コーヒーのはじまり、コーヒーの語源、そして、コーヒーの大雑把な歴史
見出し画像

コーヒーのはじまり、コーヒーの語源、そして、コーヒーの大雑把な歴史

コーヒーのはじまり

人間がコーヒーを利用するようになってから、1000年以上の時間が経過していると年老いた珈琲豆焙煎屋は理解しています。

その昔、エチオピアのアビシニア高原では、遊牧民族のガラ族がコーヒーの果実を潰して、それに油を加えてボール状にして携帯食に用いたと伝えられています。

ついで、熟した果実の果肉と乾燥した外皮からワインが作られるようになって、その後、薬として利用されるようになって、西暦1300年頃からコーヒー豆の焙煎が始まりました。

焙煎したコーヒー豆で淹れたコーヒーは、最初の頃、イスラム教の修道者の眠気覚ましとして使われていたのですが、1454年、アデンの回教寺院で、一般の回教徒にも飲用が許されると、またたく間に、コーヒー飲用の習慣はイスラム圏全域に拡大して行きました。

コーヒーについて最初に書物で紹介したのは、アラビア人医師のラーゼス(Rhazes/850~922年)です。

最初は食物として、次にワインとして、その次には医薬品として、そして、紀元700年頃からは飲み物として利用されるようになったとコーヒーを紹介しています。

このラーゼスの話については、アブダルカディールの「アラビアの手書本(1587年)」に収められています。

コーヒーの語源

最初に英語の出版物にコーヒーが登場するのは、1598年にロンドンで出版された「リンスクーテンの旅」という本の中で、オランダ人のパルダヌスが注釈でコーヒーに言及している部分です。その注釈では、コーヒーを「チャオウア(chaoua)」と表現しています。

ヨーロッパの諸言語に「コーヒー」という言葉が入ってきたのは16世紀の終わり頃のことで、イタリア語のカフェ(caffe)から派生した言葉だと考えられています。

もともとは、アラビア語の「カーワー(qahwah)」を語源としているのですが、アラビアから直接イタリアに入ってきたのではなくて、オスマントルコの「カーヴェ(kahve)」というトルコ語を経由してイタリアに入って来たと考えられています。

アラビア語の「カーワー(qahwah)」という単語は、最初、果実酒(ワイン)を意味する言葉でしたが、その後、飲料全般に使われる言葉となっていったとされています。

また、「カーワー(qahwah)」という言葉は、食欲が無いという意味を持っています。コーヒーは、人間の空腹感を鈍くすると考えられていたのかもしれません。

ヨーロッパ諸言語に入って来た「コーヒー」という言葉ですが、アフリカの言葉が変形したもので、コーヒーノキの原産地と考えられているエチオピア西南部の高地の町「カファ(kaffa)」と関係があるとする説があります。

しかしながら、それを証明する証拠は全く存在していません。

エチオピアでは、コーヒーのことを「ブン(bunn)」という用語で表現していて、コーヒーの原産地と考えられているエチオピア西南部の高地エリアではコーヒーのことを「ブン(bun)」と呼んでいます。

この続きをみるには

この続き: 1,169文字

コーヒーのはじまり、コーヒーの語源、そして、コーヒーの大雑把な歴史

年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ノート

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
エカワ珈琲店が、これまで30年近くに渡って蓄積して来た珈琲に関する経験(スキル)・技術・知識を読める化した記事を、noteを通じて有料販売させて頂いています。