[映画]ガリーボーイ

よろしければ読者登録お願いいたします。
こんなのも書いてますので、ぜひぜひ。
→「藤井ペイジの思い出100円」リスト

ガリーボーイ

インドのミュージシャン「Naezy」の実話だそうな。
主演はランビール・シン。
字幕監修は、なんと日本で最初にラップのCDを出したと言われている、いとうせいこうさん。

育ちの貧しい環境、父への反骨心、身分違いの恋などを絡めつつの成り上がりストーリーに、体の芯が熱くなりました。
かつて若者たちが、ロックやパンクに鬱憤を込めたように
ラップでリリックを紡ぐという手法も、今やすっかりメジャー。

さらにはインドというお国柄。
「シークレット・スーパースター」という映画でもそうでしたが
夢を追うにあたって、父親の反対はマストアイテム。

自分の意思というよりも、まわりの環境で何度も折られそうになる心。
そのたびに、また立ち直るガリーボーイ。
気づけば手に汗握って彼を応援しておりました。

しかも、インドの音楽とヒップホップがまた合うんですよ。
心地良し!

インドという国で、貧困層に生まれた人間が夢を持ち続けることは、決して簡単なことではなく。
それでも折れなかったガリーボーイ。
その道のりは、もちろん自分の意志の強さでもあるのでしょうが
何か見えない力の導きであるようにも感じました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
漫才コンビ「飛石連休」の藤井ペイジです。『藤井ペイジの思い出100円』1994年に吉本の養成所に入り、上京して今はサンミュージック所属。昔のお笑いライブシーンや、僕のまわりの芸人話などを書きますよ。2019年9月から映画の感想もこちらに書いております。そちらもぜひ!