新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

何から勉強したらいいかわからなかったWebデザイン未経験者が1カ月でバナーが作れるようになった話

fre:sta

Webデザイナーになるには、何を勉強すればいいんだろう。
興味を持った多くの人がまず悩むことです。
絵が描けないといけないのでは?センスがないといけないのでは?
そもそも自分がWebデザイナーになれるのだろうか?と不安になる人も多いことかと思います。
今回はそんな3名に1ヶ月カリキュラムに参加いただきインタビューしました!

参加いただいた3名の紹介

アートボード 2-1

Tさん
現職:大学4年生
デジハリにもオンラインで時々通っていました。
就活中でデザイナーを目指したいけど、どうしようか悩んでいて実際に通うスタイルのフレスタに興味を持ってもらい参加してもらいました。
大学の授業をリモートでしながら、バイトもしていました。


アートボード 2

Yさん
現職:美容外科 看護師
職場でWebの展開もしており、スキルもつけて現職での新しいことへのチャレンジしたいとのことで参加してくれました。
働きながらでしたので業後の夜の時間と休みの日は会社にきて勉強していました!


アートボード 1

Kさん
現職:就活中
前職はエステティシャンで、コロナ禍により、仕事がなくなり憧れていたデザイナーを目指したいとのことで参加してくれました。
デザイナー就職に向けて、バイトや仕事もしていないのでフルで毎日10時間ほど勉強してくれていました。


参加いただいたカリキュラム内容

現役Webデザイナーによる「デザインとは」講習をはじめ、バナートレース、バナー作成...等々、フレスタの無料カリキュラムに取り組んでもらいました。

画像12


学習していて楽しかった(タメになった)ところはどこですか?

今まで知らなかった考えや技術に触れて、日常から新しい視点を持てるようになったとか!

Tさん「情報を明確化してそこに意図を持たせることにやりがいを感じたし為になった。イメージ通りのものができたとき楽しかった」

Yさん
「作ってるときは楽しかった。学んだことで、より考えの幅が広がって日常が楽しくなった。まだまだ100%考えることはできてないと気づいた。もっと極めたら楽しいだろうなと思えた。一歩踏み出せた。」

Kさん「毎日新しいことを知れたのが楽しかった。デザイン思考がついて、物事を広い視野で見れるようになった。考え方の捉え方みたいなのが視野が変わった。視点が1つ増えた。」

それぞれはじめの一歩を踏み出せたようです!
フレスタでは、現役デザイナーから個別にフィードバックをもらい、実践に近い形で学ぶことができます。
そのため、教材やツールの使い方だけでは気づけなかったことも知ることができます。

画像11

[実際のレビューの様子]


他の人を見てて楽しそうにしてたところはどこですか?

みなさん真っ先に3人での交流の話をしてくれました。

Tさん「いい意味での焦りもありよかった。生徒同士で話せたことで自分にない考え方も知れた。」

Yさん
「3人で意外と楽しんでやれた。周りに聞いて教えてもらう環境も作れてた。他2人の作品も見てそのレビューも見れたのが気づける点がいっぱいあった。グループ活動がいい刺激になった!いい焦りがあった。」

Kさん「モニター同士で難しいよね!とかいう会話をするのですら、楽しく感じられた。」

フレスタは生徒同士の交流もできるので、支え合いながら刺激をうけて学ぶことができたようです。


オフィス環境について、どういうところが良かったですか?

フレスタの教室は弊社のオフィスです。
フレスタでは隣に現役デザイナーがいる中で勉強できるので、カリキュラム以外の話や気軽に交流をすることが可能です。

居心地がよかったというありがたい声がありました、、!

Tさん「自由な環境でやれたのがすごいよかった。自分のタイミングで息抜きができたのがすごいよかった。」

Yさん
「人も場所もよくて居心地よかった。音楽もかかってるのがいい。アットホームで、こういう雰囲気で働けたら楽しいだろうな!とおもった 」

Kさん「人が優しい。フランクだから変に緊張しなくてよかった。実際に仕事してる人たちを見ながらやれたのもすごくよかった。自分がその立場になっていくからリアルを見れた。」

画像5

[オフィスの写真]


自分の学習の仕方について、気をつけていた点はどこですか?

当初は「どう勉強したらいいかわからない!」と思っていたみなさんですが、1カ月間で自分に合った勉強法を見つけ、次のステップへ進めたようです!

Tさん「わからないことは調べていた。とりあえずやってみる。主にピンタレストを利用し、Google検索や画像検索も利用した。」

Yさん
「教わったことを忘れちゃうから、手書きノートにまとめてた。いいなと思った広告とかをスクショしてまとめてた。」

Kさん「引き出しが増えるようにいろんな表現を試していた。泥沼化して抜け出せなくなるまで自分で頑張って調べたりしていた。」

それでは最後に、みなさんが作成した、レビューをもらう前のbeforeバナーと、改善後のafterバナーを見てみましょう!


バナーのビフォーアフター

まずTさんは、バラバラだったフォントスタイルが統一され、「転職」の文言にもコントラストが生まれ見やすなりました。
「徹底サポート」に対してアクセントカラーを使うことでクライアントが1番に伝えたかったことが伝わるようになりました。

画像11


Yさんは、サービス内容が想像できる清潔感が出たことで、何のサービスなのかわかりやすくなりました!
また、「4000件」「無料」など付加価値に目が行きやすくなりました!

画像10


Kさんは、余白をうまく使ったことで高級感のあるバナーになりました。
実際にゴルフをプレイしている想像をしやすいよう、素材もうまく使えています。
見て欲しい情報に適切なサイズ感を施し、あしらいも加えることができました。

画像9


今回皆さんのお話を伺って、1カ月という短い間でも目標を見つけ、フレスタで楽しみながら学んでいただいたように思いました。
確実にステップアップの場としてフレスタを活用してくださったことを嬉しく思います。

現在、期間限定でカリキュラム1ヶ月分無料キャンペーンもやっているので、皆さんもぜひこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

https://note.com/fresta_design/n/n1ea5ec2e8097

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!