見出し画像

フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスのススメ。

今回のコラムでも「フリーランスのススメ。」と題しまして
〜美容師は個人で最強を目指すべき〜ということをテーマにして、フリーランス美容師の流儀を、私見たっぷりにお届けしていきます。

新しい美容師の働き方の提案として「フリーランス美容師の教科書」を書きました。

美容師はもちろん、美容師を志す人にも読んでいただきたい内容となっています。

今回は、「フリーランス美容師のメリットとデメリット」についてお伝えしていきます。

フリーランス美容師のメリットとデメリット

今回は、質問箱から「フリーの美容師のメリットとデメリットを教えてください」
と言う質問が送られてきました。

ブログでもこちらの質問に答えましたが、このコラムではよりディープな内容をお伝えしていきたいと思います。

このコラムでは、フリーランスのススメと題してフリーランスのメリットの部分を多くご紹介してきました。

フリーランスのメリットで、雇われている方との大きな違いは、自由に働けると言う点です。暇な時間があるのが嫌な人は、とにかく働けば良いですし、自分の時間をしっかり取りたい人は、自分の決めた時間だけ働けば良いのです。

税金や様々な保障の面でも、自身で調べたり専門の税理士さん等にアドバイスをもらい知識を得ることができるので、雇われている時より幅広く判断をすることができます。

上記の他にも、たくさんのメリットはありますがこちらはバックナンバーやブログなどを読むと理解できると思います。

今回のコラムでは、フリーランスのデメリット部分についてより深く紹介して行きます。

フリーランスのデメリットですが、それはメリットの裏返しでもある自由と言う点が挙げられます。

働くも自由、休むのも自由なのでサボり癖がついたら大変です。会社に勤めていた頃には出勤時間が決まっていて、朝は眠い目をこすりながら起きていたのに朝一で出勤する必要もないので、いつまで寝ていたとしても上司に怒られる事はありません。

練習はしなくてもいいですし、ブログを書くことをサボっても誰からも咎められません。そのため自分を律することができない人であれば、自由であるがゆえに…それがデメリットになると言うことなのでしょう。

本当に、美容師と言う仕事が好きでお客様と接することやサービスを提供することが心から好きでなければ、フリーランスではうまくいかないでしょう。

会社に雇われていれば、会社が集客したお客様を決められた値段で、決められたルールのもと、決められた材料を使い施術をしサービスを提供すれば良いのでそこに工夫はありますが自分で責任を取る必要はありません。

フリーランスであれば、自分が集客したお客様を自分が決めた値段で、自分が心から良いと思えるサービスや技術を自分が心から良いと思う材料を使って提供します。
なので責任は全て自分にあります。

お客さまからしてみれば、美容師の仕事が好きで材料や値段なども自分で全て決めて、責任は全て自分で取る美容師と会社の決まりで動いている美容師ではどちらが魅力的でしょうか?
きっと前者の方がお客様にとっても担当してもらいたいと思えるような美容師さんなのではないでしょうか。

フリーランスの美容師になれば、全て自分で責任を取れるような働き方が可能になります。それはほんとに美容の仕事が好きでお客様をきれいにしたいと言う思いが強い人がお客様に支持されるようになっていきます。

そして、その変化はこれから顕著に現れてくると感じています。

インターネットのお陰で、お客様と美容師がダイレクトに繋がれるようになり会社組織の必要性が特に美容業界ではなくなってきています。

更に、この後の特集でも話しますがトークンエコノミーの進化により評価経済というものが一般的になってくると、努力をしている美容師さんがより皆んなの目にとまりやすくなるような社会になっていきます。

できる美容師さんがどんどん評価されて、その他の美容師さんは淘汰される時代が、もうすぐそこまで来ているのです。

現在、美容室はコンビニよりも多くあり美容師の人口も多い状態にあります。
需要と供給のバランスが取れていない職種とも言えるでしょう。

そもそも、今みたいに溢れかえるような多くの美容師は必要ないのです。

そう言った意味でも、美容師が好きでそれを表現できる美容師さんが評価され、そうでない美容師さんが淘汰されて行くのは、自然な流れだと感じています。

Q&Aコーナー

こちらでは、読者の方に頂いた質問に対して答えていきます。
※参考になるため、過去の質問も載せてあります。

【Q】
フリーで美容師をするメリットとデメリットについて教えてください!

