見出し画像

「Tokyo Green Finance Market(仮称)」の実現に向けて、有識者会議を開催しました!

2021年2月3日(水)、「Tokyo Green Finance Market(仮称)」の実現に向けて、有識者会議を開催しました。

東京都では、環境先進都市及び国際金融都市として、環境・金融面での課題解決に向けた様々な施策を展開しています。
昨今、気候変動は一層深刻化しており、脱炭素社会の構築など、持続可能な経済の実現に向けた具体的な取組、行動が世界的に益々求められています。
このような動きに対応していくためには、ESGに関する「資金」が国内外から東京に集まる環境を構築することが不可欠です。

そこで、今般、グリーンファイナンスのための市場として「Tokyo Green Finance Market(仮称)」(以下「TGFM」といいます。)の実現に向け検討を進めていくこととしました。
そのため、TGFMの実現に向けた有識者等による検討委員会を立ち上げることとし、下記のとおり、委員会の立上げに先立って準備会合を開催し、委員就任予定者の間で、意見交換を行いました。


1 開催日時
令和3年2月3日(水曜日) 13時30分から14時30分まで

2 出席者(敬称略・五十音順)
〇有識者
石井 菜穂子 (東京大学 理事/未来ビジョン研究センター 教授/グローバル・コモンズ・センター ダイレクター)
清田 瞭 (株式会社日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO)
笹田 珠生 (BofA証券株式会社 代表取締役社長)
佐藤 康博 (株式会社みずほフィナンシャルグループ 取締役会長)
鈴木 茂晴 (日本証券業協会 会長/株式会社大和証券グループ本社 名誉顧問)
橘・フクシマ・咲江 (G&S Global Advisors 代表取締役社長) 
水口 剛 (高崎経済大学 教授・副学長)
山岡 浩巳 (フューチャー株式会社 取締役/「『国際金融都市・東京』構想に関する有識者懇談会」メンバー)
吉高 まり (三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 経営企画部副部長 プリンシパル・サステナビリティ・ストラテジスト/慶應義塾大学大学院非常勤講師)

〇東京都
小池知事(冒頭挨拶のみ)
武市副知事
宮坂副知事

3 テーマ
TGFMの実現について(必要性、今後の進め方など)

有識者からは、「グリーンファイナンスの分野は欧州が先導している」「グリーンファイナンスやESG投資は今後の資本市場の柱になる」「1,900兆円という個人金融資産の存在や発行体の潜在的な規模、グリーン分野での企業の高い技術力などが東京の強み」「英語対応、税制、発信力などが東京の課題」「システム転換に向けての動きを東京がけん引していくことに期待」などの意見がありました。

東京都としても、これらの意見を踏まえてTGFMの実現に向けてアクセルを踏んでいきます。

9
東京都戦略政策情報推進本部国際金融都市担当の公式アカウントです。東京を世界に冠たる国際金融都市とするための、様々な取組に関する情報をお伝えしていきます。