見出し画像

女子3000m障害の名勝負を楽しみにしてること

いままでなら、レースが終わったあとに、友達と集まっては「あそこが良かったんだよな」とか「よくそこ見てましたね」なんていいあえたものだけれども、レース観戦そのものができなくなったいま、なかなかそういうことを共有することもできない。運良く、レースを間近で観ることができたりするので、観たこと感じたことを書き残しておける。

セイコーゴールデングランプリでの女子の3000m障害。大東文化大の吉村選手とエディオンの石澤選手とのマッチアップがよかった。

石澤、吉村両選手には別のテーマが流れているように見える。2018年日本選手権3000mSCを制した石澤、そして2019年にその石澤選手を破ったのが当時大学一年生の吉村。このときの吉村のタイムは9分49秒30でU20日本記録。吉村はそのまま世陸代表へとかけあがった。

日本選手権2位となった石澤の自己ベストタイムは9分53秒22。その差は「4秒」2020年シーズンに向け、トップの奪還とオリンピック代表を目指す石澤のテーマはトラックでのスピードアップのためのモデルチェンジ。2019年といまとでは、走りが全く変わってきた。

一方で世界陸上ドーハでは予選落ちとなった吉村は東京オリンピック出場だけでなく、予選通過にどこまで近づけるか?が課題となっている。両者それぞれが抱えているテーマとそれに対するアプローチが毎レースごとに見えてくる。勝ち負けやタイムだけでない競技の見どころがここにある。

画像9

この続きをみるには

この続き: 1,064文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ツイッターや「今日の一枚」では掲載するタイミングをうしなった写真やテキスト、これからやってみたいことなどを、ここでこっそりとはじめています。ちょっとびびって月10回と書いてますが、一日10回更新する日もたまにあると思います(笑)情報誌のようなことを期待している方はやめておいたほうがよいかも。ツイッターやオープンなネットとは違ってクローズドかつバズらない場を作ろうと思います。

月刊といいながら、一日に何度も更新する日もあります。「いつかビジュアルがたくさんある陸上雑誌ができるといいなあ」と仲間と話していたんですが…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます!いただいたサポートは国内外での取材移動費や機材補強などにありがたく使わせていただきます。サポートしてくださるときにメッセージを添えていただけると励みになります!

そんなんで勝てるのかよ!
50
陸上競技の会場で観たこと、感じたことをシェアしていきます。https://twitter.com/EKIDEN_News https://www.instagram.com/ekiden_news/ https://www.facebook.com/ekidennews/

こちらでもピックアップされています

月刊EKIDEN News編集部
月刊EKIDEN News編集部
  • ¥700 / 月

月刊といいながら、一日に何度も更新する日もあります。「いつかビジュアルがたくさんある陸上雑誌ができるといいなあ」と仲間と話していたんですが、いつかといわずに、さっさとはじめてしまえばいいじゃん、noteで。ということでEKIDEN Newsの雑誌(みたいなもの)をここではじめてみようと思います。ツイッターではリザルトのような速報性がもとめられますが、ここではテキストや写真をつかってじっくり考えたことや感じたことをみなさんにも編集部員として写真や動画やテキストの投稿・寄稿をすることによっていっしょに楽しめる場に育てていきたいと考えてます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。