見出し画像

島×親子の動画を撮りたい話

島×親子の動画

こんにちは。

今回も何か新たに初めてみようと思います。

親子の動画を撮りたいなと思っています。

限定3組まで無料で動画の撮影にご協力頂ける方を探しております。

何気ないふれあいの時間を記録したい

なぜ始めようと思ったか。

現代では、みんながスマホを持って簡単に撮影する事が出来ます。
日常の何気ない瞬間も記録して、ランチタイムでも、移動中でも、いつでもお子さんの様子を見ることが出来ます。

本当にいい時代になったと思います

一方で、お父さん・お母さんも一緒に写るという事はまれになったのではないでしょうか。
※親子で取り合う事もあると思いますが。

カメラで撮影するのに必死で、カメラ越しにしか、子供の表情を見ていなかったりする事が、都会の観光地では、しばしば見られました。昔の運動会もそうだったかも。
「なんとなく悲しいな」「ひとこと言ってくれたら、撮りますよ」と、勝手にお節介に思っていました。

リアルタイムのコミュニケーション何気ない日常の瞬間って、とても大切だなと感じています。

そんな親子の時間を記録するお手伝いをしたいと思い今回筆をとりました。

もちろん、お子さんを撮影してるとハプニングがあったり、撮影を通して生まれるコミュニケーションも素敵だなと思っていますが、別のアングルもおもしろいのでは。と。

撮影プラン

どんな場面を撮影するのか。
基本的には、依頼者のご自由です。

例えば、
・親子で料理するところ撮影してほしい。
・公園で遊ぶから撮影してほしい。
・BBQするので撮影してほしい。
・DIYの様子を撮影してほしい。
・ランチ行くので撮影してほしい。

などなど。

その都度同行して、撮影させていただきます。

過去と将来

今は塾のスタッフをしていますが、昔は普通の会社員をしていました。
会社をやめて教育に踏み込もうと思ったのは、東京で母子家庭施設のボランティアを始めた事がきっかけでした。

DVや経済状況の悪化などの理由で入所される方が多くいらっしゃいました。
みんなそれぞれ違う家庭環境だけれど、お母さんがお子さんを愛されているのは感じ取れました。

それ以来、ずっと親子が私のテーマなんだなと改めて実感しています。

将来的には、よりいい映像が撮れるように、撮影機材の購入費用を得れるようになれればいいなと思っています。

是非ご協力お願い致します。

サンプル動画は、プライバシーの関係から、私のFacebookにて、友人にのみ公開しております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
4月より沖縄の離島久米島で地域おこし協力隊として、塾の講師をしています。 日系企業退社後、カンボジアでの学校建設やグローバルNGOで会計のお仕事をしていました。