お金になる焙煎方法/焙煎のコツについて

芳香族化合物に酸、その他のフレーバーを構成する成分が、加熱によって新しく現れたり、加熱によって新しく現れた成分とコーヒー生豆にもともと含まれていた既存の成分との間で複雑な化学反応が発生したりと、色々な化学反応が入り乱れて発生するプロセス、それが、コーヒー豆のロースティング(コーヒー豆の焙煎)なのだとエカワ珈琲店は理解しています。


焙煎職人と焙煎

コーヒー豆の焙煎職人は、自分が理想とするコーヒーのボディー、後味、酸味、風味の基準を持っているのだと思います。

ある意味では、コーヒー豆の焙煎(Coffee Roasting)とは、コーヒー豆焙煎職人の理想を達成するための化学的なプロセスなのだと思います。

コーヒー豆の焙煎については、人それぞれ、様々な考え方があるみたいです。

例えば、エカワ珈琲店のコーヒー豆の煎り具合(焙煎の終了時期)は、大体、次のように決めています。

この続きをみるには

この続き: 2,105文字

お金になる焙煎方法/焙煎のコツについて

年老いた珈琲豆焙煎屋の雑記ノート

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
エカワ珈琲店が、これまで30年近くに渡って蓄積して来た珈琲に関する経験(スキル)・技術・知識を読める化した記事を、noteを通じて有料販売させて頂いています。