見出し画像

ゴルフ、したくなるクラブの選び方

Golf Train Court 高山 良光

ゴルフクラブって、最大14本入れてプレー出来ます。
その中にはウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジ、パターと何種類も形状や特性が違うものを好きに選択できるし、メーカーも沢山、クラブの重さ、シャフトの硬さ、打感、見た目、、、などなど種類あり過ぎ。

ですが大事なのは、そのクラブを使ってゴルフしたくなるか?
を考えながら、クラブ選びのご提案しています。

自分に合っているクラブかどうかは、正直打ってみないと分からない。
ただし、このタイプは無いよね。ってお話しはさせて頂きます。その理由は明確に幾つか持っています。
その中には、スイングの診断(特性の把握)をしながらでないと、クラブ選びのご提案には至らないと思っています。

それから、このクラブを使って上手く打てるに越した事は無いけど、このクラブを使うことによってゴルフ上手くなって行くよねって、ご提案するのも好きです。

ゴルフの楽しみ方や考えを伺い、それに沿ったようなクラブ選びのご提案もします。

道具の特性、性能を元に使ってみた実績、使い勝手がこの上なく良かった物に関しては、おすすめすることもあります。

と言った所が基になり、そこを前提に、メーカーや見た目、細かな性能など価格も含めたご提案をしています。

それから、専門的な数値や弾道測定機器からの結果も重要視しますが、そこだけに囚われたり、先入観や固定概念でのお話しやご提案はできる限りしないように心掛けています。当然数値に拘ることを楽しみにクラブ選びをされる方にはそれなりに対応も致します。個人的には感性を重視し、日々変わる人のコンディションなども考慮したいと思っています。

クラブフィッティング、シャフトフィッティングに関してもいろいろ検証し経験もしてきましたが、ここに関してもあまり過剰になり過ぎないよう心掛けています。あくまでも生身の人間が扱うクラブは、精度の高い再現性よりも、どちらかと言うと上手く行かないときの対応が重要かと思っています。

自己満足度をどれだけ上げられるか?がゴルフを楽しむ原点かと思っていますので、その一助になれるクラブ選びのご提案をしたいと考えています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!