見出し画像

【メガネさんに朗報】「マスクでレンズが白く曇って何も見えない」問題を解決するメガネクリーナー (追記あり)

これからの季節、メガネ女子の私にとって一番の悩みは「マスクをしているとメガネが曇る」現象です。

鼻にぴったりフィットする不織布マスクをしていても、私の場合、もともと鼻が低いからか、典型的な日本人顔で鼻筋が通っていないからか、顔の形状が普通と違って変なのか・・・(汗)、その理由はよく分からないけど、とにかくどんなに工夫してみても必ずマスクが曇ってしまうのです。(泣)

ドラックストアに行けば、『メガネの曇り止め』と称した商品がいくつか並んでいます。でも、私の眼鏡は、レンズにブルーライトカット等のコーティングを施しているため、「メガネ曇り止め」のパッケージの説明書に「コーティングが剥がれる可能性があります」と記されてあるのを見つけると、怖くて使うことを躊躇してしまいます。

「これだ!」という商品に出会うことなく今日に至り、そのため、冬期間は「メガネの曇り」に長く耐え忍んできました。

たまに「何か良い方法は無いだろうか?」とネットを検索し、不織布マスクの上部(鼻の部分)を外側に折るとか、マスクの鼻の部分の小さく折りたたんだティッシュを当てるとか、曇り止めに関する情報をコツコツ仕入れて、あれこれ試してみたりもしました。

だけど、結局は、自分が吐き出す息の蒸気でメガネは曇ってしまうんですよね(泣)。特にここは寒冷地だから、気温が非常に低いときに散歩に出ると、100%曇っちゃいます。室内と室外の気温差が大きいのも「曇りやすさ」の原因かもしれません。

そんな「メガネ曇り」難民の私は、いつもメガネを白く曇らせながら、視界不良の中を一人トボトボと歩き続けてきました。(哀愁漂う・・・)

ところが・・・です。この秋、私は素晴しいものを発見したんですよ~。

それはこちら。

木村石鹸さんのEYEWEAR WASH(メガネクリーナー)です。

木村石鹸さんのEYEWEAR WASH(メガネクリーナー)

この商品、たまたまネットで見つけました。

木村石鹸さんのことは知っていたけど、曇り止め効果があるメガネクリーナーを販売されていたなんて、この時、初めて知りました。

下は、通販用のサイトです。

これを見て驚いたのは、私も持っているメガネフレーム「BJ CLASSIC」とのコラボ商品だったことです。『BJ CLASSIC COLLECTION』については、下のサイトをご覧下さい。

BJ CLASSIC は、クラシカルでお洒落なフレームが大人気な日本の眼鏡ブランドで、日本版「オリバーピープルズ」という感じです。

そんなお洒落眼鏡メーカー『BJ CLASSIC COLLECTION』さんと、老舗石鹸メーカー『木村石鹸』さんがタッグを組んで共同開発したメガネクリーナーが、この【EYEWEAR WASH(メガネクリーナー)】なのです。木村石鹸のネット通販のサイトには、このような説明書きが記されてありました。

BJ CLASSIC COLLECTIONと老舗石鹸メーカー木村石鹸が作るオリジナルメガネクリーナー。メガネのレンズクリーナー+くもり止め効果に加え、フレームの洗浄もできる今まで市場にはなかった商品を企画開発。泡タイプなので液だれせず、使いやすさにもこだわりました。普段洗いたくても洗えないメガネをスッキリ洗浄、さらに除菌・抗菌効果まで。

BJ CLASSIC COLLECTIONさんも木村石鹸さんも、高品質な素晴しい商品を生み出している会社です。これなら私の眼鏡にも安心して使えそう💕

・・・ということで、早速注文してみました。

届いた商品を手に取ってみました

実は10月に買って届いていたのですが、まだ外は温かく、マスク曇りは無かったので、ずっと大事に保存していました。しかし、ここ最近、急に空気が冷たくなってきたので、そろそろ使ってみることにしました。

