見出し画像

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得

「”Googleアナリティクス”ってアクセス解析が出来る便利ツールだよね」ぐらいの知識しかない状態でしたが、試験料が無料で受け放題ということで認定資格にチャレンジしました。

GAIQとは?

GAIQとは、「Googleアナリティクス」の習熟度を認定する資格です。

問題数  :70問
合格ライン:80%(70問中56問以上正解)
問題形式 :全て選択式
受験料  :無料
※不合格となっても24時間後に再受験が可能なので、何度でも挑戦できます。

私は「Googleアナリティクスアカデミー」が無料で提供しているオンラインコースで勉強しましたが、試験ではオンラインコースやヘルプページなどに記載がある情報がそのまま出題されました。(もちろん文面は違います)

変な引っ掛けや、どこにも載っていない応用編といった、いわゆる落とそうとする試験ではなかったので、勉強すれば誰でも取りやすい資格だと思います。

認定資格の目的

勉強してみて思ったのは、この試験は「Googleアナリティクス」の操作方法や仕様を理解するためのものということ。

「Googleアナリティクス」には細かい機能が多種多様に搭載されていて、様々な用途に合った角度からの分析が可能となっているスーパーツールなので、マニュアルの量も膨大。
マニュアルをドキュメントで配布しても全ての機能は読み切れない、でも色んなことが出来ることを知ってもらいたい・・。そうだ、資格試験として学んでもらおう!ということで認定資格として展開したのではないでしょうか。(私の妄想です)

勉強方法

とりあえずアカデミーの「Google アナリティクス初級者向けコース」から取り組みました。全て動画なので、動画を見ながら大事そうな部分はドキュメントに文字おこしする形でノートを取っていきました。

初級コースを見終わったところで、どんなもんかと一度試験を受けてみましたがほぼ不正解。困ったのは試験結果は”何問正解したか”しか教えてくれずどこを間違えたのか分からないため、復習し次に活かすことが出来ないことです。

そこで次から、出題問題で自信がない・まったく不明なものがあれば、問題を別途メモすることにしました。試験後にメモした内容を調べて、次に同じ問題が出題されたときに回答できるよう潰していき正答数を徐々に増やす作戦です。
(しっかり理解しているかは微妙なので、ちゃんと使えるようになりたい人はしっかりマニュアルを見直して身に着けた方がよいと思います。)

オンラインコースを視聴しながら、試験を繰り返して仕様を徐々に理解していきました。
幸い試験は毎日無料で受けられるので、試験を受ける度に手ごたえは増していき、合格ラインをクリアすることが出来ました。

まとめ

前述の通り、認定資格の受験はハードルが低いため少しでも興味がある人にはおすすめです。
私はこれまでGoogleアナリティクスを触ったことがないので、普段から業務で使用している人はもっとサクッと取れちゃうのではと思います。

「”Googleアナリティクス”ってアクセス解析が出来る便利ツールだよね」という知識しかありませんでしたが、今回の受験を通してより知識を深めることが出来良かったです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
webコンテンツの運用担当をしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。