A.フリーで美容師をするメリットは
・自由な働き方ができる
 ・料金設定や使う材料など自分で決める事ができる
 デメリットは
・社会保障費を自身で負担する必要がある
 ・集客などを会社に頼ることができない

【Q】
結婚されてますか?

A.未婚です‼︎

【Q】
ぼちぼち京都に遊びに来ませんか?

A.桜の頃には、京都に遊びに行こうかと‼︎

【Q】
もし一からフリーランスで美容師をするとしたら集客はどうしますか?

A.自身のブログを立ち上げ、美容師としての技術やサービスを紹介しインスタやTwitter、Facebookなども使い情報を拡散します。
何より大事なのはお客さまに満足してもらうことなので…ご来店頂いたお客さまに最高に満足して帰ってもらうように努め、その内容をブログにアップしていくという感じです。

【Q】
これからの集客は、どのようになっていくのでしょうか?このまま集客サイトを続けるべきか迷っています。

A.これからは、個人をメインにした媒体が主流になるでしょう。ブログやInstagramのようなSNSなどは最適ですね。
集客サイトを使ってらっしゃるという事は、ある程度その集客サイトから、利益が出ている事だと思います。
その為、その集客サイトをすぐに辞めるのではなく、少しずつ個人へとシフトしていくべきだと考えます。
会社や組織だと難しい部分もあるとは思いますが、時代の流れには逆らえないですからね。

【Q】美容師になって3年目ですが、この先仕事を続けていけるか不安です。どうすればよいでしょうか?

A.美容師3年目という事は、アシスタントだと思います。この先に不安を感じていらっしゃるようなので現状に不満があるのでしょう。解決策としては上司や社長に不安を打ち明けてみることです。先輩方は一度アシスタント時代を経験しているので悩みを分かってくれるかも知れません。それでもダメなら辞めて他の仕事をするか、違う環境で働く事も1つです。私自身もアシスタントの時転職していますが、一度美容師を離れたからこそ、美容師という仕事の素晴らしさに気付きました。
現状を変えるためには、何か行動する必要があります。よい報告をお待ちしております。

【Q】根本の部分があまり分かっていないので申し訳ないのですが、フリーランスというのは面貸しの働き方ということですよね?
集客については、働かせてもらうお店にもよるとは思うのですが、基本的に個人の集客手段はsnsになってくるのでしょうか?
初歩すぎてすいません。

A.フリーランスというのは、会社に雇われていないという事で、はじめは個人事業主として登録して確定申告をしたり社会保障費なども自身で負担するといったものです。
美容室でフリーランスというと、
・自分で集客する
・美容室に集客してもらう
この2つの働き方があり美容室によっては、お店が集客したお客さまを担当してもらい売上を折半するという形も多くあります。自身で集客する場合は、SNSが中心となるでしょう。

【Q】フリーランスになる美容師さんはシェアサロン等に契約するかたがほとんどなのでしょうか?

A.フリーランスになる美容師さんは、はじめは美容室と契約する方が多いでしょう。フリーランス美容師といっても様々な働き方があります。その働き方は、自由でありご自身のライフスタイルにより自由に決められるのです。それが、フリーランスの真骨頂なんですよ。美容室と契約する以外にも、ご自身でフリーランスの美容室を経営して、そこで同じフリーランス美容師さんと「サロンをシェアする」という形も考えられます。しかし、この場合は、ご自身がオーナーとしてサロンに立つのは控えた方が良いと思っています。何故なら、ご自身のサロンだとどうしても他の美容師さんと横の関係ではなくなってしまうので、自由な空気感が無くなってしまい結果的にフリーランスの美容師さんの居心地が悪い空間になってしまうからです。その為、現場には行かず、不動産投資の感覚でご自身のフリーランスサロンを開く方が良いでしょう。何にしても、フリーランスとして自由な視点で働くことで視野が広がり新しいご自身に驚かれることでしょう。

【Q】確定申告の仕方はどこでどうやって教わったのですか?

