マガジンのカバー画像

GIベビー関連

14
拙著『母をさがす ― GIベビー、ベルさんの戦後』(亜紀書房)と、ボランティア活動『GIファザーをお探しですか?』に関する記事です。
運営しているクリエイター

記事一覧

『母をさがす——GIベビー、ベルさんの戦後』出版記念イベント

岡部えつ著『母をさがす——GIベビー、ベルさんの戦後』(亜紀書房・2024年2月)出版記念イベ…

1,000
岡部えつ
12日前
10

ダイジェスト『母をさがす——GIベビー、ベルさんの戦後』出版記念イベント

『母をさがす——GIベビー、ベルさんの戦後』出版記念イベントのダイジェストです。本編は、こ…

岡部えつ
2週間前
3

『GIファザーをお探しですか?』活動記録 case01-01

今年(2024年)2月初旬に立ち上げた『GIファザーをお探しですか?』に、はじめての問い合わせ…

岡部えつ
1か月前
5

『母をさがす─GIベビー、ベルさんの戦後』朗読03

スマホの方は【全画面】でごらんください。 著作・朗読 岡部えつ / 音楽 スガダイロー『神…

岡部えつ
1か月前
1

『母をさがす——GIベビー、ベルさんの戦後』朗読02

* * * 『GIファザーをお探しですか?』https://e-okb.com/gifather.html のボランティア…

岡部えつ
1か月前
3

【質問を募集します】『母をさがす』出版記念イベントに向けて

『母をさがす——GIベビー、ベルさんの戦後』の、出版イベントを準備中です。 これは、2023年…

岡部えつ
2か月前
7

『母をさがす─GIベビー、ベルさんの戦後』出版イベントの収録をしました

4月14日(日)、『母をさがす──GIベビー、ベルさんの戦後』出版イベントを収録をいたしました。 ゲストは、GIベビーであるベルさんこと堤麗子さんと、彼女を長年支えてきた友人、水島文夫さんです。[二人のプロフィールはこちら] 海外からもご支援いただいたクラウドファンディングの返礼品として、ネット配信の形にしています。会場は都内某所、無観客で行いました。  第一部 水島さんへインタビュー  第二部 ベルさん、水島さん、わたしの三人での語らい  第三部 ベルさんへのインタビ

GIベビーのベルさん、まだ見ぬ兄に手紙を送る

2022年夏にお母さんさがしを始めてからおよそ一年半、先月『母をさがす ー GIベビー、ベルさん…

岡部えつ
3か月前
6

GIファザー探しのお手伝いをスタート

第二次世界大戦後の占領期、日本では多くの“混血児”が生まれた。俗に"GIベビー"と呼ばれた、…

岡部えつ
3か月前
11

新刊『母をさがす ー GIベビー、ベルさんの戦後』

2月24日(土)、いよいよベルさんの本『母をさがす ー GIベビー、ベルさんの戦後』が世に出た…

岡部えつ
3か月前
27

映画『Yokosuka 1953』のトークイベントに出演します

現在、横浜シネマリンで上映中のドキュメンタリー映画『Yokosuka 1953』。ベルさんと同じ、進…

岡部えつ
6か月前
11

ベルさんが、NHKのドキュメンタリー番組に

ベルさんのお母さん探しの活動が、NHKのドキュメンタリー番組で取り上げられます。 9月17日(…

岡部えつ
9か月前
43

GIベビー、ベルさんの物語(仮)

序章  アネッタ、麗子、ベル。その人には、三つの名前がある。  彼女が最初に認識した自分…

岡部えつ
1年前
63

GIベビー、ベルさんの戦争が終わるときー天涯孤独に生きてきた“混血孤児”が、73歳にして最後の肉親探しの旅に出る……

2023年12月に出版が決まったノンフィクション 『GIベビー、ベルさんの物語(仮題)』の 序章と第一章を、特別無料公開中です! ⇣⇣⇣⇣⇣ 孤児院での約束ベルさんは、物心ついたときには横浜の児童養護施設にいた。 1949年生まれの彼女は、連合国軍占領下の日本でアメリカ軍兵士と日本人女性の間に生まれた、いわゆるGIベビーだ。中でも、こうして施設に預けられた子供たちは「混血孤児」とも呼ばれた。 彼女の最初の強い記憶は、横浜から北海道へ移動する、列車での長旅だ。 施設のシスタ