見出し画像

[読むローカル漫才/ご当地漫才] 送別会(当て書き:タカアンドトシ)

#オチの直前まで無料

#オチを予想してお楽しみください(5文字)

タカ:世の中にはね
トシ:はいはい
タカ:いろいろな「かい」というものがありますけれども
トシ:ありますね
タカ:そうなんですよ
トシ:あさりとか
タカ:あさり?
トシ:サザエとか
タカ:カツオとかね
トシ:カツオ?
タカ:波平とかね
トシ:漫画か!
タカ:漫画の話でしょ?
トシ:「貝」の話でしょ?
タカ:貝?
トシ:なんで急に漫画の話するんだよ
タカ:お前だろ急に漫画の話し出したの

トシ:俺!?
タカ:あさりちゃんとかサザエさんとか
トシ:僕が言ってんのは
タカ:何?
トシ:「貝」のほうのあさりとかサザエのことだから
タカ:魚介類のほうの「貝」ね
トシ:「貝」の話でしょ?
タカ:僕が言ってるのはそっちの「貝」じゃないですから
トシ:なんの「かい」のことですか?
タカ:忘年会とか
トシ:忘年会
タカ:新年会とか
トシ:歓迎会とか?
タカ:そうそう
トシ:そっちの「会」ね
タカ:世の中にはいろいろな「会」があるじゃないですか
トシ:ありますねぇ
タカ:僕が世界で一番好きな「会」は
トシ:世界で一番?
タカ:"そうべつかい"ですね
トシ:送別会?
タカ:そうです
トシ:送別会が世界で一番好きなんですか?
タカ:毎週開催したいくらい好きですからね
トシ:毎週は無理だろ
タカ:やる気と命さえあればできますから
トシ:大げさだよ
タカ:それくらい好きなんですよ
トシ:なんでそんなに送別会を開きたいんですか?
タカ:楽しいからですよ
トシ:楽しい?
タカ:あんな楽しい会は世の中にないでしょ
トシ:「楽しい」というより「切ない」でしょ
タカ:切ない?
トシ:涙流したりしてね
タカ:女子か!
トシ:何が⁉︎
タカ:"そうべつかい"で涙流すなんて女子だろ
トシ:なんでだよ
タカ:女子ですよねぇ?
トシ:送別会というのは切ないもんでしょうが
タカ:それは悪い"そうべつかい"だからでしょ?
トシ:「悪い送別会」ってなんだよ
タカ:だから切なくて泣いちゃったんですよ
トシ:しかも「涙流すほど悪い」ってどういう状態?
タカ:飲み放題のメニューが甘酒のみとか
トシ:悪っ!って店が悪いだけだろそれ
タカ:甘酒だけ飲み放題なんて切なすぎて泣けてくるじゃないですか
トシ:送別会に「悪い」とかないですからね
タカ:あるでしょ
トシ:あります?
タカ:いい"そうべつかい"には条件がありますからね
トシ:条件?
タカ:そう
トシ:なんですか?
タカ:まずはリンゴですよ
トシ:リンゴ?
タカ:リンゴがない"そうべつかい"なんて
トシ:うん
タカ:最低な"そうべつかい"ですからね
トシ:「最低」は言いすぎだろ
タカ:それから場所ね
トシ:場所?
タカ:そうです
トシ:どこでやるのがいい送別会なんですか?
タカ:サンパレス
トシ:え?
タカ:あの有名なホテル「サンパレス」ですよ
トシ:あなたさっきからねぇ
タカ:なんですか?
トシ:「リンゴ」とか「サンパレス」とか言ってますけど
タカ:はい
トシ:送別会って
タカ:うん
トシ:壮瞥町民が集まる「会」のことじゃないですからね
タカ:え?違うんですか?壮瞥会でしょ?
トシ:おかしいでしょ
タカ:年に一度壮瞥町民全員がサンパレスに集まってリンゴを食べるという
トシ:あるんですか?そんな会が
タカ:分かんないけど
トシ:分かんねぇのかよ
タカ:
壮瞥町民ならやりかねないでしょ
トシ:「やりかねない」って…なんでちょっと壮瞥町民バカにしてんだよ
タカ:バカにはしてないですよ。羨ましいなぁと思って
トシ:っていうか
タカ:なんですか?
トシ:この話ローカルすぎない?
タカ:それが「ローカル漫才」ですからね
トシ:そうだけどあまりにもローカルすぎるでしょ
タカ:もしくは「ご当地漫才」ね
トシ:北海道民でも分からない方いるんじゃないですか?
タカ:壮瞥町民のみなさんは大喜びですけどね
トシ:お前ちょっと壮瞥町のことバカにしてただろ
タカ:してないですよ。壮瞥町というのは全国的にも有名なあの洞爺湖がある町ですからね
トシ:そうなんですよ。みなさんご存じですかね〜
タカ:知ってるんじゃないですか?
トシ:洞爺湖という湖ね
タカ:壮瞥町といえば
トシ:なんですか?
タカ:
リンゴが有名なんですよ
トシ:果樹園がたくさんありましてね〜
タカ:そしてサンパレス
トシ:「宇宙一の大浴場」ってね
タカ:そうそう
トシ:サンパレスのCMがよく流れてたんですよ
タカ:北海道民ならみんな知ってる
トシ:これは本当に道民はみんな知ってるCMなんですけどね
タカ:そんなサンパレスに
トシ:サンパレスに?
タカ:年に一度壮瞥町民全員が集まってリンゴを食べるというのがあの有名な壮瞥会なんですよ
トシ:まずそんな「会」が本当にあるのかどうかが疑わしいですけどね
タカ:あるんじゃないですか?
トシ:有名な"そうべつかい"はそっちじゃないんですよ
タカ:"そうべつかい"って他にもあるですか?
トシ:「他にも」っていうかね
タカ:なんですか?
トシ:普通は
タカ:普通は?
トシ:誰かが引っ越す時とかに開くお別れ会でしょ?「送別会」といえば
タカ:そんな「会」があるんですか?
トシ:知ってるでしょ?送別会
タカ:知らないです
トシ:参加したことだってあるだろうし
タカ:僕はそっちのマニアックなほうの送別会は参加したことないですねぇ
トシ:「マニアックなほう」じゃないわ。こっちがメジャーだから
タカ:そっちがメジャー?
トシ:その何?壮瞥町民が全員で集まる会?
タカ:壮瞥会ね
トシ:そっちのほうがマニアックですからね
タカ:「壮瞥町民マニアック」て失礼だろ
トシ:いや
タカ:お前こそ壮瞥町民をバカにしてるよ
トシ:「壮瞥町民マニアック」って言ってないだろ
タカ:今言ったでしょうが〜
トシ:そのみんなでサンパレスでリンゴを食べる壮瞥会がマニアックだって言ってんの
タカ:でもお前が「メジャーだ」と言い張ってる送別会はね
トシ:「言い張ってる」って実際そうだからね
タカ:誰かが引っ越すときしか開催されないんでしょ?
トシ:あたりまえだろ。お別れ会だからね
タカ:だったら僕みたいにね
トシ:なんですか?
タカ:毎週送別会を開きたい場合はどうしたらいいんですか?
トシ:だから,「毎週は無理だ」って言ってんの
タカ:誰かに引っ越してもらわないといけないですからね
トシ:おかしいだろ,「誰かに引っ越してもらう」って
タカ:そうでもしないと送別会開けないでしょ
トシ:だから無理なのよ
タカ:ちょっと引っ越してくれればいいですから
トシ:「ちょっと引っ越す」ってなんだよ
タカ:隣の部屋に引っ越すとかさぁ
トシ:それはたまにあるけどね
タカ:意外とありますよ
トシ:なんか事情があって「マンションの隣の部屋に引っ越す」みたいなことね
タカ:そしたら僕が送別会を開くから
トシ:やめてくれよ隣に引っ越すだけなのに
タカ:お前のために
トシ:俺が引っ越すの!?
タカ:泣けるようなスピーチするから
トシ:泣けるか!こっちは隣の部屋に引っ越すんだよ
タカ:引っ越してくれんの?
トシ:引っ越すか!
タカ:お願いします
トシ:なんでだよ
タカ:週末に送別会計画してたくさん人呼んじゃってるんだよね
トシ:何やってんだよ
タカ:ほんとお願いします
トシ:嫌だよ。送別会キャンセルしろよ
タカ:それは無理だよ
トシ:できるだろキャセルくらい
タカ:海外から参加する人はもう飛行機乗ってるころだから
トシ:なんで送別会に海外の友達呼んでんだよ
タカ:お願いだから
トシ:今週末に急に引っ越すなんて絶対無理だから
タカ:なら仕方ない
トシ:どうすんだよ
タカ:◯が◯⚪︎◯◯わ
トシ:いいかげんにしろ

