見出し画像

『母をさがす——GIベビー、ベルさんの戦後』出版記念イベント

岡部えつ著『母をさがす——GIベビー、ベルさんの戦後』(亜紀書房・2024年2月)出版記念イベントの動画(本編 1時間55分)です。

GIベビーとは、日本人の母親と進駐軍の米兵の間に生まれた子供のこと。
戦争のせいで生まれ、戦争のせいで親と引き離された混血孤児のベルさん。孤児院にたった一度だけ会いにきてくれたお母さんを、探し続けた人生だった。
2022年、わたしは米国に渡っていた彼女の母とその家族を探し当てた。健在の異父妹たちは、姉を受け入れてくれた。そして2023年秋、わたしとベルさんはアメリカに旅立った。

『母をさがす——GIベビー、ベルさんの戦後』概要

クラウドファンディング『戦争の落とし子【GIベビー】のベルさんを、アメリカで見つかった肉親に会わせたい』の返礼品として制作いたしましたが、対象外の方にも有料でご視聴いただけるようにいたしました。
(返礼品対象者の方たちには、メールで視聴情報をお送りしています。ご確認ください)

GIベビーのベル(堤麗子)さん、彼女の最も重要な友人である水島文夫さんとともに、本の中に書ききれなかったことや、書けなかったことなども含めて、お話ししています。本では表現しきれなかったベルさんの人柄や、彼女のお母さんへの思い、水島さんとの関係なども、よくわかっていただけると思います。

視聴方法

以下のいずれかで、ご視聴いただけます。

  1. このnote記事(1,000円)をご購入いただく。
    noteへのログイン・新規登録がなくても、ご利用いただけます。
    PayPayとクレジットカード支払いが可能です。
    ▶ご購入後に表示される記事内に、視聴ページへアクセスするための情報が掲載されています。

  2. チケットサイトPeatix より、1,000円のチケットをご購入いただく。
    Peatixへのログインまたは新規登録が必要です。
    Apple Pay、クレジットカード、PayPal、コンビニ支払いがご利用いただけます。
    ▶チケット購入→Peatixからのメール[イベント視聴ページに移動]をクリック→Peatixのページが開く。[ログインして視聴する]からログイン→ページ内「主催者からのお知らせ」にパスワードあり→[イベントに参加]をクリック。パスワードを入れて視聴。

★配信期間:2024年8月31日まで(期間中、何度でもご視聴いただけます)

★チケット収入は、岡部えつのボランティア活動『GIファザーをお探しですか』の、活動資金とさせていただきます。

↓ダイジェスト版/予告動画 無料公開中↓

本編は1時間55分ほどあります。
【ご挨拶】0:00:00〜 :岡部えつよりご挨拶
【第1部】0:03:00〜 :水島文夫さん×岡部えつ
【第2部】0:46:00〜 :ベルさん×水島さん×岡部えつ
【第3部】1:08:30〜 :ベルさん×岡部えつ

◎出演者プロフィール

堤麗子(つつみ れいこ)/ベル

1949年、北海道札幌市にて日本人女性と進駐軍の米兵との間に生まれる。
生後間もなく児童養護施設へ預けられ、家族を知らずに育つ。
20代〜30代半ばまで、"外人ストリッパー"として全国を回って生計を立てた。踊り子としての芸名「ベル」は、その後も通称となる。
2022年、長年の夢であった「母と弟を見つけ出す」を、友人で小説家である岡部えつの調査によって実現させる。
その顛末は、岡部えつ著『母をさがす——GIベビー、ベルさんの戦後』となって2024年2月に亜紀書房より出版された。

水島文夫(みずしま ふみお)

1949年神奈川県横浜市生まれ。
国家公務員として郵政省に3年勤務の後、文学座養成所を経て俳優に。
テレビドラマや舞台などに出演するかたわら、新宿三丁目で今年(2024年)開店46周年を迎えるスナック『雑魚寝』を経営している。
ベルさんとは、彼女のストリッパー時代に出会った。
天涯孤独だったベルさんに親身になって寄り添い、人を信じることが苦手な彼女にとって数少ない心を許す相手となった。

岡部えつ(おかべ えつ)

1964年大阪府豊中市生まれ、群馬県前橋市育ち。
2008年、第三回『幽・怪談文学賞』短編部門最優秀賞を受賞し小説家となる。
2003年より『雑魚寝』に通い始め、ベルさんと知り合う。
2022年夏、彼女から「お母さんと弟を探して欲しい」と依頼され、調査の結果二人の居所をつきとめた。
ベルさんを、お母さんのお墓参りと異父きょうだいたちとの対面のためにアメリカに連れて行くことを決意。
2023年夏、渡航費用を募るクラウドファンディング・プロジェクトを立ち上げた。
2024年2月、『母をさがす——GIベビー、ベルさんの戦後』出版。

ここから先は

151字

¥ 1,000

わたしは日本のGIベビーの肉親探しを助ける活動をしています[https://e-okb.com/gifather.html]。サポートは、その活動資金となります。活動記録は随時noteに掲載していきますので、ときどき覗いてみてください。(岡部えつ)