【第1258話】イベントの目的と意図
見出し画像

【第1258話】イベントの目的と意図

フィットネスビズ

こんにちは。佐藤です。

自クラブでは年始から毎年恒例のイベントを行っております。

ただ毎年恒例ではあるものの少し内容に変化を加えており、

そしてトレーナー間でも、今年1年を占うと言っても過言ではないくらいの気持ちで向かうように共有しております。

なぜなら、ここでのお客様の成果によって、4月以降の運営にも影響が表れるからです。

その為の基盤作りとして、クラブで実施するイベントにお客様が積極的に参加いただけるように昨年からコンスタントにイベントを行い、その中で楽しさや成果提供など参加意義を作ってきました。

その甲斐もあり、現イベントの参加数は3営業日時点で昨年の参加人数を超えております。参加数だけでなく、在籍数に対する参加率も同様です。

一昨年の参加数や参加率も恐らく超えられると思いますし、年次が進むほど恒例イベントの数字面は衰退しやすいですが、行動次第で変えることはできると考えています。

勿論、現イベントの主旨は集客ではなく、この後の成果です。

ただ多くのお客様の成果を出す上で環境づくりも大切だと考えております。

参加者が多ければ、それだけクラブ内の会話もイベントに応じたものになり、1人で頑張っている感は薄れ、皆で頑張るという気持ちにもなります。

だからこそ、参加者数や参加率にも拘り、クラブ全体で実施するという環境作りをすることでイベントの成功率を高めることにも繋がると考えております。

まずは目標の参加者数に到達させ、そして次に成果数に拘っていきたいと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フィットネスビズ

宜しければサポートお願い致します!

スキありがとうございました!
フィットネスビズ
フィットネスビジネス(ジム運営)に関する情報プラットフォームとして、コンサルタントとしても知られている代表伊藤友紀等による役立つ記事を閲覧することができます。 ①伊藤友紀の「ビジネス・リフティング365」②目指すはフィットネストレーナー③アバター近藤の「フィットネスビジネス学」