見出し画像

【関東参入戦】敗れた栃木は来季も県リーグへ 岸本武志GM「スタートがうまくできなかったことが、失敗」

[2.23 関東参入戦 栃木シティ 5-5 PK5-6 フェニックス横浜 春日部]
 今シーズン途中、FPボラを獲得したことで大きな話題となった栃木シティFC。日本理化社をメインスポンサーとする彼らは、名古屋オーシャンズに次ぐ、新たなプロフットサルチームの誕生として注目を集めた。

 ボラの加入後も栃木には、FP稲田祐介、同GK遠藤晃夫、FP酒井ラファエル良男といった元フットサル日本代表の面々、さらにFPダニエル・サカイ、FP篠崎隆樹、FP漆原玲といった選手たちも次々と獲得し、試合で起用していった。

 選手たちは試合前日、もしくは試合当日に集まり、ぶっつけ本番で挑む状況が続いたが、それでも最短でFリーグへ昇格するために結果を出すことが求められていた。しかし、関東リーグ参入戦2回戦で、フェニックス横浜に一度は3点のリードをつけられる。そして、PK戦の末にチームは敗れてしまった。

 Fリーグへの飛び級での参戦も噂されて栃木シティだが、彼らは来季も栃木県リーグを戦うこととなっている(※勝っていても、Fリーグ参戦という事実はなかった)。チームの強化責任者であるGMを務めている元フットサル日本代表FP岸本武志は、「結果だけを言葉でいうと『ありえない状況』としか言えません」と、口にした。

 将来性のあるクラブとはいえ、来季、関東2部リーグを戦うクラブと、栃木県リーグを戦うクラブでは、有力選手獲得の可能性は大きく異なってくる。

 敗戦直後で不確定な要素も大きいなか、岸本GMが自身の考えを展開した。

以下、試合後の岸本武志GMのコメント

続きをみるには

残り 1,528字

¥ 300

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

FutsalXでは、引き続き、国内各地での取材や日本代表戦の海外取材なども続けていきたいと思っています。今後、事業を継続、さらに拡大していくうえでは、資金が不可欠です。いただいたサポートは、取材経費や新たなコンテンツ作りなどに使用させていただきます。ぜひ、ご支援ください。