エカワ珈琲店版、珈琲入門【5】コーヒー生豆の成分

コーヒー生豆は農産物ですから、それぞれのコーヒー豆に含まれている、それぞれの成分量は異なっていますが、コーヒー生豆を構成している成分の種類については、ほぼ同じなのだと思います。

コーヒー生豆の成分量は、品種、産地、収穫年の気象状況、そして貯蔵方法によって異なって来ると言われています。もちろん、コーヒー生豆と焙煎コーヒー豆とでは、その成分や成分量は、大きく異なっているのだと思います。

この続きをみるには

この続き:8,666文字/画像3枚

エカワ珈琲店版、珈琲入門【5】コーヒー生豆の成分

ekawacoffeeの珈琲ノート

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

エカワ珈琲店が、これまで30年近くに渡って蓄積して来た珈琲に関する経験(スキル)・技術・知識を読める化した記事を、noteを通じて有料販売させて頂いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。