ダアトの11と冥王星
見出し画像

ダアトの11と冥王星

NUE (OPUESTO, A.I.G.B / I.A.C)

昨日11月11日(木)は案の定・・色々な動きがありました。

その話はあっちのBlogにまとめさせて頂きました。

日付から見える通り『11』が鍵ですが、そこからまた『3』『6』『9』も。いつもながら不思議なモノです。

昨日導き出せなかったモノが突然繋がったので、書き残しておきます。

3日前にnoteに更新した話とも繋がっていきます。

『919』『404』、さらに『1111』の事にも触れましたが、それと同時に何故か気になっていた”冥王星”。(1111は、昨日の11月11日とも繋がります)

『11』と冥王星の関係

「11と言えば・・ダアト・・」

と、ふと思い出しました。

画像1

セフィロトの樹。隠されたセフィラ・・第11セフィラが『ダアト』(ダートともダァトと表記されることもあります)。

”目に見えない無象と無限”

他にも”秘密の通路”とも・・。アリスが夢の国へ行くきっかけとなった白兎や、マトリックスでネオが呼ばれた時の腕のTATTOOも白兎。異質で異様な出来事が始まるサインとも言われています。まさに昨日の動きのような・・。

”白兎”・・これもとんでもなく重要な鍵です。

セフィラにはそれぞれ惑星が振り当てられていますが、第11セフィラ『ダアト』の惑星が・・冥王星でした。

昔読んだことがある記事を再確認して分かったのですが、もしかしたら脳指紋に残っていた記憶が自然と『11』と冥王星を繋げていたのかも知れません。

10月10日で11周年

『11』でもう一つ思い出したことが。

長年お世話になっている自由が丘の『カタカナ』が今年の10月10日で11周年を迎えました。その時にカタカタ応援団長さんの企画に参加させて頂き、こんな作品をプレゼントしました。

IMG_6663のコピー

11周年とカタカナ夫妻の2人、二柱をイメージしたステンシルです。個人的にも気に入っていますし、カタカナ夫妻やスタッフの方々も喜んでくれました。

10月10日で11周年・・この数字の並びも(苦笑)。

そんなこんなで数ヶ月前から『11』に取り憑かれていました。


最後に去年の記事ですが、冥王星に関してちょっと気になる話が・・。

今後・・地球はどうなっていくのでしょうか?世界中でマスクを着ける生活が浸透して約2年弱。大気汚染とマスク・・・どうしても映画『HUMAN LOST 人間失格』を思い出してしまいます。冒頭、1分33秒からそのシーンを観ることが出来ます。ちなみにこの映画が公開されたのは、2019年11月29日。まだこんな騒動になる直前・・。

◆STORY
昭和 111年――医療革命により死を克服し、環境に配慮しない経済活動と19時間労働政策の末、GDP世界1位、年金支給額1億円を実現した無病長寿大国・日本、東京。大気汚染と貧困の広がる環状16号線外“アウトサイド”で薬物に溺れ怠惰な暮らしをおくる“大庭葉藏”は、ある日、暴走集団とともに特権階級が住まう環状7号線内”インサイド”へ突貫し、激しい闘争に巻き込まれる。

11月11日が過ぎて、今日は12日(金)。『11』が一段落した瞬間、今度は『0』『1』『9』が脳裏をチラついています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
NUE (OPUESTO, A.I.G.B / I.A.C)
Blogは今まで通りにnoteはその外側、不思議な経験や出来事を軸に書き残してきましたが、 2022.01.11を境に”不思議”を”普通”と定義付けようと思います。 ※https://opuesto.hatenablog.com/