見出し画像

左利きの人がカリグラフィーを書く方法

洋の東西を問わず、文字の書き方は基本的に右利き用にできています。これは一説には全人類の9割近くが右利きであるという事によるものですが、少数派とはいえ当然ながら左利きの人がいます。彼らだってカリグラフィーに興味を持ったりすることはあるでしょう。ですが、筆や鉛筆などと違い、カリグラフィーはペンからして右利き用に作られており、そのままではかなり書きづらくなっています。

しかしご安心ください。人間には創意工夫をする頭脳というものが備わっており、左利きの人がカリグラフィーをする方法ももちろん存在します。以下『カリグラフィー教室』(グラフィック社)という書籍から引用します。この本の著者の一人、ゲイナー・ゴフ Gaynor Goffe は左利きで有名な英国の女性カリグラファーです。

左利き用のニブ(ペン先)

とりあえず、左利き用のニブを用意しましょう。左利き用は図のようにペン先がやや右上がりになっています。スピードボール、ブラウゼ、ミッチェルが左利き用を用意しています。

画像1

アンダーアームポジション

まずはこの方法。通常文字の右側に置く手を、文字の下側に持ってきます。写真では手首の所で切れてるので判りませんが、結構手首を左に曲げており、なかなかシンドイと思われます。通常は身体の正面で書くよう紙を置きますが、これは正面よりやや左にずらした方が書きやすいと思います。

画像2

フックポジション

文字の上側から、何かを抱えるように腕と手首を曲げて強引にペンを文字の右側に持ってくる方法です。これまたなかなかツラいものがあるかと思います。紙をやや右上がりに斜めにした方が書きやすいでしょう。

画像3

ヴァーティカルポジション

紙を90度右へ回して垂直(vertical)にし、ストロークを右→左、下→上にする方法です。この場合、ニブは通常タイプの方がいいでしょう。一応書き順的には右利きと同じになりますが、当然ながら出来上がりは90度回転した形になるので、仕上がり具合の確認がちょっとめんどくさいです。

ただでさえ訓練を要するカリグラフィーなのに、左利きの人はハンディキャップが大きいですが、これでなんとか楽しんでいただければと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

カフェラテおごってください。

2
フリーランスのグラフィック・Webデザイナー、Webデベロッパー、カリグラファー。欧文フォント好き。趣味はアイリッシュフィドル、レザークラフト、靴磨き。沖縄在住。 https://feoh.design/

こちらでもピックアップされています

カリグラフィー
カリグラフィー
  • 11本

自分の書いた記事の中で、カリグラフィーに関するものをまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。