見出し画像

満を持して、Snow Manがデビューする

中島健人に憧れて、銀髪にした。のだけど今回は違うジャニーズについて語りたい。

ジャニーズJr.のグループである、「Snow Man」だ。

メンバーは9人。ジャニーズにしては割と大所帯ではあるが、個々のキャラクターが立っていて陰が薄いメンバーがいないのも魅力だ(と僕は思っている)。グループの雰囲気については、YouTubeチャンネルで感じられるので、ぜひそちらも見てほしい。

8/8のジャニーズJr.のライブで、彼らが2020年にCDデビューすると発表された。それが、もうファンとしては感慨深い、海より深い、なんなら書いてて泣きそうなレベルで込み上げるものがある。それを書かせてほしい。デザインのこと最近書いてなくてフォロワーさんには本当に申し訳ない。

Snow Man、苦汁なめがち

Snow Manは深澤辰哉、佐久間大介、渡辺翔太、宮舘涼太、岩本照、阿部亮平の6人のグループだった。アクロバットを武器に実力派と言われ、Jr.内でも評価されていたが、お世辞にも恵まれてはいなかった。

メンバーの最年長の深澤辰哉は27歳。単純な年齢だけを見ると、Hey!Say!JUMPやKis-My-Ft2と重なる。実際、伊野尾慧らとグループを組んでいたこともある。この2グループのデビューは、それぞれ2007年と2011年。そこから10年近く、Snow Manにデビューの話はなかった。その間に、Sexy ZoneやKing & Princeなどの後輩がデビューしていく。CDデビューがゴールとも思わないけれど、メンバーは想像を絶するくらいの苦しさだったんじゃなかろうか。アイドルとして人前に立ってこその仕事だから、おおっぴらに不満を吐き出すこともできず、笑顔でい続けるしかない。

中島健人のソロコンサートで、バックダンサーをSnow Manが務めている。中島健人がジャニーズに入所して、最初にダンスをレクチャーしたのがSnow Manの宮舘涼太らしい。僕の人生では味わうことのない、複雑な感情だと思う。それでもこのソロコンサートでは、Snow Manメンバーから中島健人への愛と、中島健人からSnow Manへのリスペクトをどちらも感じられる。僕らにはキラキラした部分をしっかり届けてくれる、プロだ。

本人たちも「デビューしたい」と声に出して、がむしゃらにもがいてみてはいるものの、どうすべきか分からないこともあったのではなかろうか。

3人の加入

環境は徐々に好転する。Jr.でのYouTubeチャンネル開設や、滝沢歌舞伎の座長就任。オリジナル曲も増えてきた。着実にSnow Manという1つのグループとして活動の場を広げる。

そして、向井康二、目黒蓮、ラウールの3人が加入する。突然の発表に賛否はあった(最初は僕も素直には喜べなかった)。けれどこの3人が良い風をSnow Manに吹き込んでくれた。実際、YouTubeを見ると、6人のときより9人になってからの方が全員楽しそう。

この3人も苦労したと思う。6人が作った地盤に土足で入ってくるような感覚になるファンも多かったと思うし、その中で活動するのは大きなプレッシャーだったろう。心無いツイートもいくつも見たことがある。

関西ジャニーズJr.の中心的な人物だったのにも関わらず、大阪から離れ東京に来てくれた向井康二。

兼任という形でどう考えても大変だろうに、Snow Manにも力を注いでくれた目黒蓮。

16歳と若くとも、必死に馴染もうとしてくれているラウール。

今では違和感もないし、この3人がいてくれたおかげでよりSnow Manの魅力に磨きがかかった。9人でのSnow Manがベストである、と感じられるようになった。

Snow Manとしてデビューしたかった6人。それぞれ覚悟を持って加入してくれた3人。この9人がついにデビューする。ファンとしてこんなに嬉しいことはない。

そして幕が上がる

デビュー発表後にJr.全員で嵐の「Love so sweet」を歌っていたのだけど、あれはせこい。彼らの歌う、「明けない夜はないよ 信じることがすべて」はエモい。

8/8は、8の数字が雪だるまに見えることから、Snow Manとファンの間で大事な日だったりする。その日にデビュー発表なのだから(ちょっと期待してたはいえ)歓喜乱舞なのである。彼らのオリジナル曲にある一説で「季節外れの雪を降らす」なんてあるけれど、まさにこの真夏の暑さを吹き飛ばす最高のニュースなわけだ。

Show Must Go On

ショウは続けなくてはならない。これから舞台は大きくなるけれど、Snow Manはもっともっと活躍してくれる。

1ファンの僕が願うことは1つだけ。チケット当たれ。なんでもする。

ぜひ、みんなSnow Man見てくれ!

#人生を変えた出会い

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!とってもモチベがアゲアゲです。
6
2019年の目標は「中島健人の足元には及ぶ」です、セクシーに生きる / 教育ベンチャーtyottoのCDO / 好きな色は縹色(#2792c3)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。