エカワ珈琲店版、珈琲入門【6】コーヒーの成分と味

コーヒー豆は、生豆の状態では味も香りもありませんが、焙煎という加熱操作を経過することで、コーヒー特有の色、香り、味が出来上がります。

コーヒー生豆の色々な成分が、個々に、あるいは成分同士が熱によって連続的に複雑な化学反応を起こすことで、コーヒー特有の色、香り、味が生み出されるのだと思います。

コーヒーの香りや味、色は、そのすべてがコーヒー生豆に含まれている成分が前駆物質となっていて、コーヒー豆焙煎時の熱反応を受けて、複雑な過程を経て形成されていると考えられます。 

この続きをみるには

この続き: 5,475文字

エカワ珈琲店版、珈琲入門【6】コーヒーの成分と味

ekawacoffeeの珈琲ノート

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

エカワ珈琲店が、これまで30年近くに渡って蓄積して来た珈琲に関する経験(スキル)・技術・知識を読める化した記事を、noteを通じて有料販売させて頂いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。