e発明塾通信 vol.746(2020年7月6日号)手術用光源から「スマート絆創膏」へ~「光」と「医療」のエッジ情報
見出し画像

e発明塾通信 vol.746(2020年7月6日号)手術用光源から「スマート絆創膏」へ~「光」と「医療」のエッジ情報

e発明塾

無料登録で最新号が配信されます!是非ご登録をお願いします!

・・・ e発明塾通信 vol.746(2020年7月6日号)

「「「 手術用光源から「スマート絆創膏」へ~「光」と「医療」のエッジ情報 「「「 


こんにちは、「発明塾」塾長の楠浦です。

本日は、過去に発明塾や本メール講義で取りあげたエッジ情報の続報、関連情報を取りあげます。


弊社の

「エッジ情報」の探索とその活用 セミナー動画講座」
https://e-hatsumeijuku.techno-producer.com/douga-edgejoho

で、以下の

「手術器具に取り付け、医師の視界を確保するフレキシブルライト」

を、エッジ情報の一つとして取りあげ、解説しています。

(ルミノフ社 HP)
https://www.luminov-inc.com/#section-products


「医療xフレキブルデバイス(光源)」

の領域です。


ふと思い出して、先日

「この先」

を調べてみたところ、以下の

「スマート絆創膏」

に、たどり着きました。

(Flex LED Based Smart Light System for Healing of Chronic Wounds)
https://www.led-professional.com/resources-1/articles/flex-led-based-smart-light-system-for-healing-of-chronic-wounds


「LEDを実装したフィルムを、傷口に貼り付け、雑菌の増殖を防ぎ、治癒を促進する」

デバイスです。

Fig.3を見ると、ルミノフ社の手術器具用照明と、構造的には、ほぼ同じです。

医療用のフレキシブル光源、まだまだ、いろいろな可能性があるんだなと、感じました。


関連する学会資料などを見ると

「光の拡散を制御」

するための表面構造が、重要だそうです。

「光の利用効率」

のお話です。

ディスプレーに用いられる

「導光板」
「拡散フィルム」

と同じですね。


なんとなく、私が前職で取り組んできたことに近いなぁと感じ、研究の中心人物である

「David Kallweit」

さんの特許出願を調べてみました。なんと、

「ナノ構造の転写技術(ナノエンボス/ナノインプリント)」

に関するものがありました。


前職時代の私と同じで

「ナノテクを、メディカル/光学分野に応用」

されている方のようです。
(私は、前職時代、ナノ構造を取り入れた細胞培養容器の新規事業と、
ナノ構造によるLEDの高輝度化についての新規事業を、企画し立ち上げました)

なんとなく、親近感が湧いてきまして、取りあげることにしました、
個人的な思い入れを交えてしまい、失礼いたしました。


さて、スマート絆創膏、いろいろな観点から研究が進められているようです。

発明塾的な表現では、

「テクられつつある分野」

という感じですね。

この続きをみるには

この続き: 4,930文字

e発明塾通信 vol.746(2020年7月6日号)手術用光源から「スマート絆創膏」へ~「光」と「医療」のエッジ情報

e発明塾

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます😃
e発明塾
e発明塾では、特許や知財に関する情報や、弊社eラーニング講座の紹介をします。 またメルマガのバックナンバーやセミナー動画など、事業に役立つ情報の販売も行っています!! HP:https://e-hatsumeijuku.techno-producer.com