見出し画像

税理士試験(消費税法)受験者向け資料販売【計算編】

こんにちは!
株式会社ファースト・ステップ代表の伊藤貴文です。

先日、下記の書籍をkindleにて出版致しました。

・税理士試験(消費税法)の受験者向け書籍
「税理士試験(消費税法)で確実に合格するための3ステップ
-短期でなくてもよいから確実に合格したい方のための合格戦略-」

出版して数日ですが、
kindle「税理士」カテゴリーの売れ筋ランキングでは4位と健闘しております。嬉しい限りです。

こういった類のいわゆる勉強本は、
「たった○か月で最短合格!」等の短期・効率的な売り文句が多い中、
敢えて逆の方面で行きました。

短期・効率重視の学習法は、
それなりに地頭が良い方であれば上手くハマる可能性が高いのですが、
私のようにそうでもないごく一般の方にとっては実践しにくい部分があると受験時代に感じていました。

そうではなく、
多少時間がかかったとしても、確実に合格を狙いにいく
というスタンスの書籍があっても良いのではないか
という思いがありました。

他になかったので、
この機会に実際の自身の経験をもとにまとめ上げた形になります。

したがって、独自な理論を振りかざすというよりは、
あくまで資格予備校の講義やテキストをベースに、
それをどう日々の学習に落とし込んで、試験本番で結果を出すか
という点にフォーカスして書いています。
それによって、どのような状況の誰にでも実践できることを目指したかったからです。

具体的には、3ステップに分けて、
山のてっぺんに向かって登るようなイメージで、
着実に進めるように合格戦略を解説しています。

①本番を想定した「基礎力」を固める〈上位二割に入る〉
②想定外を想定内にする「応用力」を高める〈上位一割に入る〉
③想定外を想定内にする「本番力」を高める〈上位一割に確実に入る〉

実際の本試験では上位三~五%程度の好成績で合格することができました(大原自己採点八十五点/ボーダーライン七十六点、合格確実ライン八十七点、TAC自己採点八十九点/ボーダーライン七十二点、合格確実ライン八十四点)。
本書は、私が税理士試験(消費税法)受験の三回の経験を盛り込んだ内容となっています。

■資料販売の内容について(計算・応用力編)

・税理士試験(消費税法)の受験者向け資料【計算編】

ステップ②関連=「応用力」の高め方

詳細は本書にあるので具体的なやり方は割愛しますが、合格に向けた「基礎力」は、市販の総合計算問題集と答練を中心にすることで身に付きます。

ただし、総合計算問題集だけでは不十分な部分それが納税義務と改正論点です。
特に納税義務は、計算問題の大前提であり、課非判定にも影響するため最重要論点です。

本書にて、この部分の知識を完全なものにしておくためには、
各パターンを漏れなく網羅的に準備し、
短時間かつ横断的に復習できるようにパターン別の数値付計算例を作ることをお勧めしました。

本書では参考に写真で一部を載せましたが、
こちらでは全文PDF形式にてダウンロードが可能です。

・具体的な計算例
・各期間ごとの納税義務の判定方法
・注意点や混同点
などが実際に確認できるため、
本書の内容を実践していく際の参考資料になります

<内容>
①相続
②吸収合併(基準期間あり)
③吸収合併(基準期間なし)
④吸収合併(二社以上のパターン)
⑤吸収合併(中間納付)
⑥新設合併
⑦新設合併(中間納付)
⑧新設分割
⑨新設分割(二社以上のパターン)
⑩吸収分割
⑪吸収分割(二社以上のパターン)
⑫新設法人・特定新規設立法人
⑬特殊関係法人(※参考)

(全13頁)

▶一部サンプル(ダウンロード)はこちら


■注意事項

✔本資料は、書籍「税理士試験(消費税法)で確実に合格するための3ステップ」を読んだ上で実践するための補助資料となります。
✔本資料は、これ自体を勉強するといったものではなく、これを参考にご自身で資格予備校のテキストや理論集をまとめることを目的とした教材です。
✔私の受験時代(2017年時点)での情報をまとめたものになります。したがって、最新の改正を反映したものではない(税率含む)ため、必ずご自身で改正項目については反映されてください。
✔私の受験時代(2017年時点)に自己利用を目的として作成していたものになります。したがって、一部字が読みにくいものがあったり、内容が正確でないものが含まれる可能性がありますのでご了承ください。

ミスマッチを防ぐため、必ずサンプルをダウンロードされた上で、
上記の趣旨と内容をご理解
頂き、購入をご判断ください。


ここから先は

312字 / 1ファイル

¥ 500

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?