#オチを予想してお楽しみください

この続きをみるには

この続き: 6文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンは,いろいろな漫才師のみなさんで当て書きさせていただいた漫才台本を集めたものです。単体購入の約半額で購入できます

●漫才における「相槌」はそのときの雰囲気で自然に入れるものなので通常漫才台本には書きませんが,本格的な掛け合いのしゃべくり漫才をイメージで…

または、記事単体で購入する

[読むローカル漫才/ご当地漫才] 送別会(当て書き:タカアンドトシ)

漫才作家ᶠᵗ藤澤俊輔

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

【落ち屋】「オチひとつ」「どれにします?」「最後まで見せてよ」「見せたら売れないんで…」「見て落ちてたらサポート弾むから」「『どんなオチだろう』というわくわく感も込みでどうです?」「わくわくさせといて落ちてなかったら?」「コメントに書いてください。そうすれば落ちます」「◯◯がね」

ハマカーンが「下衆の極み」を生み出すきっかけとなったネタ?
普段の会話を漫才にします。ストーリーがあってオチが綺麗な一生使える本格派掛け合いしゃべくり漫才台本。永久無料のアフターケア付。夢はギャロップの専属漫才作家

こちらでもピックアップされています

読む漫才 「本格派掛け合いしゃべくり漫才台本」
読む漫才 「本格派掛け合いしゃべくり漫才台本」
  • 20本
  • ¥1,900

●漫才における「相槌」はそのときの雰囲気で自然に入れるものなので通常漫才台本には書きませんが,本格的な掛け合いのしゃべくり漫才をイメージできるようあえて細かい「相槌」を書き込んでいます●台本にはAとBが登場しますが,自分はAを演じるつもりで,Bは相方が言っているイメージで読む(逆も可)と,掛け合い漫才感を味わえます

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。