロシアという
タイとしては2大お得意様であった
国からの客足は未だほとんど戻っておらず、

この点は今後の不動産市況を
占う上でとても重要な要素です。

つまり、
本来あった需要が蒸発した、
あるいは戻っていない今だからこそ、

良い立地にある
魅力的な不動産を
比較的安値で購入出来る

「とても良いチャンスである!」

我々はそのようにマーケットをみています。

損を排除して利益だけ追求!?
理想的なスキームがあるって本当?

セミナーの中で
詳しくお話していきますが、

今回ご紹介する
「ある物件」については、

値下がりリスクを
排除した形でご購入が可能です。

「え、そんなのあり得ない!?」

はい、普通はそう思いますよね。。苦笑

普段そのような話は
何か特別な事情があるか
詐欺まがいのことが多いです苦笑

今回ご紹介するのは
当然詐欺まがいのお話は一切ありません!

(当たり前のことですみません・・・)

ただ、”ある条件下”において
《特別なオプション》を手にするだけです!

不動産を購入するにあたり
最も嫌なことは何でしょうか?

私の場合は、
自分が買った物件の価値が
将来的に大きく値下がりすることです!

もちろん将来のことは
誰にもわかりませんし、

いくら購入時に
色々なリスクを潰したとしても

将来的な値下がりリスクを
「ゼロ」にすることは出来ません。

でも・・・・・

今回ある物件については
「ゼロ」にすることが出来るのです!

もう少し具体的に説明してみますね。

購入後のある年数が経過した時点で
その不動産のオーナーであるあなたは
現金化したくて転売を決断したとします。

売却するタイミングでは
残念ながら買った金額よりも
売却価格が低かった場合、

普通であれば
物件価格が値下がった事で
実質損をすることになる訳ですが

もしも買った金額と同額で
当時物件を販売したデベロッパーが
買い戻してくれるとしたら安心ではないですか?

これを一般的には
【Buy-Back (買戻/買取) 】といいます。

一方、
先ほどとは環境が逆で、

もし買った時よりも
その時の売却価格が高かった場合は

普通に転売市場で売却して
キャピタルゲインを得られるとしたら?

つまり、
価格が下がるリスクは排除した上で
値上がる可能性だけ追求出来る、という訳です!

そんなことが
本当にあるかどうかは別として・・・

もし本当に存在していたら
あなたはそんな物件を買いたいと思いませんか?

「Mr. Greed(欲ばりな男)」
呼び名の高い私のことですから

喉から手が出るほど欲しいです!!w

「これはまさに理想的な投資スキーム!」

そう思われた方も
少なくなかったかもしれませんね^^

もちろんこの
『買戻特約 (買取保証) スキーム』
何もさほど珍しいことではなく、

国内/海外問わず
不動産販売をする際に
目にするスキームですし、

皆様の中でも一度や二度、
この言葉を聞いたこともあるでしょう。

ただそれらが付随した物件は
販売価格の中にすでにその買取を
見越した分が組み込まれていたり、
(本来の価値より高い価格になっている)

そうしたスキームをつけないと
売れないような悪い物件であるケースが多いなど

我々GIAでは
これまで当該スキームが付随した
物件については取り扱ってきませんでした。

また同時に、
投資家である皆様にも
警鐘を鳴らしてきましたことは
長い付き合いがある方はご存知かと思います。

しかし、そんな我々が
今回なぜご紹介することに???

先ほどお伝えしたように
このような理想的なスキームが提供出来るのも

ある《特別な事情》があって
ある《特別な条件下》においてのみ
適用されるのであって

セミナー中にご紹介する
全ての物件がそうではないことは
何卒ご了承ください。

ただ、いずれにしても
買うか買わないかは別にして

こんな話があるとすれば
聞いてみたいと思いませんか?

良い話は数多くは存在しない!
手にするかどうかはあなた次第!

セミナー開催にあたり、
一つお詫びというか
ご理解いただきたいことがあります。

今回は出来る限り
多くの方にタイ不動産投資の
魅力についてご理解いただけるよう、

通常のライブ配信に加えて
収録した動画の後日配信も
選択出来るようにさせていただいております。

8月の貴重な週末の午後。

例え2時間であったとしても
なかなか落ち着いた時間を
割けないことは重々承知しています。

ただし!

今回は単なる
学びを深めるためのセミナーではなく、

上で挙げたような
具体的な投資用不動産の紹介も含めて
お話をさせていただくものです。

これまでも
何かあるたびに伝えてきましたが、

魅力的な投資案件って
そんなに数多くはないんです。

特に金融商品などと違って
不動産という実物資産は

投資家から多くの買い需要があっても
急に供給数を増やすことは出来ません。

当たり前ですけど・・・ねw

今回も同じく、
我々が自信を持ってお勧め出来る
プロジェクトなりユニットは限りがあり

間違いなく先着順で
埋まっていくことでしょう。

このように書くと

「あ、何だよ。
 結局、煽ってるじゃん!」


何て声が聞こえてきそうですが、
事実なので素直にそう書かせていただきましたw

ですので、
もし参加を前向きに
検討されるのであれば

後日動画配信でのご視聴ではなく
8月28日当日のライブ配信にご参加ください!

※収録動画配信はセミナー終了後
1週間程度お時間いただきます

我々GIAが出来ることは
世界中から魅力的な投資情報を拾ってきて

それらをきちんと精査し
様々なリスクも潰した上で
それを開示しながら投資家の方へご紹介する。

そうした情報提供に加えて
購入出来る場を作ることは出来たとしても

最終的に買うか買わないかを
判断するのは皆様次第です。

まだまだ酷暑が続く2022年夏。

将来自らの安心を手に入れるために
愛する子供たちに大切な資産を残すために

我々が満を持して開催する
不動産セミナーにご参加されてみませんか?

その安心を手に入れる費用は・・・

『無料』です!ww


今回のGIA通信はいかがでしたか?
感想・ご意見などございましたら、こちらからお気軽にお寄せください。

メルマガのご感想はこちら >

以上、今回も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。
それでは、次回のアカデミー通信でまたお会いしましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
海外投資のGIA
「海外?投資?なんか難しそう…」と思ったあなた。 正しい「お金」「投資」「海外」の知識は、 誰もが身につけるべき「必須科目」です。 学ぶのは今からでも遅くありません。 さぁ、今日からあなたも、 海外投資の世界に踏み出しましょう✨ http://bit.ly/2w5lK7p