A.確定申告の仕方は、基本的にはネットで検索してやり方を調べました。マネーフォワードなどのサイトでも分かりやすく説明してくれています。そして、どうしても分からない事などあれば、国税庁の相談ダイヤルに電話して税理士さんに聞いていました。
税理士さんに聞いても経費計上などで、グレイな部分は意外と多くあります。
よく、「何が経費になるの?」と聞かれたりしますが美容師で言うと、仕事に関する出費は経費として計上するという単純なモノなんです。

【Q】確定申告は、どのようにされているのでしょうか?

A.現在、確定申告は自分で行なっています。
今までは、顧問の税理士さんに頼むというのも一般的で情報なども少なく、本などを見ながら知識を収集するといった感じだったんです。
今は、MFクラウドなどネット上で経費の管理をして確定申告も思っているよりも簡単にネット上で用紙も作れてしまいます。
分からない事は、ググればある程度理解できます。
それでも、分からなければ国税庁の相談ダイヤルがあるので相談してみると良いですよ。

【Q】 こんにちは。コラムを読んでの質問なのですが、勤めるという働き方。海外ではフリーランスが一般的だと聞きましたが日本はいわゆる「勤める」型ですよね。この差って何なのでしょうか?また日本で浸透していない現状は何なのでしょうか?

A.こんにちは。働き方が国によって違うのは税制や法律が大きく関係してきます。「フリーランス」が一般的な国もあれば、日本では会社に「勤める」型が一般的になります。
日本の一般的な税制では、給料から税金が天引きされていて、確定申告も自身で行わないので税制に関してあまり知らないという方も多いでしょう。
その為
フリーランスとして独立した時と、会社に勤めている現状でどちらが自身の収入に対してかかる税に関して有利なのか?という計算をしようという観点自体がない方が多いという事です。
後は、
日本の美容業界では、美容学校に通い美容師免許を取得し美容室に就職するというレールが敷かれているからという点がフリーランスが浸透していない原因となるでしょう。

ご質問や感想お待ちしています

このコラムでは、美容師が個人で最強を目指すために何が必要なのかを
毎回、様々な視点から私見たっぷりにお伝えしていきます。

また、こちらのコラムにて質問も受け付けております。
質問は匿名で送れる質問箱にお願いします。
↓↓
匿名で質問してみる。

フリーランスのことや美容師の働き方、プライベートなどなど、どんな質問にも出来る限り答えますので、TwitterやFacebookなどからお気軽にDM頂ければと思います。

このコラムの感想などもいただけるとパワーになります。
頂いた質問や感想は、匿名でコラムで紹介していきたいと思っています。

フリーランス美容師の教科書

画像1

新しい美容師の働き方の提案として「フリーランス美容師の教科書」を書きました。

美容師はもちろん、美容師を志す人にも読んでいただきたい内容となっています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
Traveler/Writer/サロンプロデューサー/ フリーランスシェアサロン経営をしています。これからの時代〜美容師は個人で最強を目指すべき〜ということをテーマに私見たっぷりにコラムを執筆。現在「フリーランス美容師の教科書」を絶賛執筆中です。

こちらでもピックアップされています

フリーランス美容師のススメ。
フリーランス美容師のススメ。
  • 21本

こちらのコラムでは、「フリーランス美容師のススメ」と題しまして 〜美容師は個人で最強を目指すべき〜ということをテーマにして 私見たっぷりにフリーランス美容師の流儀を、お伝えしていきます

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。