3D プリンタ自助具製作インタビューvol.5
見出し画像

3D プリンタ自助具製作インタビューvol.5

実際に 3D プリンタで自助具などをつくっている方々に、「始めたきっかけ」や「つくったもの」、「具体的な現在の想い」などをインタビューしてみました。是非、動画をご覧になってください。

インタビューした人:林 園子(FabLab Shinagawa Director, 作業療法士)
今回のゲスト:木村さん(今は大工さん)

概要

元々仕事で CAD を活用していた木村さん。精神的に辛かった時期があり、CAD で「つくる」ことや、CAD を「教える」ことで支えられた経験があるそうです。CAD のスキルが「自助具製作」のような、他者に貢献できる活動になり得ることを知ってから、活動に積極的に参加してくださるようになりました。福祉や医療に携わったことのない木村さんにとって、作業療法士などの医療関係専門士と共に自助具をつくることは、安心した製作につながるそうです。つくること、そしてそのデータをオープンソースにすることで、一人での作業も、社会やより大きな世界とつながっていると実感できており、活動継続の大きなモチベーションになっているとのこと。地元茅ヶ崎でこの取り組みを広めるべく、障害当事者やそのご家族、支援者などと共に活動する機会を増やしておられます。

そんな木村さんの作った自助具の数々をご紹介いただきました。
是非、動画をご覧になってください。


インタビュー動画


考察

新たな視点でつくられた、完成度の高い自助具の数々、素晴らしいですね!

「つくる行為」には、自己肯定感を高める作用がもともとある上に、3D プリンタで自助具をつくり、データをオープンソースにする行為は、「ネットワーク」で離れた人の役に立てたり、「イベント」では目の前の人の喜ぶ顔を直接見ることができる。生きがいや癒しに繋がる可能性があることが、お話を聞いて改めて嬉しく思いました。

木村さんは 3D プリンタを複数台お持ちで、地元、茅ヶ崎では順調に仲間が増えつつあるようです。お近くの方、もしご興味あれば尋ねてみてはいかがでしょうか?

地元で繋がり、世界ともインターネットで繋がり、互助や相互理解が伝播して、世界から少しでも不安が減らせることを願っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
FabLab(ファブラボ)は、3Dプリンタやレーザー加工機などの、インターネットにつなげることのできるデジタル工作機械を備えた市民に開かれた工房です。東京都中延駅前にあるFabLabShinagawaは、作業療法士のいるファブラボとして、ユニバーサルなものづくりを行っています。