見出し画像

マイカーローンの残債100万円で、住宅ローンが1,290万円減額される理由

住宅ローン審査基準の1つに、返済比率(返済負担率とも言います。)があります。

年収に対して30%から40%以内(年収や申込の金融機関によって基準があります。)に年間返済額を抑えないと、返済比率オーバーとして審査が否決される可能性が非常に高くなります。

例えば、年収500万円・返済比率35%・審査金利3%の場合の借入限度額ですが、

年収500万円 × 返済比率35% = 年間返済限度額175万円

返済期間35年・審査金利3%で計算すると借入金額100万円あたり、年間返済金額は46,176円となりますので、

年間返済限度額1,750,000円 ÷ 100万円あたりの年間返済金額46,176円 = 37.89

10万円以下は切り捨てして、審査基準内の借入限度額は①3,780万円となります。

*審査金利とは、返済比率を計算する上で設定する金利になります。(金融機関によりますが、実行される金利よりも高い金利で計算します。)

他のローン借入がない場合は上記で計算されますが、マイカーローンなどが残っている場合は下記のように計算します。

マイカーローン残債100万円・月々返済額5万円(年間返済金額60万円)の場合、

年間返済限度額175万円 - マイカーローン年間返済額60万円 = 115万円(マイカーローンを加味した住宅ローン年間返済限度額)

1,150,000円 ÷ 46,176円 = 24.90

住宅ローン借入限度額は、②2,490万円となり、

①3,780万円 - ②2,490万円 = 1,290万円 も限度額に差が出ます。

お気付きの方が居るかも知れませんが、マイカーローンの残債金額は計算に入りません。

残債が100万円でも200万円でも、毎月の返済が5万円であれば同じ計算になります。

先日、当社で記載の内容の方がいらしたのですが、住宅購入自己資金の一部をマイカーローンの残債100万円一括返済に充て住宅ローン限度額を下げずにお借入れしました。(マイカーローン完済することを条件に審査を行い、本審査内定した後一括返済しました。)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

首都圏の新築一戸建てを仲介手数料無料でご紹介しています。https://www.find-zero.jp/

1
首都圏の新築一戸建てを仲介手数料無料でご紹介しています。( https://www.find-zero.jp/ ) 物件の地図や地形・間取りも全て公開。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。