画像1

使い切った時のことを考えて、2本買いしました。ボトルは少し小さめ。

画像2

手に取るとこんな感じです。小ぶりだから、バックに入れて旅先へ持ち出していくことも可能です。

実際に使ってみました

メガネクリーナーとして使うときは、プッシュしてメガネ全体を泡で包み、その後は水で洗浄する・・・という方法。

でも、曇り止めとして使うときは、洗浄とは異なる使い方をします。ボトルの説明書きによると、

①両レンズ表面に計1プッシュ分の泡を乗せる。
②裏面も同様に計1プッシュの泡を乗せる。
③ティッシュ等でレンズ表面上の泡を均一に塗り広げる。
④乾燥後(約1分)専用メガネ拭きやティッシュペーパーなどでレンズ表面を優しく拭く。

ということで、水で洗わず、拭き取るのだそうです。

では、早速やってみましょう。

①泡を乗せる。

画像3

日常用に使っているメガネを使用。フレームはEYEs CLOUDです。

初めてなので勝手が分からず、1レンズに1プッシュしてしまいました。これは泡のかけ過ぎ・・・(汗)。とりあえず、こうして1分待ちます。

②ティッシュペーパーで拭き取る

画像4

泡はとってもクリーミーです。均等に薄くのばせば、すぐに乾きます。レンズに油膜がかかったような感じになるので、ティッシュで拭いて磨いていきます。水で流さず拭き取るだけなので、曇り止めをする前に、あらかじめメガネを水で洗浄してから行った方が良さそう。

とても簡単なので、朝の忙しい時でも慌てずできそうです。

③完了

画像5

とても綺麗に仕上がりました。初めてでもここまで綺麗になるので、慣れていれば、更に上手くできると思います。

実際にマスクをして試してみました

お天気はいいけど空気がひんやり冷たい日に、曇り止めをしたメガネで散歩に出かけてみました。

画像6

完全防備です。いつもならメガネが真っ白に曇るシチュエーション(汗)。

でも、今回は大丈夫でした✨。

画像7

ご覧の通り、曇っていません!(嬉し泣き)

木村石鹸さん。素晴しい商品を作って下さり、本当にありがとうこざいます。これで長年のメガネ曇り問題が解決しました。今年の冬は、視界良好でお出かけができそうです。とても嬉しいです。

補足

この商品をメガネクリーナーとして使うのは、何だか勿体ない気がするので、眼鏡を洗うときは、今まで使っていた市販のメガネクリーナーを使い、本品は「曇り止め」専用で使用することにしました。

あと、一日の終わりにメガネを洗浄すると、曇り止め効果も一緒に洗い流されてとれてしまうようなので、その都度、新たに塗り直していこうと思います。

①追記【2020.12/2】

この記事を投稿した次の日、なんと「note編集部お気に入りマガジン」と「編集部おすすめ」に入れていただきました。そして、たくさんの方にこの記事を読んでいただきました。(ありがとうございます!)

そのお陰で、木村石鹸さんのサイトに注文が殺到し、クリーナーは一日で完売されたそうです。

そして今、再販売できるように努力されているとのことです。

そこで、再販が始まるまでの間は、「BJCLASSIC」の【BROS JAPAN】さんの通販でご購入下さい。こちらがそのサイトです。

②追記【2020.12/26】

木村石鹸さんのサイトでも、販売が再開したそうです。

【BROS JAPAN】でも、こちらの【木村石鹸】さんでも、どちらからでも購入できますので、お好きな方でご購入下さい。


あとがき

すごい反響に私自身、驚いています。

でも何より、この記事が木村石鹸さんのお役に立てれたことが、すごく嬉しいです。

皆さま、本当にありがとうございました💕


Twitter

https://twitter.com/kimurasoap?s=20


Instagram


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。 サポートでいただけると励みになります。どうぞよろしくお願いします。

この広いnote界の中から、私を見つけてくれてありがとう!
229
本州の真ん中・山の町で暮らしています。散歩が日課の元国語科教師。2018年3月note開始/いつもはつぶやき&日常系ですが、たまに心に残るいい話も書きます。/2019年「♯私が応援する会社」コンテスト審査員特別賞 // https://www.emiko258.com/