新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

パンデミック条約締結を阻止せよ:署名及び拡散希望

社会の毒

下記署名にご賛同ください。私も署名いたしました。メルアドと名前・国籍のみで簡単です。   池田利恵

内容翻訳

WHOパンデミック条約は、選挙で選ばれたのではないグローバリストが、パンデミックを宣言し、自国の対応をコントロールする権限を求める、史上最大の権力闘争のひとつになりそうである。

しかし、この問題に対処するのはまだ遅くはない。

WHOがあなたの国の主権を決して簒奪しないことを、テドロス・アダノム・ゲブレイエス事務局長に伝えるこの特別な請願書に署名し、シェアしてください。

この2年間、各国政府による個人の自由や市民権の侵害が相次ぎましたが、今度はWHOが世界レベルで同じような乱暴な権限を自分たちのものにしようとしているのです。

世界人口の99%を占める194の加盟国がWHOとパンデミック条約に署名することが期待されており、テドロスや将来の事務局長が、彼らがパンデミックと考える新しい病気の発生にあなたの国がどう対応するかを正確に指示できるようになるのだ。

この国家主権への攻撃は、クラウス・シュワブやビル・ゲイツといったエリートが、世界経済フォーラム(WEF)やWHO、その他の国連といったグローバリスト組織に権力を集中させるというビジョンを長年にわたって語ってきた人々にとっては、何ら驚くべきことではないだろう。

WHOのパンデミック条約に反対するこの請願書に署名してください、手遅れになる前に。

おかしなことに、テドロス、ボリス・ジョンソン、エマニュエル・マクロンを含む条約を求める20人の世界のリーダーたちは、コビド後の世界を第二次世界大戦後に例え、同様の協力が今必要であると言い、「孤立主義と民族主義の誘惑を払拭し、連帯と協力の精神の中でしか達成できない課題、すなわち平和、繁栄、健康、安全保障に取り組む」ために、この条約は必要だと述べた。

オーストラリアのスコット・モリソン首相は、「パンデミック条約」への支持を表明した最新の指導者である。

WHOの表明した意図は、"パンデミックの予防、準備、対応を強化するために、世界保健機関憲法の下で条約、協定、その他の国際文書の起草と交渉を行うグローバルプロセスを開始する "ことである。

バイデン政権は、世界のパンデミックコントロールをWHOに委ねるための最初のステップを公式に提案しており、歯車はすでに動き出しているのである。

バイデンの代表は、WHOの国際保健規則(IHR)の改正案を提出した。これは、たとえ該当国が異議を唱えている場合でも、事務局長にいかなる国の健康上の緊急事態も宣言する権利を与えるものである。

この改正案は、国際法上の法的拘束力を持つもので、5月22日から28日まで開催される世界保健総会(WHOの統括機関)の特別大会で投票され、本格的なパンデミック条約が成立するための布石となるものだ。

WHOにパンデミック条約を受け入れないことを伝える嘆願書に署名・シェアする

12月の前回の世界保健総会で、米国は「パンデミックの予防、準備、対応に関する新しい国際保健手段」の交渉を開始して以来、ボールは転がっている、と米国の声明は述べている。

「この重要なステップは、健康の安全保障を推進し、世界の保健システムをより強固で迅速なものにするために協力する、我々の連帯責任を示すものである。

「我々は、公衆衛生/パンデミックの予防、準備、対応のための国際的な法的枠組みを強化し、COVID-19パンデミックにおいて明らかになった公平性、説明責任、多部門協力の問題に取り組むことを可能にする、社会全体と政府全体のアプローチによる広く深い交渉を期待している。

「これらの複雑な問題の長期的な解決に向けて迅速に前進するためには、政府、民間企業、慈善団体、学界、市民社会が協力して取り組むことが必要です」と、米国の声明は付け加えました。

国家主権に対するこの攻撃を受け入れないことをWHOに示すため、今すぐ署名してください。

今、自由と自己決定が、あなたの市民権を踏みにじる者たちから守られなければならない、不安定な時代なのです。

私たちは、世界的な閉鎖、ワクチンの義務付け、プロポガンダに戻りたくないのです。

今すぐ署名してください。

詳しくはこちら

バイデン、WHO条約案でアメリカの主権を手渡す - LifeSiteNews

パンデミック条約はグローバルガバナンスへの裏口入学 - LifeSiteNews

ロバート・マローン博士、WHOの権力奪取について - LifeSiteNews

**Photo:YouTubeのスクリーンショット

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!