見出し画像

未来出版研究が考える『書店連盟』(3/3)「売れている本はいらない」

(3)書店を人が集う場所に

○I(版元代表)
昔は「書店」「取次」「出版社」の三位一体と言われていました。作る人、流通する人、売る人が力を合わせてやりましょうということだった。でも、今はありませんよね。取次も物流業者みたいで売上があがらないと嘆く時代にですから。直取引の世界になりつつあることを考えれば、新しい仕組みを考える必要があるでしょう。
もう一つ強大なのは、Amazonです。リアル書店に対する強大な敵といえます。うちの本でも、広告を打つと需要があるのはAmazonです。うちは、Amazonは直接やっていないから日販経由ですけどね。

この続きをみるには

この続き: 1,905文字

未来出版研究が考える『書店連盟』(3/3)「売れている本はいらない」

未来出版研究会

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。一緒に、本の魅力を考えていきましょう!
我々は出版の未来について考える会です。書店主、編集者、印刷会社の営業から、民族学者、経営者まで出版業界の垣根を越えて人が集い、毎月活動しています。一緒に語り合い、読書の魅力などを発信してきませんか? コンタクト:future.publishparty@gmail.com