見出し画像

下着窃盗の少年事件③ 再犯防止

弁護士 福地海斗

 本日も下着窃盗の少年事件について書いていきます。
 今回のテーマは再犯防止です。

1 再犯防止の重要性

 新たな被害を生まないために再犯防止が重要です。
 また、事件を繰り返すと、処分がより重くなっていきます。早期の更生のためにも再犯防止が重要です。

2 クリニックの利用

 性犯罪加害者を対象としたクリニックがあります。
 そのようなクリニックを利用することも大切です。
 クリニックを選ぶ際、以下の点を意識されると良いかと思います。

・担当者の方の話しやすさ
 話しやすい方でなければ十分なカウンセリングが期待できません。

・自宅からの通いやすさ
 通いやすくなければ、利用の継続が困難です。

・通勤や通学との両立が可能かどうか
 なお、一定の期間、クリニックの利用に集中されることも1つです。

3 監督者との対話

 監督者との対話も重要です。
 監督者とは同居の家族などです。
 事件の原因などについて話し合うことが大切です。
 もっとも、家族間では話しにくいこともあるかと思います。
 そのため、弁護士を交えての話し合いも1つです。

4 少年事件に関する他の記事はこちらからお読みください

5 ご不安な方はお問い合わせください

 ご不安な方はお問い合わせください。
 弊所では初回法律相談のみのご利用も可能です。
 お気軽にご相談ください。
 
 弁護士法人福地海斗法律事務所
 弁護士  福地 海斗(第二東京弁護士会所属)
 東京都中央区日本橋本町3丁目3番6号 ワカ末ビル7階
 電話:03-6202-7636