第3回 大河原悠哉さん
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

第3回 大河原悠哉さん

絵本・応援プロジェクトのWebマガジンへようこうそ。
今回は、絵本イベントや絵本ライターなど幅広く活躍されている第3期絵本専門士の大河原悠哉(おおかわらゆうや)さんにご登場いただきます。
大河原さんは、絵本専門士を取得してから、思いもかけない環境の変化を体験したとのこと。今回も気になりますね~。早速、お話しを伺いましょう。

画像1

大河原 悠哉さん
絵本専門士3期生。    
子育て支援センターや図書館、書店でおはなし会や絵本講座などを担当。
雑誌の執筆や保育士向けの研修会なども行う。
普段の顔は保育園の施設長。
絵本ナビライターとしても活動中!  
ブログ「がっちょの絵本ブログ」を運営。

絵本専門士を目指そうと思ったのはなぜですか?   

もともと保育士をしながら、子育て支援のイベントなどの活動をしていました。そこでは、自身で制作したオリジナルの遊び歌を紹介したり、遊び歌と絵本を組み合わせたりしていたんです。
イベントに参加してくださったご家族が家庭に戻った時、再現しやすいのは遊び歌よりも絵本なのではないか、そうであればもっと絵本を深く知りたいと思い始めたちょうどその頃、絵本専門士という資格に出会いました。

画像2

絵本専門士を取得して、絵本の活動に変化はありましたか?

どちらかというと、自分の売り込みを通じて活動の幅を広げていきました。お話し会や講座をさせて欲しいといった具合です。新聞社にもアプローチしましたね。提案が採用されるようになると同時に、ご依頼も増えていったような気がします。職場の保育園では、新聞記事をきっかけに絵本専門士であることが広まり、保護者の皆さんから絵本の相談もいただくようになりました。

また、絵本のブログを通じて絵本専門士の柴田さんとも出会い、一緒に活動をするようになりました。一緒にといっても、柴田さんとは、まだ実際に会ったことがないんです。私とは修了期が異なることもありますが、イベントが悪天候で中止になったり、新型コロナウイルス感染症の影響でオンライン開催になったりして。それでも意気投合して、一緒に活動ができるのは嬉しいですね。

無題1

実は、絵本専門士を取得し、もっと絵本に関わる仕事をしていきたいという思いが強くなり、退職したんです。ちょうど新型コロナウイルス感染症の拡大と重なり、予定していたイベントや活動は、軒並み中止に。これには焦りました。何かできることはないかと調べていた時に見つけたのが、絵本ナビさんのライター募集です。先方では、ちょうど保育士経験のあるライターを探していたらしく、連載のご縁をいただきました。

現在は復職し、民間保育園の施設長をしています。思いもかけず、絵本専門士を取得してから激動の数年を過ごしましたが、いろいろな出会いをいただけたことは、大きな経験でしたし、今が一番楽しいです。

画像3

今後、絵本専門士の活動でやってみたいことはありますか?

自分で保育園を作って経営したいなと思っていて、今は、保育園を作るのに必要な知識を習得したり、場所の選定などを始めています。保育園だけでなく、子育てカフェや絵本専門店を併設しているようなスペースができたらいいですね。いろいろな人が集まる場所をイメージしています。

私の好きな絵本作品の一つは、『ぐりとぐら』なんです。作品のように、何かあると、わぁって人が集まってきて、皆で一緒に何かを作り上げるような、そんなコミュニティができたらいいなと思います。

画像4

『ぐりとぐら』(福音館書店 1967年)
作:なかがわ りえこ  絵:おおむら ゆりこ

絵本にかかわる皆さんへの応援メッセージをお願いします。

今は、人が集まることが難しく、また対面で何かをする場合には対策も大変ですが、こんな時だからこそ何かしら考えているとヒントが得られたり、新しいことにチャレンジできるのではないかと思っています。
一緒にアイデアを出し合ったり、模索して、今だからできる絵本の発信方法を見つけられたらいいですね。

いかがでしたか?

やりたいと思ったことを実現するために、迷うことなく突き進む大河原さんまるで営業職のご経験があるのかと思ってしまうほど、バイタリティがあり、圧倒されてしまいました。
大河原さんの作る保育園は、いつもワイワイガヤガヤと賑やかな空間で、新しい試みに溢れていることでしょう。いつかお邪魔するのが楽しみです。
次回は、大河原さんにご紹介いただきました蛯名智子さんです。お楽しみに。

画像5

絵本・応援プロジェクト~YELL2021~は、絵本と絵本に関わる全ての人を応援します。
この絵本専門士さん応援企画や公開中の児童書・絵本専門店さん、絵本カフェさん応援企画、そして今後は、出版社さん応援企画、絵本を使った活動応援の企画、作家さん・画家さん応援企画などなどを計画中です!
お楽しみに‼

https://www.ehon-ouenproject.com/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
絵本・応援プロジェクト~YELL 2021〜は、長引くコロナ禍で苦境の中頑張っている絵本に関わる人たちや、さまざまな思いを抱えながら絵本を読んでくださっている子どもたちや大人の読者の方たちを応援する活動です。https://www.ehon-ouenproject.com/