フィットネスビズ
【第1460話】潜在的ニーズにも
見出し画像

【第1460話】潜在的ニーズにも

フィットネスビズ

こんにちは、熊谷です。

前回、今月はクラブ内での顧客創造が進んだ旨を綴りました。

今回の結果はどちらかと言えば顕在的なニーズが明確になっていて、その解決方法を示す過程で創造できていったという感触を持っています。

この顕在的ニーズ解消のケースは潜在的ニーズと比較をすればまだ前進させやすいと思います。

一方で潜在的ニーズの場合は接客時における聞き出しから動作分析まで、幅広くニーズを掘り起こす必要があり、文字通り潜在化しているため、トレーナーの察知能力や接客力、信頼残高等も関係をしてきます。

こうして考えるとやはり潜在的ニーズの解消のほうが難易度が高いですね。

また、現在クラブに通われていないお客様(未顧客)を対象にしても潜在的ニーズの掘り起こしは効果的で、その内容が明確になれば集客にも応用ができます。

マーケティング⇒リテンションではなく、リテンション⇒マーケティングという流れを考えればなおさら潜在的ニーズにも目を向けて、そこから色々と発想していく事も大切だと感じます。

顕在的ニーズの解消は緊急かつ重要、潜在的ニーズの解消は緊急ではないものの重要。

どちらも重要な事には変わりはありませんので、優先順位を間違えないようにしつつも、未着手の部分に手を付けていきたいと思います。

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フィットネスビズ

宜しければサポートお願い致します!

フィットネスビズ
フィットネスビジネス(ジム運営)に関する情報プラットフォームとして、コンサルタントとしても知られている代表伊藤友紀等による役立つ記事を閲覧することができます。 ①伊藤友紀の「ビジネス・リフティング365」②目指すはフィットネストレーナー③アバター近藤の「フィットネスビジネス学」