見出し画像

Excelマッチング(1対1)

2つの表の間で、値の存在確認をどのように行っていますか?
毎回、vlookupやxlookup関数で式を書くのは結構面倒ですので、比較したい列が左から何番目かを数値で指定してボタン押すだけで処理してくれるマクロは、とても重宝するはずです。
自分の作業効率を上げるために作成したものですので、ぜひお試しください。

ボタンをポチッと押すだけで、2つの表(シート)をそれぞれ一致、不一致の4種類の表(シート)に振り分けてくれますので、値の存在有無の確認にピッタリです。
以下のリンク先からダウンロードし、解凍してご利用ください。

xlookup版(Office365の方はコチラをダウンロード願います)

vlookup版(Office365以外の方はコチラをダウンロード願います)

概要
2つのシート(「Afile」、「Bfile」)を指定したKey列で比較し、一致(「Match Afile」、「Match Bfile」)、不一致(「Only Afile」、「Only Bfile」)に振り分けます。
1行目はヘッダー行で、2行目以降がデータで構成されたシートで動作します。
※Vlookup関数を使用して擬似的なマッチング処理を実現しているため、大量データの処理時は長時間(一時間以上)かかることがあります。

基本手順
1「Afile」シートにKey重複しないデータを貼り付けてください。
2「Bfile」シートにKey重複しないデータを貼り付けてください。
3「Main」シートの「Key列」にマッチングキーが入った列が左から何列目かをそれぞれ指定してください。
4「マッチング処理」ボタンをクリックすると、振り分けされます。

30日間は無料で利用できますが、気に入っていただけましたら有料記事をご購入いただき、ライセンスキーを入手してください。

この続きをみるには

この続き: 116文字 / 画像1枚

Excelマッチング(1対1)

さっちゃん@作業効率UP用Excelツール公開中 楽天モバイル応援中

980円

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。ぜひフォローもお願いします!
4
自分の作業効率UP用に作ったExcelツールを公開中(動画解説付)。 iPhone8で楽天UNLIMITを利用中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。